同条件で比較!
コストダウン&効率化に適した
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » はじめてのマークシート導入Q&A » 内容は回答者におまかせ!自由記述集計とは?

公開日: |更新日:

内容は回答者におまかせ!自由記述集計とは?

自由記述集計とは

自由記述集計とは、アンケート回答者に自由に記述してもらった内容を分析し、様々な傾向などを把握する手法。言葉で自由に記述してもらう方法だけではなく、数値で自由に回答してもらう方法も自由記述集計の一種とされています。

自由記述集計が活躍する場面

回答の選択肢を限定せず、たとえば「少子高齢化について、あなたはどのように考えますか?」など、回答者の頭に浮かんだものを自由に答えてほしい時に自由記述集計が用いられます。自由記述欄の前にいくつかの選択肢アンケートを置くことで、回答者の自由記述の着想に一定のバイアスをかけることも可能です。

メリット

対象に対する量やパーセンテージを知るための「定量調査」とは異なり、自由記述集計では、回答の理由を知るための「定性調査」を行うことができます。数値に影響を与えている理由を知ることで、次の適切なアクションへと役立てることができるでしょう。

また、価値観が多様化している昨今、ビジネスのヒントともなる貴重な少数意見を発見できることがある点も、自由記述集計のメリットの一つと言えます。

デメリット

数値ではなく文章による自由記述方式の場合、エクセルなどで簡単に内容を分析することは難しいと言わざるをえません。文章解析ソフトなどを購入して分析を行う形になりますが、導入コストがかかる上に、対象が文章である以上、ソフトの分析を信じ切ることにリスクを感じる人もいるでしょう。

自由記述集計のまとめ方

自由記述集計のまとめ方として、代表的な次の2つを確認しておきましょう。

アフターコーディング

回答内容やキーワード等を基準にカテゴリ化し、定性的なデータを定量的なデータに置き換える集計方法。たとえば、ある質問に対してポジティブな回答をした人とネガティブな回答をした人の割合を算出する、などの用途で用いられる手法です。あわせて、年齢や性別などのクロス集計をかければ、より詳細な傾向をつかむことができます。

テキストマイニング

自由記述の文章を単語や文節で区切った上で、それぞれの相関関係や出現頻度を分析する集計方法。分析者は、文章に目を通さずに大まかな傾向や市場ニーズ等を把握することができます。

語句同士の関係性を分析する「構文解析」、回答者の感情面の傾向を分析する「センチメント分析」など、いくつかの手法があります。

まとめ

自由記述集計のメリットやデメリット、まとめ方の種類などについてご紹介しました。

マークシート関連のサービスを提供している会社の中には、アンケートの実施から自由記述分析までを一貫して代行している会社もあります。自由記述集計には手間や時間がかかるため、業務の効率化を図るためには、それらの会社のサービスを検討してみても良いでしょう。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に適した
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円

2教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円

3AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙1,000枚の最低コストを比較。費用が安い3社を紹介しています。(2021年5月調査時点の情報に更新)
同条件で比較!コストダウン&効率化に適したマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
汎用性の高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP