マークシート導入で効率化がアップ » 値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械 » SEKONIC SR-6000

SEKONIC SR-6000

マークシート読取専用のOMR「SEKONIC SR-6000」について調査しました。人気を集めている理由や本体のスペック、実際に導入した人の声などをまとめてご紹介しています。

SR-6000の特徴

1時間あたり6000枚のマークシートを99.99%の精度で読取

SR-6000は、その名の通り6000枚のマークシートを1時間で読み取れるOMRとして開発されました。1回につき500枚のマークシートをセットでき、1分間あたり最大100枚のマークシートを高速で読み取ってくれます(※片面印刷・A4サイズのマークシートをUSBに接続して読み取る場合)。試験会場で利用すれば大量のテストをすぐに採点でき、企業で導入すれば社内アンケートの集計にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。

また、SR-6000はセレクトスタッカというオプション機能も利用可能。読み取ったマークシートの出口を2つにわけ、読み取りエラーとなったシートを分別排紙できる機能です。紙詰まりや読み取り漏れなどの問題を防げるため、さらに採点・集計が効率的になります。

カスタマイズしやすい充実のオプション機能

SR-6000はオプションメニューも充実しています。例えば、両面印刷タイプのマークシート(片面につき90問まで)を読み取れる機能、マーク欄と合わせて管理番号や学籍番号のバーコードを読み取る機能、ボールペンで記入したマーク欄を読み取る機能など。マークシート導入の目的に合わせ、利用したい機能だけを選んでカスタマイズできます。

幅広いサイズ・材質のマークシートに対応

SR-6000は、カード・葉書・B5・A4・9インチサイズに対応しています。マーク欄は、1シートあたり最大80個、48行まで読み取り可能です。読み取れるマーク欄の数が多いため、資格検定や模擬試験などに利用しやすいでしょう。

紙質に関しては、OCR紙(JIS X9004)と上質紙(JIS P3101)のほか、環境に優しい再生OCR紙(古紙50%含有)も対象となっています。

SR-6000のスペック

読取速度 A4サイズの場合
片面:100枚/分
1回あたりの原稿搭載容量 A4サイズ(連量90kg紙)の場合:500枚
対象のマークシート OCR紙:JIS X9004
上質紙:JIS P3101
再生OCR紙:古紙50%配合
本体サイズ 幅:365mm、奥行:575mm、高さ:227mm
重量 約17kg
(※オプション搭載後は36kg)
販売価格 オープン価格

SR-6000に関する口コミ

読取・処理が速いから気持ちよく仕事できます

電子計算課にて利用しています。以前から使用していた同シリーズのSR-2300と比べて、かなり読み取り速度が速いです。処理も格段に速くなっていて、面倒な作業があっという間に終わります。

試験の採点・集計作業を効率化できました

試験会場の採点・集計で重宝しています。以前はSR-3500を利用していましたが、こちらのほうが処理が速いと聞いて乗り換えました。導入してからは時間が余るようになって、ダブルチェックする余裕ができています。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP