マークシート導入で効率化がアップ » 初心者のためのマークシートサービス一覧 » ソフト・システム

ソフト・システム

マークシートを読み取れる無料のソフトウェアは、ネット上で多く頒布されています。仕事を効率化するためのツールとして、導入を考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし大切なのは、「信頼できる企業が提供しているソフトであるかどうか」ということ。フリーソフトウェアは、どこの誰が作ったものなのか不明であることが多く、セキュリティの面から安全性が確保されていないことがほとんど。そのため、ダウンロード時にコンピューターウイルスに感染してしまう可能性もあります。

ここでは、無料版・有料版含め、価格が安い順に【企業が提供しているソフト】をご紹介したいと思います。

これなら安心!マークシート読取ソフト料金ランキング

社名 ソフト名 価格 公式HP
スキャネット らく点先生2
カンマくん3
QA-Navi2無料版
デジらく採点
らく点マークくん3
無料 公式HP
ディーソル SSくん3 for Windows
(シート機種用)
105,840円 公式HP
教育ソフトウェア SSくん3 105,840円~ 公式HP

ダウンロード元が分かっているフリーソフトウェアであれば、信頼性は高いでしょう。上手に利用することでコストをほとんどかけずに、仕事を効率化させることができますね。

ソフト・システムの特徴

そもそも「マークシートは、専用の用紙・読み取り機でないと、導入できない」と思っておられる方が多いのではないでしょうか。

しかし実際は、普段からオフィスで使用しているパソコンやプリント用紙、複合機またはスキャナを利用することで、手軽にマークシートの実施ができるのです。

例えば「試験の際、集計の時間短縮と負担軽減のためにマークシートを導入したいが、あまり予算が捻出できない」といった場合でも、普段から使用しているOA機器で実施できるとすれば、コストも削減できます。

【無料版】スキャネットで利用できるマークシートのソフトは?

スキャネットが提供するソフトウェアには、無料版と有料版のものがあります。まずは、無料なのに高機能、安全に使えるマークシート専用ソフトを紹介していきましょう。

マークシートは忙しい先生の味方!スキャネットのデジらく採点を紹介!

スキャネットでは、無料・有料合わせて、12種類ものソフトウェアを提供しています。今回は、12種類あるソフトウェアのなかでも、学校の先生にとって一番うれしい機能をもっている、「デジらく採点」をご紹介しましょう。

スキャネットの無料ソフトウェアのなかで一番柔軟性が高い

デジらく採点は、無料でダウンロードできるテスト採点用のソフトウェアです。スキャナをもっていて、用紙さえ購入すれば、すぐにマークシートを導入することができます。

ほかの無料ソフトウェアと違って、マークシートではなく記述式の答案にも対応しているのが特徴です。1問ずつ、次々に採点と添削をすることが可能で、いま使っている答案用紙のデータを流用できることから、中間テストや期末テスト、授業中の小テストにも活用することができます。柔軟性の高さが魅力です。

いま使っているWord・Excel・一太郎の解答用紙データを流用可能!

ほとんどの先生は、テストの問題と解答用紙をWord・Excel・一太郎で作っているでしょう。デジらく採点では、「フリーフォーマット専用用紙」を利用することで、いま使っているWord・Excel・一太郎のデータをそのまま専用用紙に印刷し、テストに使うことができます。

回収した用紙をスキャンして、ソフトウェアで採点と集計することができるので、わざわざ回答用紙をマークシート形式で作り直す必要もありません。これまで通りの記述式のテストを、そのままスキャンできるのです。

タッチパネル機能つきのパソコンを使えば手書きで採点できる 

スキャンした解答用紙は、1問ずつまとめて採点することができます。採点方法は、○、×、△の3種類。タッチパネル機能つきのタブレットやパソコンなら、キーボードとマウスではなく、タッチペンを使って手書き感覚で採点と添削ができるのも、デジらく採点の特徴です。

タッチペンを使えば、×をつけた問題に補足や正しい答えを書き込むこともできます。 

採点が終わったら自動的に点数を集計してくれる 

回答欄ごとに点数を割り振っておくことで、○×をつけ終わった時点で自動的にテスト結果を集計してくれるのも、デジらく採点の基本機能です。問題ごとに観点や分野も別途登録することができるので、生徒がどの分野の問題で何点とることができたか、簡単な分析結果もすぐに見ることができます。

○×をつけ終わった答案をPDFで出力できるので答案の返却も楽

採点と添削が終わった答案データは、PDF形式で出力可能です。PDFなので、そのまま印刷してしまえば、点数と添削がついた答案を生徒に返却することができます。

回収した用紙に改めて点数を書き込んだり、用紙を返却するために採点が終わるまで大量の書類を保管しておいたりする必要がないため、スペースの節約にもなるでしょう。 

キーの割当機能を使って効率よく採点することができる

採点は、キーボードを使って行うことも可能です。割り当てたキーを押すだけで次々と採点できるため、記号を選択する問題などは、タッチペンを使うよりもキーボードを使ったほうがより短時間で採点を終えられます。

老眼の先生にもうれしい拡大機能つき!細かい部分の確認も楽

回答欄の拡大機能も標準装備です。生徒の文字や回答欄が小さかったり、先生が老眼に悩んでいたりしても、問題なく採点できます。また、回答欄を拡大することで、小さな文字で補足を書き込めるのもポイントです。

有料機能の追加でさらなる効率化

デジらく採点には有料オプションも用意されています。

複数の先生で同時採点ができる機能のほか、得点の度数分布表や生徒ごとの成績表なども出力可能です。オプションを使えば、学校の入試のような大規模なテストでも効率よく採点できます。

通常、オプションを使うためには54,000円か64,800円かかりますが、有料オプションを3ヶ月試用できる体験版があるため、導入してから後悔する心配もありません。

らく点先生2

らく点先生2

らく点先生2はテストのマークシート採点専用のソフトウェアです。従来のらく点先生の進化版という位置づけ。ソフトを起動して「正解」と「配点」を登録し、記入されたマークシートを読み込むと自動で採点してくれます。TOEICの出題形式にも対応しているため、受験前の腕試しテストにも利用可能です。

採点結果はエクセル形式で出力できるため、生徒1人ひとりの得点の確認や得意科目や苦手科目のデータ算出も手軽に行なえます。

今あるスキャナが使える

パソコンにインストールして使用する無料ソフトウェアです。マークシートの読み取りは今あるスキャナで行なえます。専用機器の購入や対応機種を揃える必要が無いため、初期投資や機器のメンテナンスにかかるランニングコストも削減可能。無料ソフトなので、マークシート採点ソフトを試してみたい人にもおすすめです。

記述式の試験にも対応

マークシートだけでなく記述式のテストにも対応しているのが特徴。記述部分はカラー画像として保存され、読めるようになっています。採点用にマークする欄が設けてあるので、記述内容によって点数を変化させることが可能です。

使い方次第で出欠確認にも応用できる

らく点先生2は出欠確認用の専用シートを使うことで、授業や会議などへの出席や遅刻、早退、欠勤の情報をデータ化してまとめておけます。

また、サイン(自署)は画像で確認できるため筆跡確認も可能。授業の代返防止に役立ちます。

カンマくん3

カンマくん3は、アンケートを読み取ってくれるシンプルなソフトウェアです。集計結果はまとめてエクセルファイルやCSVに出力してくれます。出力時に選択肢に単語を設定することが可能です。例えば、2を塗りつぶしていたら「そう思う」のように変更できます。

型番が違うシートでも一気に読み取れる

従来のバージョンでは不可能だった、型番違いのシート読み取りがカンマくん3になって、一気に読み込めるようになりました。設定の時に使用しているシートの型番を複数指定するだけでOK。端数が余ってしまったシートを有効活用できます。

リアルタイムに集計してくれる

カンマくん3は、シートを読み込みながらリアルタイムに集計をしてくるので、集計の途中経過を把握できます。読み取り操作はクリック1つで済むので、パソコン操作が苦手だという人でもカンタンです。

らく点マークくん3

らく点マークくん3は、多様なマーク式のテストを採点できるソフトウェアです。マーク式に特化しているため、記述式の読み取りはできません。有料版では帳票出力機能が利用可能です。

マーク式テストならこのソフトだけで完結

らく点マークくん3は記述式テストの採点はできませんが、マーク式のテストの採点であればこのソフトさえあれば完結できます。その分、操作や集まる採点データもシンプルです。マーク式のテストをくり返し行なっているような学校や職場であれば、このソフトが充分に役に立ってくれるでしょう。

QA-Navi2無料版

QA-Navi2はアンケート集計用のソフトです。集めたデータは分析資料としてつかえます。

アンケートの作成もカンタン

QA-Navi2上でアンケートの質問を作りWordへ出力すれば、そのままアンケートシートへの印刷が可能です。アンケートの作成は、設問を記入し、単一回答や複数回答などの項目を選んでクリックしていくだけ。パソコン操作が苦手な人でも、慣れてしまえばあっという間にアンケートが作成できます。

また、以前作成したアンケートの設問をコピーすることが可能です。決まった期間ごとにを行なう場合に便利な機能といえるでしょう。

エクセルとパワーポイントに出力できる

集計したデータは、QA-Navi2からエクセルやパワーポイントに出力できます。分かりやすい数字や見栄えのよいグラフにすることで、分析資料として活用できますよ。プレゼンや企画資料などに使用してみてはいかがでしょうか。

さまざまな形式の集計データを作成できる

QA-Navi2は単純回答のデータだけではなく、「Aと答えた人の内、次の設問でBと答えた人の割合」といった集計も可能です。その分、より利用価値の高いデータを作成できます。

【有料版】スキャネットで利用できるマークシートのソフトは?

らく点マークくんシリーズ

らく点マークくんシリーズは、センター試験や国家試験などの模擬試験を行なうことができるマーク式テスト採点ソフト。「らく点マークくんLiteバージョン」「らく点マークくん3Lite」「らく点マークくんスタンダード」の3種類があります。

項目 Liteバージョン 3Lite スタンダード
一般価格(税込) 20万5,200円 20万5,200円 32万4,000円
教育機関価格 高等学校:0円 高等学校:0円 -
対応試験 センター模試 センター模試 国家試験・資格試験
個人データの出力 模試/単科(簡易・詳細データ出力可) 試験/テスト 模試/単科(簡易・詳細・分野別データ出力可)

必要な試験に合わせてソフトを選べる

有料版のらく点マークくんシリーズは、「センター模試」「センター試験」「国家試験や資格試験」と用途別に用意されています。

Liteバージョンと3Liteは、大学受験を目指す高校生に最適なソフトウェア。どちらも、本番さながらのマーク式テストシートを使用できるので、本番前に十分にテストを解く練習ができます。

スタンダードは国家資格や資格試験に対応。科目や受験型は細かく設定が可能です。幅広い試験に対応できるようになっています。

10種類以上の出力帳票が利用可能

らく点マークくんシリーズは、10種類以上の出力帳票を作成可能です。成績上位者一覧や正誤表はもちろん、個人の成績表も出力が可能なので、生徒1人ひとりの傾向を把握しやすくなっています。得意科目を伸ばし、苦手科目を克服するのにも役立つでしょう。

問題別の解答率では生徒の間違いやすい問題が見えてくるかもしれません。教師や講師の人は、指導の資料としても利用できます。

Liteバージョンと3Liteはキャンペーンあり

高校生向けの両ソフトには、キャンペーンがあります。1つめは、センター模擬シート2箱の購入で、ソフトの使用料が無料になるキャンペーンです。無料ライセンス期間が過ぎても、キャンペーンが適応されればさらに1年間無料でソフトが使用できます。

Amazonでシートを100枚購入した場合は、Z会の書籍情報を利用して、模擬テストの配点と採点が行なえます。

スタンダード版の魅力は細かな分野設定

国家資格や資格試験の模試に利用できるスタンダード版。看護師や理学療法士など、いろいろな試験をまるで本番のようにテストできるのは、心強いですよね。

幅広い試験に対応できるように、複数の科目を1つの試験に設定したり、分野を指定して分野ごとの得点を集計したりすることが可能です。また、前回の模試の結果を履歴として残しておけるので、実力を確かめるのに役立ちます。

基本の操作は無料版と変わらない

らく点マークくんシリーズには無料版があります。基本的な操作は無料版と変わらないため、無料版で操作感を掴んでから、有料版へと切り換えるのもいいでしょう。無料版ではマークシートの採点や得点のデータをエクセルやCSVファイルに出力することができます。無料版を試すには、会員登録が必要です。

QA-Navi2

QA-Navi2は無料版よりも細かな設定が可能なアンケート用の読み取り・集計ソフトウェア。一般価格は21万6千円、アカデミック版は12万9600円です。無料版との違いを紹介します。

ファイルのインポートが可能

QA-Navi2は、エクセル形式やCSV形式のデータを読み込んで(インポート)使用できます。過去にエクセルで作成していたアンケートやスキャネットの別ソフトで作成したファイルも読み込めるので、アンケートとしてだけでなくさまざまなデータの収集が行なえるでしょう。

記述項目の読み取りができる

マークシートの回答欄に設けた記述エリアを画像として読み込むことが可能です。アンケートの質問欄やメモ欄に記述があるときに役立ちます。手書きの文字を読み取ったら、データを入力することで集計に反映させることが可能です。

統計分析データ作成機能

アンケートの質問や回答のパーセンテージなどのデータを組み合わせて、統計用の分析データの作成が可能です。例えば、施設の使用頻度と時間帯からどのようなタイプの人が使用しているか傾向を割り出したりできます。詳細な分析をすることで、業務効率化や企画の推進などに役立つでしょう。

ストレスチェック実施ソフト

職場のストレスチェックや診断結果の出力も可能なソフトウェアです。通常販売価格は12万9600円、複数企業対応の場合は48万6千円となっています。

労働基準監督署へ提出しやすくなる

平成27年12月より、労働安全衛生法に基づき、ストレスチェックの結果報告書の提出が義務付けられました。労基署では、報告書のフォーマットを用意しています。ストレスチェック実施ソフトは、このフォーマットに合った形でのデータ出力に対応しています。結果を報告書の形にまとめる手間が無くなるので、時間を有効活用できるでしょう。

個人と集団の両方のストレスチェックが可能

ストレスチェックを実施したデータをもとに、個人と集団の両方のストレス度をチェックできます。ストレス度が高い集団(部署、チームなど)が分かれば、人や場所などを変えるといった対応が可能です。見えない人間関係を知るツールとしても活用できるでしょう。

高ストレス者を見つけ早めにケアできる

高いストレスを抱えている人は、放っておくと体にも不調があらわれてしまいます。早めに高ストレス者を見つけることで、心身に対するケアができるでしょう。本人へのケアももちろんですが、ストレスの原因が職場にあるのであれば、改善策を講じることもできます。より良い職場環境をつくることが可能です。

複数言語対応のシートが利用できる

スキャネットでは、英語や中国語など複数の言語に対応したストレスチェックシートが用意されています。自分たちでシートを作る必要はありません。質問内容も厚労省推奨のものを使用しているため、日本人だけでなく外国人を雇っている企業でもストレスチェックを実施しやすくなるでしょう。

選挙管理ソフト

その名の通り、代表者を決める選挙を実施するのに役立つソフトウェアです。販売価格は12万9600円となっています。

投票用紙作成から選挙結果までこれ1つ

選挙管理ソフトでは、投票用紙の作成が手軽に行なえます。マークシートに直接印刷できるようになっているため、ソフトをまたいで投票用紙を作成する必要はありません。また、マークシートに記入された投票データを集約して、選挙結果を確認することもこのソフト上で可能です。

選挙結果のデータはエクセルファイルやCSVファイルとして出力ができるので、データの管理や共有もしやすいでしょう。

投票する人の情報をバーコードとして印字して2重投票にならないようにもできます。

細かな設定が可能

投票する人の有効投票数を何人までにするか設定できます。また、特定の人の票が持つ重さの変更が可能です。例えば、Aさんは1票1ポイント、Bさんは1票3ポイントとする、といった具合です。職場や組織などで、上司の票に重みを持たせたいときに重宝します。

OMRとスキャナのソフトの違い

マークシートの読み取りを効率的に行なうためのツールとして、OMR(光学式マーク読取装+置)とスキャナがあげられます。導入の目的によって、どちらを採用したほうが良いのか異なることから、OMRとスキャナの違いをさまざまな面から比較してみました。

項目 スキャナ OMR
ソフトの価格 無料~数万円 数万円
ソフトの性能 ・マークシート試験の採点&集計
・アンケートの簡単な回答分析
・個人成績表
・得点度数分布表、選択肢別の解答率などの分析
マークシート用紙 ・ソフトで制作したマークシート用紙を使用できる ・専用のマークシート用紙を使用する
・要望に応じてレイアウトしたマークシートが使用できる
対応しているOS windows10、8.1、7、Vista windows10、8.1、7、Vista
読み取り装置 画像データを取り込むことができる最低限のスペック マークシートの読み取りのための専門機械の導入が必要
精度 比較的高い 99.9%以上
導入のコスト 平均:4万円~(スキャナ/ソフト/マークシート代) 平均:30万円~(OMRのみ)

スキャナとOMRのソフトのメリット・デメリットとは?

マークシートの読み取りは「マークシート用紙」「マークシートを読み取るソフトウェア」「マークシートの読み取るハードウェア」の3つがそろって、はじめて最大のスペックを発揮できます。

そのため、ソフトウェアにさまざまな機能がついていたとしても、読み取りを行なうハードウェアに欠陥があるとうまくいきません。ここでは、その点も踏まえてOMRとスキャナと関係の深いマークシートの読み取り機能について解説していきます。

OMRとスキャナのソフトウェアの性能

スキャナでも簡単なテストの集計や採点が可能です。OMRはマークシートから読み取って、個人の成績表の集計ができます。スキャナにインストールするソフトウェアには、有料と無料のものがあり、もっと詳細に調査したいという時には有料のソフトウェアを選ぶのがおすすめ。

「画像処理技術」や「アシストスキャン」といったハードウェアで読み取ったデータを解析することで、読み取ることも可能です。

スキャナでのマークシートの読み取りはコスト0でもできる!

スキャナでマークシートの読み取りを行なう時は、コストを抑えられることがほとんどです。なぜなら、OMRと違い、専用機器の導入が必要ないからです。スキャナが「JPEGの読み取りが可能」など、ある一定の条件を満たしていれば、ソフトをインストールするだけで利用できます。

さらに、無料で提供されているソフトウェアもあるので、上手に使えばコストゼロでの仕事の効率化が可能です。

反対にOMRは、マークシートの読み取りに特化しているハードウェアです。ソフトウェアはOMRと同時購入、もしくは数万円での購入が必要になります。

スキャナの読み取り技術はめざましく向上している

スキャナで行なうマークシートの読み取りと、OMRによるマークシート読み取りには、大きな差があるとされていましたが、現在ではスキャナやソフトウェアのスペックは向上してきており、実際にはほとんど差がありません。

専門性や特殊性にあるスペックのものを求めているのではなければ、リーズナブルな価格で利用できるスキャナをおすすめします。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP