マークシート導入で効率化がアップ » 値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械 » SEKONIC SR-430

SEKONIC SR-430

マークシート読み取り専用のコンパクトサイズOMR「SEKONIC SR-430」について調査しました。おすすめポイントやOMRのスペック、料金や口コミなどの情報をまとめています。

SR-430の特徴

1分間につき最大100枚のシートを読み取り可能

SR-430は、1分間あたり最大100枚のマークシートを読み取り、そのデータを高速処理してパソコンへ転送してくれる高性能機器です。SEKONICの公式サイトの情報によれば、読み取り精度はなんと99.99%。1回につき200枚のマークシートをセットできるため、複数回にわけて何度もマークシートをセットする必要はありません。ただし、片面読み取り専用なので、両面印刷のマークシートを読み取る場合は、片面を読み取った後にもう一度セットし直す必要があります。

カード・ハガキ専用モデルならではのコンパクトサイズ

SR-430は小さなマークシート専用につくられたOMRで、本体サイズもコンパクトなのが特徴です。幅は22.2cm、高さは17.1cm、奥行は36cmとなっており、デスク横に置いてもさほど邪魔になりません。

ちなみに、読み取れるマークシートのサイズやマーク欄の数に制限があります。マークシートのサイズは縦150~304.8mm、幅82.55~110.0mm。マーク欄は最大140個、行数は15行までです。A4以上のマークシートが使用されることが多いテストの読み取りは不向きですが、アンケートや出席管理など、小さなサイズのマークシートを読み取る際に役立ちます。

読み取り精度を高める高性能センサ搭載

高性能な読み取りセンサがついているSR-430。鉛筆で誤って塗りつぶしたマークの消し残しがあれば、データから取り除いてくれます。導入すれば、採点・集計の速度アップはもちろん、精度も向上させられるでしょう。また、オプションをつけると、ボールペン(黒・青)で記入されたマークシートの読み取りも可能になります。互換性に優れているため、同シリーズのOMR(SR-410、SR-307、SR-305S、SR-307)を既に導入している場合、新しいソフトウェアを購入する必要はありません。カードを変えなくてもシステムをSR-430に移行できます。

SR-430のスペック

読取速度 JISカードの場合
100枚/分
マーク欄 最大80個
(※ロングカードは最大50個)
1回あたりの原稿搭載容量 JISカード(連量110kg紙)の場合:200枚
対象のマークシート OCR紙:JIS X9004
上質紙:IS P3101
本体サイズ 幅:222mm、奥行:171mm、高さ:360mm
重量 6kg
販売価格 359,100円
(※オプション付き:443,100円)

SR-430に関する口コミ

アンケート集計がラクになりました

教育委員会の者です。学校評価のアンケートを集計するのに使ってみたところ、とても重宝しています。ただし、繁忙期は各学校から大量のアンケートが届くため、1台だと集計が間に合いません。もう1台同じものを購入しようか検討中です。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP