同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック » ストレスチェックの分析方法・集団分析とは

ストレスチェックの分析方法・集団分析とは

ストレスチェックの集団分析は、組織改善に役立つ分析方法です。実施に当たって気を付けたいことやメリット、チェック結果の分析方法について解説します。

ストレスチェックの集団分析とは

部署・チーム単位でストレスチェックの結果をまとめ、1つのデータとして分析する方法を集団分析と言います。

集団分析を行うことで、ストレスを多く抱えている部署の特定と、その部署のストレス要因を明確にできます。また部署・チームを1の単位とするため、個人のプライバシーに配慮できる分析方法です。

集団分析を行うメリット

ストレスチェックの集団分析を行うことで、組織が抱える課題を明確にできます。例えばストレスチェックの結果をもとに、高ストレス者が多い部署と少ない部署を労働環境や残業時間、人間関係などの項目で比較すると、ストレスの要因を特定できるでしょう。

特定されたストレス要因に対して改善策を検討、実行することで、組織改善が効率的になります。

集団分析の作成方法

共通条件の設定と明確なチェック体制の構築

集団分析は、全社員に共通する質問事項を選定しなければなりません。特定の社員しか答えられないような質問を設定してしまうと、チェック結果に偏りが出て、正確な分析を行えなくなる可能性があるためです。

また集団分析では、一度に大量の回答用紙をチェックするため、正確で効率的なチェック方法の導入を検討する必要があります。したがって、マークシート方式のチェックテストを導入するといった、採点する側のチェックミスを抑え、速やかに回答結果を収集できる体制の構築が求められるのです。

厚生労働省の指針に沿った項目を作成

ストレスチェックの質問内容や評価方法を考える場合は、厚生労働省の指針に沿って作成する必要があります。

またチェック結果の分析方法や評価方法については、回答した人が不利な立場に置かれないようにしなければなりません。適正な情報保護体制と明確な実施計画にもとづいて実施するようにしましょう。

どのような「集団」を対象にするか決める

部署や営業所、あるいは新入社員など、「集団」にも様々なものがあります。したがって、より効果的なチェックを行うためにも、どのような集団を対象としてストレスチェックを行うのか、実施計画をまとめましょう。

分析データの公開方法を決める

得られた分析結果を社内全体に公開することで、社員全員が組織課題を把握できるため、社内の課題解決に対しての動きを活性化できます。ただし、公開データから個人が特定されないよう十分に配慮しましょう。

集団分析の結果の分析方法

集団分析の結果を経年や年代など、特定の指標ごとに比較し、分析することで、新たな課題を発見したり、課題がどこまで改善されているのか確認できます。特に「分析結果の経年比較」と「年代別の比較」は必須で行うべき分析方法です。

分析結果の経年比較

ストレスチェックは定期的に実施して、はじめて効果を発揮するテストです。

したがって、チェックを行ったその年だけの分析では、ストレスチェックの結果を上手く活用できているとは言えません。過去の分析結果と比較し、実際に社内環境が改善されているのかどうか検証しましょう。

年代別の比較

年代間で生じているギャップや課題を特定するために、年代別の比較をします。年齢が変わることで、仕事への接し方や考え方が変わるため、課題がなくとも結果に差が出る可能性はあります。しかし、極端に差があるならば、年代間でのコミュニケーションが上手くいっていないといった課題を抱えている可能性が考えられます。

仕事のストレス判定図の見方

ストレスを抱える原因は主に、仕事そのものか、職場の人間関係にあります。それらを判断するために確認するのが、仕事のストレス判定図です。

仕事のストレス判定図は「量-コントロール判定図」と「職場の支援判定図」の2つ。全国平均と比較して、職場のストレス度を相対的に判断できます。

量‐コントロール判定図

仕事の量的負担と仕事のコントロール度合いを示す図です。仕事の量が多いほど、また仕事のコントロール度合いが低いほど、多くのストレスを抱えやすい環境であるとされています。量-コントロール判定図を見ることで、仕事面での組織課題を明確にできます。

職場の支援判定図

上司や同僚との人間関係が上手くいっているかどうかが判定できる図です。上司や同僚からのサポートを感じられるとストレスは低く、逆に孤立していると感じている場合、ストレスは増大します。職場の支援判定図から、コミュニケーションが上手くいっていない部署を特定できます。

業務を妨げないマークシートでストレスチェックを最適化

ストレスチェックは組織運営に重要なツールです。しかし、非効率的なストレスチェックによって仕事の邪魔になっては、抱える仕事量が余計に増え、ストレスは増大します。したがって、より効率的なチェック体制の導入を検討する必要があるでしょう。

例えば紙ベースのマークシートは、受験者が一律に同条件でチェックを受けられます。また簡単に結果を抽出できるため、分析作業の工数削減にも繋がるでしょう。

ストレスチェックは、企業にとって未来への投資でもあります。上手に活用しながら、組織改善に反映させてください。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円

2教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円

3AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙を1,000枚用いて試験・調査を行った場合に必要な最低コストで比較。費用が安い3社を紹介しています(2021年5月調査時点の情報に更新)
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP