同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械 » SEKONIC SR-6500

SEKONIC SR-6500

SEKONICから発売されているハイスペックOMRが「SR-6500」です。処理速度は、読み取りからデータ転送まで約88枚/分以上の処理が可能で、給紙容量は500枚まで搭載可能です。大学・高等学校の願書受付や入学試験、国家資格認定模擬試験、アンケート調査など幅広くお使い頂けます。ここでは、「SR-6500」のおすすめポイントやOMRのスペック、料金や口コミなどの情報をまとめています。

SR-6500の特徴

多機能な高速道路OMR

SR-6500の処理速度は、読み取りからデータ転送まで約88枚/分以上の処理が可能で、給紙容量は大容量の500枚まで搭載可能となっております。ハンドリング時間が少なく、データ出力は汎用読み取りソフト(別売)と連携することで、CSVまたはテキスト形式で出力可能。

便利な反転排紙機能

SR-6500は、マークシートの順番を変えずに排紙するとても便利な「反転排紙機能」を搭載しています。これにより、排紙されたシートを表向きにするだけで、給紙状態の順番に戻ります。反転排紙機能によって、これまでの作業時間が大幅に短縮されるだけでなく、スムーズな作業を実現します。

分別排紙機能

SR-6500には、「分別排紙機能」が搭載されています。たとえば、受験番号や学生番号などのマーク未記入箇所や複数マークのマークミスを検出してスタッカ上段へ仕分けします。これにより読み取りがスムーズになり、読み取り作業を中断することなく、作業効率が大幅に向上。これまで大変だった読み取り作業も格段に楽になります。

バーコードオプション

SR-6500には、「バーコードオプション」がついています。たとえば、予めマークシートにバーコードを印刷またはラベルを貼ることで、マークとバーコードのデータを合わせて個別IDを管理。これらの機能は、予備校や通信教育で学籍番号の桁数が多い場合や、検査センターにて検体と依頼書の紐付する際に使用します。

SR-6500のスペック

読取速度 A4シートの場合
88枚/分
マーク欄 最大80個
(※ロングカードは最大140個)
1回あたりの原稿搭載容量 500枚(連量90kg紙)
対象のマークシート OCR紙:JIS X9004
上質紙:JIS P3101
本体サイズ 幅:800mm、奥行:490mm、高さ:365mm
重量 約36kg(オプション含まず)
販売価格 オープン価格

SR-6500に関する口コミ

低価格で機能も充実

大学入試担当者です。以前は、外国製のOMRを利用していましたが同様の機能や性能で価格が2倍以上もしました。しかし、セコニックは低価格にも関わらず機能・性能も充実しているため今回切り替えました。結果としてランニングコストも削減でき、機能共に満足しています。

用紙詰まりのトラブルがありません

運転免許試験センターの担当者です。これまでのOMRでは、用紙詰まりからトラブルが発生し、作業効率が低下していました。しかし、セコニックのOMRに買い替えてからは用紙詰まり等のトラブルがなく運用も楽になりました。買い替えて良かったと思っています。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP