同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック » ストレスチェックの実施期限

ストレスチェックの実施期限

このページでは、ストレスチェックの実施期限やタイミングについて解説しています。

ストレスチェックに実施期限はあるのか?

法的義務は「1年に1回」の実施

労働安全衛生法によって定められているストレスチェック。常時50名以上の労働者を使用する企業の場合、実施期限は「1年に1回(一部の事業者は半年に1回)」とされています。少なくとも年に1回以上のテスト実施が必要です。

ただし、社内の衛生委員会の調査審議によって労使間で合意が得られた場合、ストレスチェックテストを年に複数回行えます。

実施期間は義務を負った日から1年

ストレスチェックを実施する期間として提示される「1年に1回」の「1年」とは、法的義務が発生した日を起点とした1年間です。

法的にストレスチェックの義務が生じるのは「労働者が50名以上になった時」からです。例えば2021年の4月1日付けで新入社員が入って従業員の数が50名以上になった会社であれば、2022年3月31日までが実施対象期間になります。

1年以内なら部署ごとにストレスチェックの実施タイミングを変更できる

ストレスチェックは、全社員が同時に受けることが望ましいとされています。しかし、繁忙期で時間が制限されている場合、部署ごとにストレスチェックを行えます。

その場合、1年間のストレスチェックの結果を総合して、期限内に労働基準監督署へ報告すれば問題ありません。

円滑にストレスチェックを進めるには

ストレスチェックを実施するには、事前に受検環境を整え、実施を社員へ通知するなどの準備が必要です。したがって、余裕を見て実施時期を考えなければなりません。

業務に負担をかけなようにストレスチェックを実施するため、受験方法も検討したいもの。マークシートを活用すると、受験者全員が同じ環境で受験でき、端末のトラブルに対応する煩わしさもありません。円滑にストレスチェックを進めるために、マークシートの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円

2教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円

3AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙を1,000枚用いて試験・調査を行った場合に必要な最低コストで比較。費用が安い3社を紹介しています(2021年5月調査時点の情報に更新)
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP