マークシートで採点&集計

テストの採点や、アンケート集計、出席管理、ストレスチェックなど様々な現場で使われているマークシート。その最大の利点は、時間短縮や集計・分析が簡単に行えるというところ、つまり業務効率化にあります。近年ではソフトウェアの開発やスキャナの精度の向上により、安くて質の良いサービスも増えてきており、個人で採点や集計をするケースも増えてきています。

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

マークシートを実践する場合、一番気になるのはやはり費用面。しかしマークシートのサービスは、用紙作成から集計までの完全業務委託だったり、用紙を購入して自分で集計をしたり、ソフトを購入して自前の用紙とスキャナで集計したりと、まちまちです。
そこで今回は、A4判/50問/5択式の用紙を1,000枚用いて試験・調査から採点・集計までを行った場合、各社が提供する最低コストという面で、主な会社を比較してみました。

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円
公式HPへ

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安14,000円
公式HPへ

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
公式HPへ

マークシートの費用は自分で集計するのかお任せなのかで、大きく金額が変わってきます。自分はどのサービスが必要なのかを考え、気になる業者にアクセスしてみてはいかがでしょう?

目的別!マークシート導入事例

マークシートと聞いて、誰しもが真っ先に思い浮かぶのがテストや試験、続いて各種のアンケートなどでしょう。しかし、マークシートを活用できるのは、それらだけではありません。出席管理やテストやアンケートの集計をもとにした分析まで、今ではマークシートを活用することで、より簡単に手間なく行えるようになっているのです。

テスト採点_写真

テスト採点

テストを受ける生徒さんの数が多ければ多いほど、採点時間の大幅短縮、採点作業の効率化、さらにはデータ化による分析とフィードバックといったことが容易に行えます。

アンケート集計_写真

アンケート集計

集計や分析が短時間で簡単に行えるというメリットは、アンケートの分野でも有効。商品やサービスの改善のためのポイントなども的確に分析することができます。

検定試験_写真

検定試験

運転免許の筆記試験を筆頭に、公的な検定試験でも活躍するマークシート。その理由には、採点のスピード化のみならず、実はコスト削減というメリットもあるのです。

出席管理_写真

出席管理

複雑な操作は必要なく誰でも簡単に使用でき、筆跡確認による代理出席防止や、素早い集計といったメリットもあるシステムとして注目されています。

ストレスチェック_写真

ストレスチェック

厚生労働省によって2015年12月から義務化。ストレスに関する質問票を配布・回答させた上で、集計・分析し、労働基準監督署に報告しなければならない制度で、マークシートを用いて集計する会社が多数です。

初心者のためのマークシートサービス一覧

便利でメリットの多いマークシートを、いざ利用したいとなった時、なにをどうすればいいのか分からないという方も少なくないことでしょう。マークシートのサービスを提供している会社が行ってくれるのは大きく分けると4つ。それぞれについて見ていきましょう。

用紙作成_写真

用紙作成

マークシートで集計などを行うには、まず用紙を作成しなければなりません。業者によっては、依頼案件の内容に応じ専用のものを制作する方式ですが、その一方で、汎用品を利用する方法もあります。アンケートや、各種試験、出席管理など、あらゆる汎用用紙を取り揃えているメーカーもありますので、まずはそうした所に当たってみるのがよいでしょう。

詳しく見る >
読み取り機_写真

読み取り機

大きく分けるとOMRとスキャナになります。OMRとは簡単に言えば、マークシートを読み取るための専用機器。スキャナは書類などを光学センサで読み取り、コンピュータに画像データとして取り込む装置のことです。スキャナは読み取り精度に劣ると言われてきましたが、近年精度も上がり、手軽に使えるところから注目を浴びています。

詳しく見る >
ソフト・システム_写真

ソフト・システム

簡単に言えば、専用の用紙や読み取り機器が不要のソフトウェアのことです。これを使うことによって一般的なプリント用紙やパソコン、複合機、スキャナなどでマークシートを実施できます。普段からオフィスなどで使用しているパソコンやプリント用紙、複合機またはスキャナを利用することで、マークシートの実践ができるというしくみとして、近年注目されています。

詳しく見る >
業務委託_写真

業務委託

ズバリ、用紙の作成から、集計・データ化までをアウトソーシングしてしまうやり方です。試験やアンケートは、規模が大きくなればなるほど、時間と手間が比例して必要になるものです。本業にさしつかえがある、結果の正確性に不安がある、といった場合は「餅は餅屋」のことわざ通り、その道の専門家に依頼するのがよいでしょう。

詳しく見る >

はじめてのマークシート導入
QA

マークシートを導入したくても、分からないことがいっぱいありますよね?ここではマークシートを導入するにあたって最低限知っておきたい情報をまとめてます。導入を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょう?

Q

OMRって?
使い方は?

マークシートの読み取り専用機器のこと。精度が高い反面、コストも高くなります。近年は、より感化スキャナの読み取り精度が上がっているため、その点を踏まえた選択が重要です。
Q

会社選びの
コツは?

まずは、ご自身の会社が、マークシートを使用する目的と求める条件をしっかりと見極め、その上で、それに適した会社はどこかという観点で会社選びをすることが賢明です。
Q

必要な機器は?

IT化が進んだ現在では、パソコンやスキャナ、複合機など普段使っているOA機器類にソフトなどを組み合わせれば、マークシートは自社内のシステムとして行うことができます。

マークシート作成会社一覧

マークシートの会社選びには、自社がどのような方式を必要としているのを明確にした上で、その方式に対応してくれる会社なのかどうか、その上でコストはどうなのかといったことを総合的に判断することが重要。各社にどのような特色があるのかを知っておいてください。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5

スキャネット

専用の用紙さえ購入すれば、ソフト代金やサポート料金が基本無料というのが最大の特徴。カラー読み取り・JPEG保存が可能なスキャナさえあれば、どなたでもすぐに手軽にご利用できます。

教育ソフトウェア

マークシート専用機の「OMR」を使用することにこだわりを持っている会社です。有名国立大学・私立大学を筆頭に、高等学校から小中学校などの現場で活用されています。

ジイズスタッフ

書類データの電子化やECサイト構築などのビジネスソリューションの専門会社。読み取り機やソフトの提供はしておらず、用紙作成の代金と読み取り集計の代金がセットのアウトソーシング方式です。

AltPaper

一般的なプリント用紙にマークシート向けの書式を印刷し、既存のスキャナや複合機などとパソコンを組み合わせることで、マークシートが実践可能なソフト・システムを提供しています。

ディーソル

各種のアウトソーシングや、アプリやソフトの開発、商業印刷物までを幅広く手がけ、それらのノウハウをマークシートにも活用。用紙作成から集計のアウトソーシングまでワンストップで依頼可能。

ハンモック

一般的なパソコンやプリンター、スキャナでマークシートの作成から集計・分析までを実践できるソフト・システムを提供しています。マークシートの知識がなくても簡単に始められます。

タスク

専用のマークシート用紙や専用の読み取り機器を使用せず、一般的なパソコンやスキャナ、プリント用紙を用いてより安価に、マークシートを実践できるソフト・システムを提供しています。

DCI

用紙作成と集計・データ化のアウトソーシングに特化しており、さらには、小学校から大学まで、教育機関が実施するテストや試験、学校評価などを専門的に行っているという特色があります。

マグノリア

既存のパソコンやスキャナ、複合機、プリンターなどを組み合わせ、マークシートの作成から採点までを実践できる「マークシート読取君3」というソフトを手がけている会社です。

メディアドライブ

各種のITソリューションを提供する会社で、「マークシートOMRソリューション」と題して、自社内にマークシートシステムを構築したい依頼者に向け、マークシートのソフト・システムを供給しています。

東海共同印刷

社名の通り印刷が本業。マークシートに関しては、読み取り機やソフトなどは手がけておらず、発注した用紙にて試験や調査、アンケートなどを行い、その集計もアウトソーシングで依頼する方式です。

シー・エス・シー

マークシートに関連する業務をひと通り対応しており、用紙作成から読み取り作業までをアウトソーシングしたい場合も、自社内に読み取りシステムを構築したいケースにも対応してもらえます。

同和ビジネスフォーム

用紙作成から集計作業のアウトソーシングまでをワンストップで対応。またOMR機器の販売も手がけており、自社内にマークシートの読み取りシステムを構築したいという場合にも対応しています。

目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート会社はどこか?
PAGE TOP