マークシート導入で効率化がアップ » 値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械 » FUJITSU ScanSnap iX500

FUJITSU ScanSnap iX500

マークシートを読み取れる高性能スキャナ「FUJITSU ScanSnap iX500」について調査しました。人気のポイントやスペック、対応OSや料金などの情報をまとめています。また使い勝手に関する口コミも掲載しているので、参考にしてみてください。

ScanSnap iX500の特徴

1分間で最大50面を高速読取

A4サイズ両面タイプのマークシートを利用する場合、1分あたり25枚(50面)を読み取り可能。Wi-Fiに接続している際も、変わらず安定した制度でマークシートを読み取ってくれます。また、読み取りサイズは自動検出されるシステムなので、サイズが異なるマークシートも再設定の手間なくスピーディーに読み取れます。用紙の対応サイズは210mm×280mm以内です。

マークシートを保護する機能を搭載

ScanSnap iX500は、ScanSnapシリーズのスキャナの中で初めて紙詰まりを防ぐブレーキローラーが搭載された製品です。ブレーキローラーが原稿を一枚一枚分離して、自動給紙時の紙詰まりを防いでくれます。シートは1回の読み取りにつき最大50枚搭載可能です。

デスク横においても邪魔にならないコンパクトサイズ

マークシートを読み取る高性能スキャナでありながら、幅29.2cm、奥行き15.9cm、高さ16.8cmとコンパクトなScanSnap iX500。パソコンデスクの横に置いても邪魔にならないのが大きな魅力です。重量も3kgと比較的軽いので、デスクを移動することがあっても簡単に持ち運べます。

各種デバイスからWi-Fi接続可能

ScanSnap iX500は、スマートフォンやタブレット、パソコンからWi-Fi接続できるスキャナです。各種デバイスのデータをスキャナに移動できるため、マークシート読み取り以外の用途でも幅広く活躍します。マークシートの読み取り方法は、シートを設置して[Scan]ボタンを押すだけ。以降の操作はクイックメニューにわかりやすく表示されるため、機械が苦手な方でも簡単に利用できるでしょう。

ScanSnap iX500のスペック

読取速度 A4サイズの場合
片面:25枚/分、両面:50面/分
原稿の厚さ 40~209g/m2
※A8サイズ以下は127~209g/m2
※プラスチックカードは0.76mm以下
1回あたりの原稿搭載容量 A4サイズ80g/m2の場合:50枚
スキャナタイプ 自動給紙方式 ADF(オートドキュメントフィーダー)
本体サイズ 幅:292mm、奥行:159mm、高さ:168mm
販売価格 46,440円(税込)
重量 3kg

ScanSnap iX500に関する口コミ

シートの両面をスピーディーに読み取れる性能に大満足

Windows8から利用しており、現在10を使用していますが、適宜バージョンアップがあったので問題なく利用できています。高解像度の文書をスキャンする際は少しスピードが落ちますが、カラー・グレー300dpiか白黒600dpiのA4シートならサクサクとスキャンできるので事足りています。コンパクトに収納できる点もお気に入り。両面読み取れる機能もついていて使い勝手がいいので、購入してみて良かったです。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP