同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 初心者のためのマークシートサービス一覧

初心者のためのマークシートサービス一覧

マークシートを利用した試験や調査を行うにあたり、どのようなサービスが利用できるのかについて、代表的な内容をご紹介していきたいと思います。

おさえておきたい、マークシートのサービスあれこれ

マークシートのサービス

ひとえにマークシートサービスといっても、用紙作成や読み取り機の販売、ソフト・システムの販売、業者委託などがあるため、自分はどのサービスを利用すればよいか分からないと思います。

まずマークシートで何がしたいのかを見定め、自分にあった業者を選ぶようにしましょう。

用紙作成

マークシートを導入するにあたって、最初に考えなくてはならないのは用紙についてです。例えばテストを作るのであれば、何問・何択式で、判型はどうするのか、片面なのか両面なのかといったことを決めます。これを業者と相談して作ってもらうというのが通常の流れなのですが、いちいち相談するのが面倒くさいと思う方もおられるかと思います。

汎用のマークシート用紙を活用しよう

しかし業者の中には、汎用品のものを用意している業者があります。わざわざ特注で作成しなくても、各メーカーの用意している汎用品の中に用途に適したものさえあれば、事足りてしまう場合があります。特注品を注文する前に、まずは汎用品の品揃えが豊富な業者を当たってみることが賢明です。

専用用紙なら読み取りミスも軽減できる

また、マークシート用紙の良い点はスキャンのミスを軽減できるところにあります。一般的な用紙を自らプリントアウトするとなると、ズレや汚れという点がネックになります。しかし専用用紙はその心配が軽減されます。低価格で信頼性も高いものを求める方は、用紙作成業者に依頼するのがオススメです。

読み取り機

読み取り機にはOMRという専用機器と、スキャナの2つに分けられます。

OMRとスキャナの違い

OMRはマークシート専用の読み取り機なのでその精度は折り紙付きです。しかし、購入するとなるとどうしても値段が高くなってしまうという点があります。

一方スキャナはOMRよりも精度は劣るものの、職場や学校で使われている一般的なもので使用できるという点で、お手軽に導入することができるでしょう。OMRはローエンドモデルでも30万円前後から、スキャナは5万円程度から購入できます。

ソフト・システム

ここでいうソフトは専用読み取り機に付随する専用ソフトではなく、一般的なパソコン、複合機、スキャナなどを用いて、マークシートを実施可能にしてしまうシステムのこと。

ソフト・システムのメリット

専用の用紙や機器を用いることなく、普段からオフィスなどで使用している機器で、マークシートの作成、プリントアウト、スキャニング、集計ができるという点で注目されています。手軽にサクッと自分オリジナルのマークシートを作成・集計したいという方は導入を検討してみてはいかがでしょう?

無料ソフトは要注意

また、ネット上に無料ソフトなども出回っていますが、セキュリティの点や個人情報保護の観点から考えても、有料のものを使用することをオススメします。

業者委託

「餅は餅屋」のことわざ通り、その道の専門家に、用紙作成から集計・データ化までをすべてアウトソーシングしてしまうやり方です。

全部おまかせしたいなら業者委託

何千人規模の大きな試験やアンケートなどで、集計作業の膨大な手間暇がかかる、本業にさしつかえがある、といった場合は、委託してしまうこのやり方がよいでしょう。

マークシートを小ロットで注文するメリット

マークシートは、一般的に1,000枚以上で販売している会社がほとんど。大手企業や人員の多い施設でない限り、導入するハードルは高いでしょう。しかし、中には小ロット(100枚単位)の発注を受け付けているマークシート会社もあるんです。小ロットの相場は数千円から数万円。中小企業や人が少ない地域施設でもマークシートを導入しやすい金額です。また、ロット数が多いと保管する場所が別途必要になりますが、100枚単位ならデスクサイドに置いてもさほど邪魔になりません。

導入コストを抑えるならスキャナで読み取れる用紙を選ぼう

専用の読み取り機(OMR)が必要な用紙だと、数十万円から数百万円する専用機器を購入しなければいけません。仮に小ロットの注文で用紙代を抑えても、これでは本末転倒です。導入コストを最小限に抑えたいなら、既に所持しているスキャナで読み取れるマークシート用紙を選ぶのがベスト。スキャナをお持ちでない場合は、比較的安値で購入できるスキャナ対応の用紙を選ぶと良いでしょう。

Remark

Remarkは、低コストで導入・運用ができます。 2,400件以上の導入実績があり、全国の教育機関や研究機関などで使用されているOMRソフトです。従来のマークシート読み取りとは異なり、読み取り専用機・専用紙が不要。 操作も簡単で利用者からも使いやすいと好評です。 機能面も充実しており、集計・分析機能が豊富なことも特徴となっています。 Excelの出力のみで「詳細項目分析レポート」や「生徒統計レポート」などの統計データを確認できます。

まるごと君21

まるごと君21は、読み取り設定の自由度の高さ、さまざまなカスタマイズができることが特徴。 マークシートの読み取りには特別な知識は必要なく、ボタンを操作するだけといった手軽さが好評です。 エラー対応もスムーズで、作業効率を高めたい方にも好評。 ソフトのカスタマイズも要望に合わせて行うことができます。 マークシートのレイアウトやバーコードセンサオプションなど、購入者の希望に合わせたカスタマイズを実現しています。

マークシート読取君4

マークシート読取君4は、マークシート読み取り専用機や専用紙が不要なので、費用をかけずに導入できます。 機能面でも特徴は多く、従来のものよりも用途が幅広いと好評です。 例えば、従来ではできなかった、2枚組や両面のマークシートの読み取りや順不同の集計にも対応。 さらに、数字はもちろん、アルファベット・カタカナまで回答が選べるので、数学の問題 やTOEIC形式の問題などにも対応できるようになりました。

マークシート・タマ

マークシート・タマは、様々なデバイスの読み取りに対応した無料のサービス。 小学校に多く導入されており、キャラクターがマークシートの読み取りをナビゲートくれます。 読み取りデータをExcelで開くことができ、メールでの共有も簡単です。 添付ファイルにパスワードの設定ができるので、セキュリティー対策も万全です。 マークシートは、株式会社新学社のホームページからダウンロードできるので費用はかからずに運用できます。

学校評価支援システム

学校評価支援システムは、慶応義塾大学SFC研究上によって開発されたシステムです。 文部科学省の事業委託を受け、教育水準の向上を目的に開発されました。 地方自治体調査集計をする教員や教育委員会の業務負担を減らすことにも成功しています。 調査結果のデータ共有も可能なので、学校が近隣の学校とデータを比較できます。 これによって相対的な分析が可能になったのです。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP