同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 初心者のためのマークシートサービス一覧 » マークシートを作成&集計するソフトの導入方法とは » 学校評価支援システム

学校評価支援システム

学校評価支援システム

学校評価支援システムは、文部科学省の事業委託を受けた慶応義塾大学SFC研究上によって研究開発されたシステムです。学校評価や学力調査の促進による、教育水準の向上を目的に開発されました。

学校評価支援システムの料金

ダウンロードのみで料金は無料です。

学校評価支援システムの特徴

学校評価支援システムの特徴は調査を実施した機関に関係なく、 データ分析が出来る点。これによって、自治体が実施した大規模な調査の結果をふまえつつ、学校の独自視点で仮説を立て、詳細な分析と検証が出来るのです。

一方、地方自治体でも独自の調査をしているものの、その集計は学校の教員・教育委員会の負担となっています。コスト面でも大きなものとなっており、問題視されていました。学校評価支援システムは、その点についてもメリットを兼ね備えています。学校評価•学力調査を効率的に実施、その結果のデータベース化が可能となっています。

この特徴を活かし、学校評価の調査結果データを共有することによって、学校は近隣の学校のデータと比較して相対的に分析できるのです。

加えて、自治体は地区内の各学校の特性を把握。システムの活用により、全体の傾向を把握することが可能となります。

導入方法と基本的な使い方

Java実行環境とインストール・設定

学校評価支援システムの機能、調査票作成と読み取りソフトを利用するには、「Java実行環境(Java SE Runtime Environment)」が必要です。普段利用しているPCにJavaがインストールされていない場合は、Javaをダウンロード・インストールしなくてはいけません。

Javaの設定方法は、まずコントロールパネルの「Java」を開き、「詳細」タブをクリックします。その後、「セキュリティ」項目にある、「混合コードセキュリティ検証」の設定で、「検証を無効にする」を選択し、「了解」ボタンを押せば完了です。

調査書を作成する

「かんたん調査票作成ソフト」の起動を行います。これは、普段使用している普通紙でマークシート形式の調査票を作成するソフトウェアです。ボタン一つで調査票を作成し、プリンターで出力・印刷機で必要な枚数を印刷すれば完成となります。

調査書をスキャンする

スキャナの設定が完了したら、読み取りエラーの防止のため用紙下部からセットします。PC上で保存フォルダの作成を任意の場に行いましょう。このフォルダを保存先に指定し、スキャンの実行を行います。

調査書を集計する

「かんたん調査票作成ソフト」で作ったPDFファイルをスキャン画像フォルダへ入れます。その後、フォルダごと「調査票を読み取りソフト」の場面へドラッグ&ドロップすると、自動作成します。

調査書を分析する

作成されたデータは、散布図やExcel形式で複数の視点から分析ができ、結果の共有・確認ができます。印刷機やスキャナで印刷し、書面としての配布も可能です。

導入に必要なハードウェアと条件

学校評価支援システムを導入するためには、いくつかの条件・必要なハードウェアの順日が必要です。まずスペックは、Windows XP with Service Pack 3、もしくは Windows Vista with Service Pack 1以降。512 MB 以上のシステムメモリ(Windows Vistaの場合1GB以上を推奨)が必要です。

スキャナは、回収した調査票を画像イメージとして読み込む際に必要です。以下の仕様に準じるものの準備をしましょう。読み取り方式は、自動紙送り方式 、読み取り面は両面が可能のもの。 読み取り解像度は、150dpi以上で、出力形式TIFF, PNG, JPEG, GIFのいずれかとなっています。

推奨スキャナも公式サイトに記載されており、以下のスキャナは推奨する設定についてのマニュアルの提供があります。もちろん、上記の仕様に準ずる機種であれば、これ以外のスキャナの利用が可能です。

Panasonic KV-S2026CNは、USB2.0またはSCSI 接続が可能。読み込み速度は、1分間に20 枚、ADFは120枚です。販売価格は約15万円となっています。

Canon DR-2510Cは、USB2.0 接続が可能。読み込み速度は、1分間に20 枚、ADFは50枚です。販売価格は約5万円となっています。

プリンターは配布する調査票を印刷する際に使用。こちらは、レーザプリンタやインクジェットプリンタなど、通常使用、市販されているもので大丈夫です。

ただし、プリンターで調査に必要な枚数を印刷し、そのまま利用することもできます。その際は、調査票の枚数を減らすため、両面印刷を推奨します。

また、失敗やトラブルを削減するため、わら半紙や中性紙・模様等が入った用紙などは利用せず、必ず白いコピー用紙を使用しましょう。

印刷機は、プリンターにて印刷した調査票を、複数枚印刷する際に使用します。

コピー機の利用でも問題ありませんがマーク認識時のエラーを減らすため、極力、高品質で印刷するようにしましょう。

導入事例

具体的な導入事例は見つかりませんでした。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP