マークシート導入で効率化がアップ » 初心者のためのマークシートサービス一覧

初心者のためのマークシートサービス一覧

マークシートを利用した試験や調査を行うにあたり、どのようなサービスが利用できるのかについて、代表的な内容をご紹介していきたいと思います。

おさえておきたい、マークシートのサービスあれこれ

マークシートのサービス

ひとえにマークシートサービスといっても、用紙作成や読み取り機の販売、ソフト・システムの販売、業者委託などがあるため、自分はどのサービスを利用すればよいか分からないと思います。

まずマークシートで何がしたいのかを見定め、自分にあった業者を選ぶようにしましょう。

用紙作成

マークシートを導入するにあたって、最初に考えなくてはならないのは用紙についてです。例えばテストを作るのであれば、何問・何択式で、判型はどうするのか、片面なのか両面なのかといったことを決めます。これを業者と相談して作ってもらうというのが通常の流れなのですが、いちいち相談するのが面倒くさいと思う方もおられるかと思います。

汎用のマークシート用紙を活用しよう

しかし業者の中には、汎用品のものを用意している業者があります。わざわざ特注で作成しなくても、各メーカーの用意している汎用品の中に用途に適したものさえあれば、事足りてしまう場合があります。特注品を注文する前に、まずは汎用品の品揃えが豊富な業者を当たってみることが賢明です。

専用用紙なら読み取りミスも軽減できる

また、マークシート用紙の良い点はスキャンのミスを軽減できるところにあります。一般的な用紙を自らプリントアウトするとなると、ズレや汚れという点がネックになります。しかし専用用紙はその心配が軽減されます。低価格で信頼性も高いものを求める方は、用紙作成業者に依頼するのがオススメです。

読み取り機

読み取り機にはOMRという専用機器と、スキャナの2つに分けられます。

OMRとスキャナの違い

OMRはマークシート専用の読み取り機なのでその精度は折り紙付きです。しかし、購入するとなるとどうしても値段が高くなってしまうという点があります。

一方スキャナはOMRよりも精度は劣るものの、職場や学校で使われている一般的なもので使用できるという点で、お手軽に導入することができるでしょう。OMRはローエンドモデルでも30万円前後から、スキャナは5万円程度から購入できます。

ソフト・システム

ここでいうソフトは専用読み取り機に付随する専用ソフトではなく、一般的なパソコン、複合機、スキャナなどを用いて、マークシートを実施可能にしてしまうシステムのこと。

ソフト・システムのメリット

専用の用紙や機器を用いることなく、普段からオフィスなどで使用している機器で、マークシートの作成、プリントアウト、スキャニング、集計ができるという点で注目されています。手軽にサクッと自分オリジナルのマークシートを作成・集計したいという方は導入を検討してみてはいかがでしょう?

無料ソフトは要注意

また、ネット上に無料ソフトなども出回っていますが、セキュリティの点や個人情報保護の観点から考えても、有料のものを使用することをオススメします。

業者委託

「餅は餅屋」のことわざ通り、その道の専門家に、用紙作成から集計・データ化までをすべてアウトソーシングしてしまうやり方です。

全部おまかせしたいなら業者委託

何千人規模の大きな試験やアンケートなどで、集計作業の膨大な手間暇がかかる、本業にさしつかえがある、といった場合は、委託してしまうこのやり方がよいでしょう。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
PAGE TOP