同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック » ストレスチェックを実施する時期

ストレスチェックを実施する時期

ストレスチェックの回数は年1回、もしくは業種によって半年に1回と定められていますが、実施時期は企業の裁量に委ねられています。このページではストレスチェックの実施時期について分かりやすくまとめました。

ストレスチェックには適切な時期は?

社内業務の量や忙しさが平均的な時期がおすすめ

ストレスチェックで信頼できる結果を得るには、平均的な業務量の時期を選択することが望ましいとされています。新年度が始まる4月や、社内の異動時期を避けて、従業員が職場の環境へ落ち着いた頃での実施を検討しましょう。

ストレスチェックの実施を避けるべき時期

ストレスチェックの設問には「直近1ヶ月の心身の状況」について回答する項目があり、年間でも特に忙しい時期やその直後にストレスチェックを実施すれば、必然的に従業員のストレス値が増大している可能性があります。

また、繁忙期にストレスチェックを行った場合、仕事が忙しくてそれどころではないとチェックを受けない人が増えて、全体の受検率が低下してしまう恐れもあるでしょう。

ストレスチェックによって社内の状況を適正に判断するのが目的であれば、少しでも多くの従業員が公平にストレスチェックを受けることが望ましいもの。したがって、受検者や回答内容が偏ってしまいそうな時期は、実施のタイミングとして相応しくないといえるでしょう

ストレスチェックの実施タイミングは「定期性」も重要

ストレスチェックは、労働安全衛生法によって少なくとも年1回の実施が義務づけられています。同時に労働安全衛生規則には「定期的に行うこと」という旨の条文も記されており、実施する時期を毎回変えたり、都合良くストレスの低そうな時期を狙っての実施はできません。

そのため、会社としての年間スケジュールや業務内容も考慮して、適切な実施時期を計画しておくことが大切です。

参照元:中央労働災害防止協会安全衛生情報センター「労働安全衛生規則 第一編 第六章 健康の保持増進のための措置(第四十二条の二-第六十一条の二)」

ストレスチェックの効率を高めて時期的なデメリットを減らす

忙しい中でストレスチェックも実施するとなれば、受検する人にとっても管理する側にとっても負担になります。そのため、手軽にチェックを受けられるマークシート形式を導入して、自社の作業負担を減らしつつ、正確な結果を得られる環境を整えることが重要といえるでしょう。

サービス提供会社によっては、マークシートのカスタマイズやアフターフォローも任せられるため、まずは自社にとって適した会社を見つけることが重要です。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安16,500円 公式HPへ
AltPaper 88,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安16,500円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
88,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP