マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » 出席管理

出席管理

こちらのページでは、大学などの出席管理にマークシートを取り入れている具体例や、そのメリットについて紹介しています。

出席管理にマークシートを利用するメリットとは?

かつて、大学の出欠確認といえば、大きな講義講堂で点呼していくというやり方でした。そのため、他人に出席の返事をしてもらう「代返」などを立てておくだけで、授業をサボることが比較的簡単にできてしまいました。

この問題を受けて、現在では、ICカードを用いた出席管理システムを導入する大学もあります。しかし、それでも表面化した弱点があり、新しくマークシートでの出席管理が注目されているのです。「ICカードの弱点」と「マークシートを活用するメリット」について、詳しく見ていきましょう。

ICカードによる出席管理の弱点

ICカードを用いた出席管理システムによって、学生は出席をごまかすことは難しくなりました。一方で、手書きの帳面時代にはなかった別の問題が出てきました。ICカードによる出席管理システムは、仕組みが複雑で、操作が難しいのです。

理工系などの教職員の中でも、使いこなせる方とそうでない方に分かれてしまい、使いこなせない教職員は、多機能で操作が難しいと感じ、昔ながらの点呼方式に戻してしまうことがあるのだとか。また、データを管理する事務職員がこのシステムを使えなければ、集計に時間がかかってしまうという問題があります。

せっかく高価で高機能なシステムを導入しても、使いこなせなければ意味がありません。

誰でも扱えるのがマークシート

素早い集計や代理出席防止といったメリットがあるシステムとして、マークシートが注目を集めています。複雑な操作は不要で、事務レベル程度のパソコンスキルがあれば操作は簡単。集計作業の時短もできますし、スキャンすれば自動的にデータ化されます。ICカードを導入したときと同じメリットを得ることができます。

さらに、マークシートは、カスタマイズが可能だという点も魅力のひとつ。出席管理でマークシートを利用するときのおすすめは「筆跡確認」の機能をつけることです。過去のデータから筆跡が一致しているか判断してくれるので、授業の代理出席の防止に効果があります。

また、「回答欄」をつけたマークシートを作成し、授業評価の投票を行うこともできます。小テストの回答用紙と出欠管理を組み合わせるといったことも可能です。このように、マークシートはただ塗りつぶすだけではなく、カスタマイズすることによって、さまざまな場面で活用できるのです。

出席管理にマークシートを導入した事例を紹介

マークシート方式の出席管理システムを提供している会社は複数ありますが、それぞれに特長がみられます。

ここでは、代表的なマークシート方式出席管理システム提供会社である「スキャネット」と「教育ソフトウェア」の導入事例を比較してみましょう。

「スキャネット」の導入事例とその特長

ある大学での導入事例です。

ちなみに、スキャネットシートと呼ばれるマークシートにはOMRなどの読み取り専用機が不要で、事務用の複合機やスキャナがあれば使える点も特長のひとつです。

さらに、対応シートを使うことで、記入した氏名の筆跡を比較できるため代返を見破れる可能性が高いだけでなく、学生が心理的に代返をしにくくなるという抑止効果を得ることもできます。

「教育ソフトウェア」の導入事例とその特長

こちらも大学での導入事例です。

マークシート導入で出席管理の手間を大幅カット!

現在、出席管理と成績管理は学校向けマークシートシステムの定番となっています。その理由は、導入することにより時間や手間が大幅にカットできるからです。

学籍番号を扱えるマークシートを導入すれば、学生1人ごとにマークシートを配る必要がなくなります。数枚のマークシートを回して記入してもらい、回収した用紙をスキャンするだけですから、紛失などのリスクも抑えられます。

また、採点などの成績管理まで行いたいのなら、大人数のデータを素速く処理できる専用OMRを使ったマークシート処理システムがおすすめです。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP