マークシート導入で効率化がアップ » 初心者のためのマークシートサービス一覧 » 用紙作成

用紙作成

マークシートの用紙作成の流れが、いまいちわからないという方は必見。マークシートの用紙にまつわる最新事情や、注意すべき点をご紹介します。

今やマークシートの用紙は、低コストの汎用品!

現在、マークシートの用紙は、オリジナルで作成せずとも、各メーカーの用意している汎用品の中から、用途に適したものを選ぶだけで事足りるケースがほとんどです。専用ソフトをダウンロードし、パソコン・読み取り機と組み合わせれば、ほとんどのケースに対応できると言っても、過言ではありません。

よほど特別なケースを除き、マークシートの用紙をオリジナルで作成する必要はないのです。手間がかからないうえ、汎用品であれば、低コストで済むのも魅力的ですね。

汎用品のバリエーションとは?

マークシートの用紙は汎用品を選ぶと低コストで済みます。

メーカーによって品揃えには多少差がありますが、主要なマークシートのメーカーでは、それこそ50~100種類程度の汎用用紙を取り揃えています。

サイズも設問数も選べる

サイズで言えば、A4・A5・B4・B5のタテヨコから名刺サイズまで幅広く存在します。設問数も20問程度のものから、50・100・150・200問といった用紙があり、選択肢の数も2~10択とバリエーションが多め。

記述式に対応のものも!

さらには、マークシートそのものに問題文を印字できるようにしてあるものや、試験などで、記述式の解答欄を設けてあるものも。TOEICや各種国家試験、大学センター試験といった、特定の試験内容に特化したフォーマットのものまであり、汎用品でほぼすべてのケースに対応できるのは、こうした品揃えがあるからこそと言えます。

オリジナルの用紙を作成したい場合は?

いくら汎用品のバリエーションが豊富だからといって、オリジナルのマークシート用紙を作成する必要が生じることもあるでしょう。そういった場合には、オリジナルでの用紙作成も対応するメーカーに依頼することになります。

何問何択式かを決めておこう

特注する際に重要なのは、あらかじめ設問数を決めておくこと。そして、お手持ち(あるいは導入予定)の読み取り機器とのマッチングも、確認しておかなければなりません。使用する機器によって、求められる位置精度やドロップアウトカラー(人の目には見えても読み取りセンサでは読み取らない色、罫線や選択番号などがこの色で印刷される)が異なります。

実績のある業者を選ぼう

そして何より、試作品の読み取りテストを、しっかりと行なってくれるメーカーに依頼することが大切です。実際の試験などで読み取り不具合などが発生したら、それこそ取り返しがつきません。この点はぜひ、踏まえておいてくださいね。

マークシート導入の際に汎用シートがオススメな3つの場面

1. 学校での小テスト

学校での小テストに汎用シートは大いに活躍します。

小テストでは当然、生徒の数だけマークシートが必要になります。そのたびにマークシートを作成するとなると、高いコストを払うことになってしまいます。

その点、汎用シートなら低コストかつ迅速に、マークシートを用意することが可能となります。

2. ストレスチェック

義務化が始まっている、企業の従業員に対するストレスチェックにも汎用シートが使いやすいでしょう。

全従業員となるとかなりの数のマークシートが必要となることが考えられるので、低価格の汎用シートを使用するのがベストです。

3. センター試験形式の校内模試

センター試験対策のための校内模試は、同時期に行われます。そのため大量のマークシートが必要とされ、高いコストが予想されます。

低価格で準備できる汎用シートなら、負担が少なく活用できるでしょう。

汎用シートを扱っている会社3選!

1. 一般的なスキャナで集計できる「スキャネット」

スキャネットでは汎用シートはもちろん、オーダーメイドでマークシートを作ることができます。さらに、一般的に使われているスキャナで集計ができるのも大きな特徴です。

通常、マークシートの内容を集計するためには、OMR専用機と呼ばれる専用の機械を導入する必要があります。

しかしこのOMR専用機は高額になりやすく、企業や学校の経済状況によっては気軽に導入することができません。

その点スキャネットなら、元から導入されているスキャナの利用だけで事足りるのです。高価なスキャナでなくとも小型のもので可能なので、余計な出費を抑えることもできます。

取り扱っている汎用マークシートの種類も多く、およそ111種類のマークシートの中からサイズや形式の違うものを自由に選ぶことができます。

機器やソフトの導入などに不安がある方には、気軽に挑戦できるスキャネットがオススメです。

2. 一括注文がお得な「ディーソル」

各種用紙加工を行っている老舗メーカーです。JISサイズからはがき幅サイズまで、サイズが豊富に揃えられているのでさまざまな使い分けができます。

読み取りはディーソルが販売しているソフトや一部を除き、他社の読み取りソフトでも行えます。

そしてディーソルでは、どれだけの量を注文しても送料は無料で固定されていますので、低コストでの活用が可能です。そのほか、コピー用紙などの各種用紙も販売しているので、必要な発注を一度に終わらせることができるでしょう。

全体的な手間を軽減したいと考えている企業や学校なら、ディーソルでの一括注文がオススメです。

3. 教育関連のマークシートなら「教育ソフトウェア」

教育ソフトウェアは、教育関連のマークシートに力を入れている会社です。解答用紙や国家試験対策用シートなど、教育関連のマークシートを使いたいなら教育ソフトウェアがおすすめです。

汎用シートの種類自体も豊富で、100種類のマークシートから自由に選ぶことができ、オーダーメイドでの注文も可能です。

加えて100枚以上の注文をすると単価が安くなる場合があるので、大規模な注文をする必要があるときは、とてもお得に購入することが可能です。

業務効率化の徹底におすすめ!マークシート作成を業者に依頼するメリットとは?

勤怠管理に試験、アンケートなどさまざまな分野で活用できるマークシートは大変便利で、採用する企業や学校などが年々増えています。

必要な機材を購入して、自分でスキャニングや採点などを行うという方法もありますが、マークシート作成から採点、集計、分析まで、部分的もしくはすべて業者に依頼することもできます。

ここからはマークシート作成や採点、集計等を業者に依頼するメリットをご紹介します。

マークシートの作成を業者に依頼するメリットとは?

時間の短縮

マークシートを一からデザインするとなると、すべて自分で考案しなければならず、時間がかかってしまいます。 その点、業者に依頼すると、出題したい問題やアンケートなどから一番よいデザインをすぐに考案、作成してくれるので時間を短縮することができます。

費用の節約

作成したマークシートをプリントアウトする際、規格外のサイズや内容のデザインだと費用が余分にかかってしまうことがあります。

マークシートを専門に扱う業者の中には、既にデザインされているシートを販売している所もあるので、それらのシートのデザインが求めている物と合えば比較的安く購入することができます。

また作成するマークシートについて予算やデザインなどを相談すると、対応してくれる良心的な業者もあるので、自分で作成するよりも費用を節約することができる場合もあります。

マークシートの採点や統計も可!業者に依頼するメリットとは?

業者に依頼することができるのは、マークシートの作成だけではありません。 解答済みのマークシートの採点や主計、分析、統計なども依頼することができます。 ここからは、マークシートの採点等を業者に依頼するメリットについてご紹介します。

時間の短縮

マークシートを導入すると、テストの採点や集計が楽になります。その作業を業者に依頼すると、その手間もなくなり、処理時間をさらに短縮して効率化することができます。

設備投資などにかかる費用の節約

採点や集計などを自分で行うためには、光学式マーク読取装置(OMR)やスキャナなど読み取り用の機材を揃える必要があります。

このような機器は大変高額です。自分で採点を行うとなると設備投資が必要で、メンテナンスや修理にかかる費用も発生します。その点、業者に依頼すると設備投資をはじめ、機器のメンテナンスや修理にかかる費用は必要ありません。

ミスを減らすことができる

いくら注意をしても人が採点、集計を行うと必ずミスが出てしまいますが、マークシートは電算処理のためミスが出ないという特徴があります。

ただし、記述式のマークシートにおいては、シートをスキャニングしてパソコン上で採点するか、手で採点してから採点者が点数をマークしなければなりません。

このように途中で人の手が入ってしまうため、ミスが発生してしまう可能性があります。その点、その道のプロである業者に採点や集計を依頼すると、採点やマークミスを減らすことができます。

データの統計や分析の簡略化

採点、集計した後の結果から統計や分析作業を行う際、業者に依頼すると、より正確で見やすいデータを得ることができます。

例えば時間経過に伴う集計結果の変化を比較する経年比較や、注目した複数の項目の集計を行うクロス集計など、目的や好みに合わせてバリエーションに富む複雑な統計や分析を依頼することができます。

データの統計や分析結果からフィードバックなどを楽に行うことができるのは、業者に依頼するメリットの一つです。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP