同条件で比較!
コストダウン&効率化に適した
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社? » ウインテック

公開日: |更新日:

ウインテック

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

   
コストダウン効率化に適した
マークシート会社ベスト3
スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円
教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円
AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙1,000枚の最低コストを比較。費用が安い3社を紹介しています。(2021年5月調査時点の情報に更新)

ここでは、ウインテックの対応範囲や特徴、費用の目安、導入事例などについて詳しくご紹介します。

株式会社ウインテック公式ホームページ

引用元:株式会社ウインテック公式HP(https://www.win-smile.com/

ウインテックの対応範囲は?

まずは、ウインテックの対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング
要問合せ 要問合せ 要問合せ

ウィンテックは、ストレスチェックシステムの設計や開発、アドバイスなどを専門的に行っている会社。ストレスチェック導入準備から実務サポート、結果に基づく専門家の紹介、集団分析、労基報告書作成など、ストレスチェックに関する流れを一貫して対応している会社です。集団分析には、「57項目」と「80項目」の2プランを用意。外国語にも対応しているため、外国人労働者のストレスチェックも可能です。

ウインテックの費用の目安は?

ウインテックの費用の目安についてご紹介します。

■50名以上の利用の場合(1人あたりの単価)

プラン スタンダード57 スタンダード80
受験対象車数 WEB マークシート WEB マークシート
50~69人 490円 780円 590円 880円
100~119人 450円 650円 550円 750円
200~249人 350円 540円 450円 640円

■50名未満の利用の場合(全員分の一律料金)

プラン スタンダード57 スタンダード80
受験対象車数 WEB マークシート WEB マークシート
50人未満 24,500円 39,000円 27,000円 41,500円

ウインテックの特徴

厚労省対応のストレスチェック機能

厚労省が作成した「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル」に準拠する形で、ストレスチェック制度の導入に関する助言、実施、労働基準監督署への結果報告、各種事務処理などを専属スタッフがフルでサポートします。

3種類のストレスチェック受検方法を用意

ストレスチェックの受検方法として、web・マークシートの2種類を用意。希望すればwebとマークシートの併用も可能なので、計3種類の受検方法から選択可能です。 web方式においては、ウインテックが自社開発したチェックシステム「すまいる」を利用します。

ストレスチェック検定の有資格者がフルサポート

ストレスチェック制度の導入にあたっては、ストレスチェック検定の資格を持つ担当者が、導入準備から労基署への報告までフルサポート。 いつでも何でも相談できる窓口も用意しています。

ウインテックの導入事例

ケース1

長距離ドライバーの従業員を対象に、ストレスチェックを実施するために導入。神奈川や埼玉、茨城といった地域でマークシートを実施しました。長期期間のチェックで従業員のストレスを随時把握し、不規則な仕事のストレスを管理することが可能に。「単価×利用人数」というシンプルな料金体制も導入の後押しになりました。
参照元:ウインテック|導入事例(https://www.win-smile.com/case-study/)

ケース2

塾の講師に対してのストレスチェック実施のために導入。人数の多さから顔を見合わせる機会が少ないことから、WEBバージョンのストレスチェックによって、ストレスの把握に役立てられました。システムから各受検者のアドレス宛にメールで送られての実施となるため、スピーディーな実施にもなりました。
参照元:ウインテック|導入事例(https://www.win-smile.com/case-study/)

ケース3

出版印刷業界でもストレスチェックを導入。東京をはじめとする関東圏と中部地域、九州と地域がまたがっていたため、WEB受検を検討しました。全員がPCを持っていない状況のため、紙でのログイン情報を配布。固定のアドレスを従業員が持っていなくてもWEBで受けられるようにしました。
参照元:ウインテック|導入事例(https://www.win-smile.com/case-study/)

ケース4

官公庁職員のストレスチェックをするため、マークシート方式を導入しました。 官公庁のセキュリティ上、ネットが使えないため、webではなくマークシートを選んだ形です。受検結果はExcelでマクロ検索できるよう構築してもらいました。
参照元:ウインテック|導入事例(https://www.win-smile.com/case-study/)

ウインテックについてのまとめ

ウインテックのサービスの特徴を改めて確認しておきましょう。

働き方改革を無視するようなガムシャラ一本の会社は、今や時代遅れ。人材も集まらなくなり、やがて経済社会から淘汰されていくことでしょう。

人材を確保するため、ひいては経営の長期的発展のため、ストレスチェックシステムの早急な導入は不可欠になりつつあります。どこに相談してよいか分からないという担当者は、まずは実績豊富なウインテックに相談してみてはいかがでしょうか?

同条件で比較!コストダウン&効率化に適したマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
汎用性の高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP