マークシート導入で効率化がアップ » 初心者のためのマークシートサービス一覧 » 記述式マークシート

記述式マークシート

2020年になる前に、マーク式の問題と記述式の問題がセットになっているマークシートへ乗り換えたほうが良い理由を解説しています。また、記述式問題を一緒に採点できるマークシートを取り扱っている会社を3社取り上げているので、チェックしてみてください。

2020年1月以降は記述式問題が増えるって本当?

マークシートを導入している学校・塾の主な目的はテストの採点・集計の効率化。そして、マーク式の問題で構成された大学入試センター試験に生徒たちを慣れさせるためです。しかし、大学入試センター試験は2020年1月(2019年度)に廃止され、記述式問題が追加された「大学入学共通テスト」に移行する方針が決まり、状況は一変しました。移行の理由は、先が予想しづらい現代社会を生き抜くのに、自ら問題を発見して答えを生み出す力が求められるためです。

文部科学省によると、現段階で記述式問題の追加が決まっているのは、国語総合、数学Ⅰ、数学Aの範囲。今後も方向性が変わらなければ、理科や地歴、公民にも追加される可能性があるそうです。

つまり、今までのマーク式問題だけのマークシートでは試験対策が難しくなります。マークシートの導入や乗り換えを検討しているなら、2020年以降の入試に備えて記述式問題を取り入れたマークシートを選ぶことをおすすめします。

記述式問題つきのマークシートを取り扱っている会社BEST3

スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像
引用元:スキャネット公式HP(http://www.scanet.jp/)

スキャネットは、記述式問題をしっかり添削できるマークシートを用意。赤ペンで記述式問題に丸つけやフィードバックを記載したのち、正解の数だけ記述式問題の隣にあるマーク欄を塗りつぶして集計する流れです。マークを塗りつぶす際は赤ペンでOK。ボールペンを使わずともしっかり読み取れます。読み取ったデータは、マーク式問題の点数と記述式問題の点数をわけて出力可能。赤ペンで添削した記述式問題の画像をメールで送信できるため、生徒へのフィードバックもラクラクです。また、スキャナで読み取った記述式問題用のマークシートをパソコン上でスピーディーに採点できる「デジらく採点」というソフトウェアを無料で提供しています。

スキャネットのフリー記述マークシート

A3片面 500枚:10,800円(税込)
A4片面 1000枚:15,120円(税込)
A4両面 1000枚:18,360円(税込)
B4片面 1000枚:19,440円(税込)
B4両面 1000枚:21,600円(税込)

スキャネットのマーク・記述混在シート

A5片面 1000枚:11,880円(税込)
A4片面20問 1000枚:15,120円(税込)
A4片面60問 1000枚:15,120円(税込)
A4片面30問10択 1000枚:15,120円(税込)
A4片面50問5択 1000枚:15,120円(税込)
A4片面100問5択 1000枚:20,520円(税込)
A4片面60問10択 1000枚:20,520円(税込)

教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像
引用元:教育ソフトウェア公式HP(http://www.kyoikusw.co.jp/)

300以上の学校・大学に導入されている実績あり。記述式問題を読み取りデータ化したのち、複数人の先生が一斉に採点できるシステムとなっています。採点作業を分担して行う際、同じ問題だけを連続して採点できるため、集中力を持続しやすいと評判です。また、採点結果を結合すると合計得点が自動算出されるため、集計ミスも防げます。

教育ソフトウェアの記述式マークシート

教育ソフトウェアは、特注品としてフリー記述のマークシートを作成しています。記述問題の項目数やフォーマットのレイアウト、設問などによって見積もり内容が異なるそうです。特注品の注文は1回あたり1,000枚から。デザイン代、デザイン修正代、送料は無料となっています。

教育ソフトウェアのマーク・記述混在シート

A4片面マーク50問10択×記述20問 1,000枚:20,000円(税抜)
2,000枚:40,000円(税抜)
5,000枚:95,000円(税抜)

ハンモック

ハンモック_キャプチャ画像
引用元:ハンモック公式HP(http://www.hammock.jp/)

ハンモックは、ワードやエクセルを使って自主制作したマークシートを読み取れるソフトウェア「Remark Office OMR」を販売している会社です。指定されているマーク欄のサイズや文字の間隔さえ守れば、記述式問題とマーク式問題がミックスしたオリジナルのマークシートを作れます。記述欄の採点は手動で行い、記述式問題横のマーク欄に点数を記載するシステムです。

ハンモックの記述式マークシート

ハンモックはマークシートのフォーマットをワードやエクセルなどで自由に作成し、普通紙に印刷して使用するスタイルです。マークシートに印刷する問題やレイアウトなどは、ある程度の融通が利くため、記述式問題の枠を設けることもできます。しかし、残念ながら記述式問題だけを読み取る機能はついていないため、記述式問題のみのマークシートを作成したとしても、スキャナで効率的に採点・集計するのは難しいようです。

ハンモックのマーク・記述混在シート

アイディア次第で、マーク式の問題と記述式問題をミックスしたマークシートを作成できます。東京都立府中西高等学校情報化の佐藤教諭は、記述式問題とマーク式の問題をミックスしたオリジナルマークシートを作成した一人です。佐藤教諭の話によると、記述式問題を自動読取・採点することはできないものの、先に記述問題を手動で採点して設問横にあるマーク欄に点数を記載することで、マーク式問題とまとめて集計できたとのこと。作成に少し手間がかかりますが、集計作業を効率化できるでしょう。また、自分で作成するのでコストがほとんどかからないという点も魅力です。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP