同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック » ストレスチェックのスコアの活用法

ストレスチェックのスコアの活用法

ストレスチェックのスコアから見る高ストレス者の判定基準

ストレスチェックのスコアは複数の活用法がある

ストレスチェックを実施すると、それぞれの労働者ごとに検査結果が通知され、回答内容に応じたスコアによっては高ストレス者として判定されることになります。ただし、高ストレス者として判定されていなくても、健康リスクが全くないとは限らず、ストレスチェックの結果をベースとしながら、様々な健康リスクの有無について検証することが大切です。

具体的にストレスチェックの結果は、全国平均と比較して健康リスクを判定する場合と、各事業場で定めている基準と照らし合わせながら高ストレス者の判定をする場合に用いられ、さらに必要に応じて細かな情報の分析を行えます。

数値による評価と図表による評価

厚生労働省が発行している「労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度実施マニュアル(平成28年4月改訂)」によれば、ストレスチェックで得られた結果を現状の労働実態へ照らし合わせて考える上で、単に回答結果を点数化したスコアを用いるだけでは不十分だとされています。

厚労省のマニュアルによれば、ストレスチェックの結果をスコア化した上で、その情報をレーダーチャートや散布図などの図表により分かりやすくまとめ、それを活用したストレスの程度を評価することが大切です。

集団分析による健康リスクの評価

集団分析による職場のストレス度の判定

労働者にとって、職場の人間関係や仕事の内容、労働環境といった要素はそれぞれストレスの種や健康悪化の原因になりえるポイントです。また、職場の環境は特定の労働者に対してのみ関係する問題でなく、そこで働く全ての労働者に対して影響する可能性が考えられます。そのため、職場の現状やストレス状況については、全体のストレスチェックを集団結果として分析し、比較検証することによって考えていくことが可能です。

職業性ストレス簡易調査票と「仕事のストレス判定図」

ストレスチェックの結果に関する集団ごとの分析方法や、集団の規模といった条件については、各企業が定める基準や使用するストレスチェック項目(調査票)の内容によって異なります。

ただし目安となる基準として国は一定のものを用意しており、基本的には厚労省のストレスチェックのサンプル調査票(職業性ストレス簡易調査票57項目・27項目)に関連して公開されている、「仕事のストレス判定図」を用いることが推奨されています。

仕事のストレス判定図の活用法

仕事のストレス判定図は、「量―コントロール判定図」と「職場の支援判定図」という2つの視点から、集団のストレス状況やそこで働く労働者の健康リスクを分析するものです。

量―コントロール判定図

「量―コントロール判定図」とは、仕事の量と、それを労働者がコントロールできているのかという状況を分析するための散布図・レーダーチャートです。

使い方としては、スコアに応じて散布図に「点」をプロットしていき、全体のスコア平均と比較します。なお、図表の縦軸と横軸は以下のような項目に対応します。

職場の支援判定図

「職場の支援判定図」とは、個々の労働者が仕事を進める上で、周囲にいる同僚や上司から支援を受けられていると感じているかどうか、精神的な状況を分析するための散布図・レーダーチャートです。

図表の縦軸と横軸は以下のような項目に対応します。

「量―コントロール判定図」と「職場の支援判定図」の総合評価

例えば、「仕事のコントロール」に対して集団の平均ストレス度が低くとも、「量的負担」の平均スコアが高ければ、総合的に仕事量とそのコントロール状況のバランスについて問題がある可能性を発見できます。

また、同様に「職場の支援判定図」によって、同僚との関係性に不満を感じていなくても、上司との関係性にストレスを抱えている人が多いと判断されれば、部下に対する管理体制や指導の仕方を見直すきっかけが得られるでしょう。

一方、仕事内容についてストレスが高くても、同僚や上司がしっかりと支援してくれている状況であれば、総合的にはバランスが取れている状態かも知れません。

個々の労働者から得られたストレスチェックのスコアを、項目ごとに平均化して集団のスコアとすることで、その集団の抱える問題点やそこに所属する労働者の健康リスクが評価されます。

なお、国が作成した「仕事のストレス判定図」では項目ごとの健康リスクが平均化されており、全国平均と比較することで、事業場の状況が社会的に安全か危険かといったことも評価できます。

個人スコアによる高ストレス者の評価

労働者が高ストレス者として認定されるかどうかは、各事業者が衛生委員会や産業医・保険指導医といった実施者と連携してスコアの基準を定めた上で、ストレスチェックと比較して検証されることがポイントです。

そのため事業場によっては、同じスコアでも高ストレス者として判定される労働者が異なる可能性もあります。

例えば「心身のストレス反応」といった、メンタルヘルスに問題のある可能性を示唆する項目については、優先的な評価対象として考えることが必要です。

また、集団のストレス状況は高くないにもかかわらず、特定の労働者だけが高ストレス者として判定されれば、直ちに該当人物へのケアを実施すべきかも知れません。

集団分析と個人スコアを相互参照する

スコアの平均化による集団分析と、個人の現状を確かめる個人スコアでは、それぞれ数値の趣旨が異なります。

一方が良かったからといって安心するのでなく、どちらか一方でも悪いのであれば原因を検討し、また両者のバランスが悪ければどのように改善すべきか具体的に考えて、職場環境の改善を進めていくようにしてください。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円

2教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円

3AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙を1,000枚用いて試験・調査を行った場合に必要な最低コストで比較。費用が安い3社を紹介しています(2021年5月調査時点の情報に更新)
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP