同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 初心者のためのマークシートサービス一覧 » マークシートを作成&集計するソフトの導入方法とは » 選挙管理ソフト

選挙管理ソフト

「選挙管理ソフト」投票用紙の作成から選挙結果の出力まで対応できる有料ソフト。社内での役員選挙などで使用されています。こちらでは、ソフトの料金から特徴、動作環境について紹介します。

選挙管理ソフトの料金

費用 129,600円(税込)

選挙管理ソフトの特徴

候補者名を印刷した投票用紙の作成が簡単

候補者名を投票用のマークシートに直接印刷できるので、投票用紙の作成が簡単にできます。投票者の情報をバーコード化することで、投票用紙が重複してしまうミスを防止。ミスの許されない選挙だからこそ、重複ミスを防ぐ機能は重要だと言えます。また自動で作業してくれるので効率化が期待できるうえに手作業によるミスを防ぐことにもつながります。

有効投票数の設定が可能

選挙管理ソフトでは、候補者の中から何名まで投票できるという「投票者の有効投票数」を事前に設定できます。人間の手で一つひとつ数えると時間がかかるうえに、計算ミスが発生しやすくなるもの。有効投票数が設定できる機能があれば、正確かつスムーズに無効投票の算出できます。

加重設定にも対応

有効票の重みをつける機能もついているのも特徴的。会社内での投票時に、投票者に応じて1票の加重を変更(例:役職者の加重が3、一般社員の加重が1)が可能です。一般的な集計ソフトのように一度集計した後、加重分を手作業で計算する手間が省けます。

Excelファイル・CSVファイルの出力が可能

有効票・無効票の結果と誰に投票したか確認できる投票結果・投票数のグラフ・候補者名ごとの投票数をチェックできる選挙結果のデータを出力できます。また出力ファイルがExcel・CSVファイルどちらにも対応しているので、用途に合わせて使用できます。

帳票サンプルで作成できる帳票を確認

スキャネット公式ホームページにある選挙管理ソフトのページにて、帳票サンプル(Excel)が用意されています。導入する前にサンプルを確認できるので、導入後に「失敗した…」という事態に陥りづらいでしょう。

選挙向けの投票シートをセットで購入可能

選挙管理ソフトを販売するスキャネットでは、選挙向け投票シートとのセット販売を行なっているので、別の企業でマークシートを購入する手間が省けます。「SN-0477 A6選挙向け投票シート候補者(20名)」や、「SN-0478 A4選挙向け投票シート候補者(100名)」など、希望するサイズや候補者数に応じたマークシートを購入可能。価格が気になる方は、FAXから見積もりの対応もしてくれます。

選挙管理ソフトの導入事例

導入事例は見つかりませんでした。

選挙管理ソフトの動作環境

選挙管理ソフトの動作環境は以下の通りです。

OS 記載なし
メモリ 記載なし
ストレージ 記載なし
マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP