同条件で比較!
コストダウン&効率化に適した
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » はじめてのマークシート導入Q&A » 時間の経過で変化するデータを分析!時系列分析とは?

公開日: |更新日:

時間の経過で変化するデータを分析!時系列分析とは?

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

   
コストダウン効率化に適した
マークシート会社ベスト3
スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円
教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円
AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙1,000枚の最低コストを比較。費用が安い3社を紹介しています。(2021年5月調査時点の情報に更新)

時系列分析とは

時系列分析とは、時間の経過とともに変化していくデータを蓄積し、その内容を分析すること。分析を通じて一定のパターンを見つけ出し、将来も同じようなパターンが起こり得るという仮定のもと、対象となる分野の将来予測に役立てます。

時系列分析が活躍する場面

時系列分析は、企業活動のあらゆる現場で活用されています。たとえば、セブンイレブンでは、AIが時系列分析を用いて加工食品の発注を代行し、発注量の最適化を図る試みが行われています。

以下、時系列分析のメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット

世の中には、時間の経過とともに似たような変化パターンを現す事象がたくさんあります。簡単な例で言えば、「お昼が近づくとコンビニの弁当がたくさん売れる」「2月に入るとチョコレートの需要が増える」「秋になると台風が多い」などです。

それらの変化パターンをあらかじめ把握することで、企業活動を始めとした様々な分野の将来予測を打ち立てることができる点が、時系列分析のメリットです。

デメリット

時系列分析で得られた将来予測は、必ず的中するわけではありません。予測が外れ、企業活動等に大きなダメージがもたらされるリスクもあるため、様々な分析・予測と併用して時系列分析を行うことが望ましいでしょう。

なお、データの蓄積量が少ない場合には予測の確度が下がることにも注意しなければなりません。

時系列分析の種類

時系列分析の種類として、次の4つを簡単に確認しておきましょう。

ARモデル

ARとは「AutoRegressive/自己回帰」の略。過去の時刻データ(t-k/過去の自分のデータ)を説明変数とし、ある時刻のデータ(t)を回帰するモデルです。

MAモデル

MAとは「moving average/移動平均」の略。過去の時刻での誤差項を用い、ある時刻のデータを表現することができます。

ARMAモデル

ARMAとは「Autoregressive integrated moving average/自己回帰移動平均」の略。ARモデルとMAモデルをハイブリッドしたモデルです。

ARIMAモデル

ARIMAとは「Autoregressive Integrated and Moving Average/自己回帰和分移動平均」の略。データの中のある点とその直近の点との関係性を分析し、その関係性が将来的にも起こりうるとの仮定の中で、将来を予測するモデルです。

まとめ

時系列分析の概要や種類をご紹介しました。

マークシートサービスを行っている会社の中には、アンケートの実施から時系列分析までの全ての工程を代行している会社があります。時系列分析を難しいと感じた方や、分析している時間がない方などは、それらマークシート会社のサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

同条件で比較!コストダウン&効率化に適したマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
汎用性の高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP