同条件で比較!
コストダウン&効率化に適した
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » 選挙管理システム

公開日: |更新日:

選挙管理システム

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 16,500円 公式HPへ
教育ソフトウェア 22,000円 公式HPへ
AltPaper 86,900円 公式HPへ

費用で比較!

   
コストダウン効率化に適した
マークシート会社ベスト3
スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
16,500円
教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
22,000円
AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
86,900円
※マークシート会社32社を調査し、A4判/50問/5択式の用紙1,000枚の最低コストを比較。費用が安い3社を紹介しています。(2021年5月調査時点の情報に更新)

こちらでは、選挙管理システムに、マークシート導入することで、どのようなメリットが得られるのかについて解説。お勧めの業者やシステム、ソフトなどについてもご紹介しています。

例えば大学の学長選挙、社団法人や協会などの会長や常任理事の選挙など、政治関連以外にも選挙を行う機会は意外とあるものです。そうした場合、投票のシステムとしてマークシート方式を活用すれば、投票用紙の作成や集計などが効率的に行え、集計ミスのリスクも大きく軽減できるといったメリットもあります。ぜひ、知識を深め、導入を検討してみてください。

選挙管理システムの選び方

使いやすさと利便性を兼ね備えたものがお勧め

マークシート方式の選挙管理システムを選ぶ際、考慮すべきポイントの筆頭は、投票者にとっても、管理者にとっても、分かりやすく使いやすいということに尽きます。

例えば投票者が10名の候補者のなかから3名まで投票できるという選挙の場合、候補者の指名を投票用紙に印字し、投票者は投票する候補者の名前下にあるスペースを塗り潰せばよいというやり方が可能になります。

またその場合、予め4名以上を塗りつぶした用紙は無効とするという設定をしておけば、集計の効率化や集計ミスの防止にもつながり、さらには有効投票数と無効投票数の算出や分析といったことも自動で行えるようになるのです。

おすすめのマークシート業者

スキャネット

スキャネットがオススメの理由

マークシートに関するサービスを包括的に提供している業者になります。大きな特色は、JPEG保存、カラー読み取り、連続給紙に対応しているスキャナまたは複合機とパソコンがあれ、そのままマークシートシステムに活用できる点になります。

代表者選出選挙における投票用紙の作成から選挙結果の出力までが行える「選挙管理ソフト」が
132,000円(税込)で購入可能。投票用紙も候補者20名用、40名用、100名用が用意されており、投票者情報をバーコードとして印字する事ができるようになっています。

スキャネットの導入費用

132,000円+6,050円
「選挙管理ソフト」ならびに候補者20名用の投票シート500枚の購入費用。条件に合致したスキャナや複合機、そしてパソコンがあれば、そのままマークシートシステムを構築できます。

行政システム株式会社

行政システム株式会社がオススメの理由

創業は1977年。電子計算機や事務用機器の販売からスタートし、近年では地方自治体向けにソフトウェア開発や技術支援などを行っているという会社になります。全国各地の市区町村に多数の導入実績を有しており、まさに「看板に偽りなし」となっています。

そんな同社は手掛ける「Probono選挙管理システム」は、実際の地方公共団体の顧客からの「、選挙業務知識のみでシステム運用ができないか」というリクエストがきっかけとなって開発されたとのこと。バーコードを利用して投票受付業務の効率化するなどの機能も備わっているという、まさに行政が求めるレベルに対応したシステムとなっています。

行政システム株式会社の導入費用

要問い合わせ
行政システム株式会社の公式ホームページには「Probono選挙管理システム」を導入するための費用や必要な機器に関する言及は見当たりませんでした。詳細は要問い合わせとなります。

株式会社アイシーエス

株式会社アイシーエスがオススメの理由

同社は1966年という、まだITが全く一般的でなかった時代から、長きに渡って電子計算やオンライン業務に携わってきたという歴史を有しています。現在では医療分野や流通分野、そして地方自治体向けにソリューションを提供しており、例えば給与管理、財務会計、人事など様々なシステムが揃っています。

そんな同社では「選挙管理システム」も手掛けており、住民基本台帳システムと連携した選挙人名簿の作成や登録投票日当日の受付業務およびデータ管理などの機能が実装。市区町村や都道府県、さらには国会議員の選挙などにも対応できるシステムとして、高い完成度となっています。

株式会社アイシーエスの導入費用

要問い合わせ
株式会社アイシーエスの公式ホームページには「選挙管理システム」を導入するための費用や必要な機器に関する言及は見当たりませんでした。詳細は要問い合わせとなります。

株式会社ムサシ

株式会社ムサシがオススメの理由

同社は終戦間もない1946年に前身の会社が創業。紙加工製品の取り扱いから始まり、コピー機や金融機関ご用達の現金処理機(紙幣を数える機械)、そして選挙用の投票用紙計数機も1970年から取り扱いを開始しているという、まさに紙と紙関連機器のスペシャリストという趣になります。

そんな同社では現代水準に進化させた選挙向け製品を各種ラインアップ。選挙人名簿や期日前投票などを管理できるソフトウェアや毎分660票のスピードで投票用紙を識別・分類できる読み取り装置、2つ折りで投票箱の中に入れると自然に開く投票用紙などを手掛けています。

株式会社ムサシの導入費用

要問い合わせ
株式会社ムサシの公式ホームページには、同社が手掛ける選挙向けの各製品を導入するための費用に関する言及は見当たりませんでした。詳細は要問い合わせとなります。

マークシートは選挙の運営、集計管理も効率化

以上の通り、今の時代は選挙の運営やマークシートは選挙の運営や集計管理をより効率的に行うためのシステムが充実。なかでもマークシートの活用は、団体や組織内での選挙を行うという場合にも、比較的導入しやすいというのが注目ポイントです。

同条件で比較!コストダウン&効率化に適したマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
汎用性の高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP