同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械

値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械

マークシートを読み取る専用機械(スキャナ・OMR)の中でも、読み取れるマークシートの種類が豊富な機械を調査しました。販売価格ごとにランキング形式でご紹介します。また、スキャナとOMRの性能・コストの違い、読み取り機械の導入・ランニングコストを抑えるポイントなども解説しています。

汎用性が高いマークシート読み取り機械の値段ランキングTOP5

順位 機器名 公式HP メーカー
1位 ScanSnap
iX500
(スキャナ)
46,440円 富士通
2位 Image Scanner
fi-7030
(スキャナ)
52,920円 富士通
3位 Image Scanner
fi-7460
(スキャナ)
345,600円 富士通
4位 SR-430
(OMR)
589,680円 SEKONIC
5位 SR-6000
(OMR)
オープン価格 SEKONIC

スキャナとは?

スキャナはさまざまな用途で利用できるOA機器です。汎用性が高い、使いやすい、そして何より導入コストが安いという利点があります。OMRの半額以下の価格で購入できるケースも珍しくありません。

スキャナはもともとマークシートのために作られた機械ではないため、読み取り精度はピンキリ。しかし、最近は技術の進化によって読み取り精度が高いスキャナも登場しています。

中でも読み取れるマークシートの種類が豊富なスキャナの概要を簡単にまとめているので、比較材料としてお役立てください。

FUJITSU ScanSnap iX500

1分間につき60枚のマークシートを読み取れるスキャナです。両面読取の場合、1分間で120面のマーク欄を読み取れます。

FUJITSU Image Scanner fi-7030

1分間につき27枚のマークシートを読み取れるスキャナ。両面読取も対応しているので、1分間あたり最大54面のマークシートを読み取れます。

FUJITSU Image Scanner fi-7460

1分間につき60枚のマークシートを読み取れるスキャナです。両面読取の場合、1分間で120面のマーク欄を読み取れます。

FUJITSU ScanSnap iX1500

A4サイズの両面マークシートを1分間で30枚(60面)の読み取りが可能なOMR。マークシートが詰まるトラブルを解消したモデルです。タッチパネルの操作が簡単で、Wi-Fiでパソコンと連携可能。使い勝手がよいと口コミでも評判です。

FUJITSU Image Scanner fi-7260

1分間で60枚(120面)の読み取りスピードがあるマークシート読み取り機です。液晶パネルが付いていて、操作が楽チン。起動時間も短いので、スムーズに使えますよ。

FUJITSU Image Scanner fi-7180

1分間に80枚の読み取りスピードを持つマークシート読み取り機。読み取ったシートの裏に識別番号を印字する機能を搭載しており、書類の管理にも役立ちます。コンパクトサイズですがA3用紙にも対応。起動時間が短く、ストレスなく使えます。

FUJITSU Image Scanner fi-7600

機能性や品質が高い上に、コンパクトなサイズであることから限られたスペースに置くことができるスキャナ。紙詰まりを発生しづらくする仕組みを搭載しているので、読み取り中のトラブル対応は少なめ。安定した機能と使いやすさに定評があります。

FUJITSU Image Scanner fi-7700s

1分間あたり75枚もマークシートを読み取れるスキャナです。搭載されたセンサーを給紙状態をチェックし、紙詰まりや給紙ミスのトラブルを回避。他にもスキャナの利用者にストレスを与えないためのさまざまな機能があるので、スムーズな作業ができるでしょう。

FUJITSU Image Scanner fi-7480

カラーA4原稿を毎分60枚ペースでの読み取り速度を可能にしたスキャナです。スリープ状態からの再起動を1秒以内に短縮したことで、スムーズにスキャニングできます。また原稿の詰まりにも配慮した機能が付いているため、集計時のストレスを抑えた作業ができるでしょう。

FUJITSU Image Scanner fi-6800

スキャナドライバ「PaperStream IP」を搭載することで、高品質の画像処理ができるようになったfiシリーズ。さらにfi-6800はモノクロ・カラーの原稿を毎分130枚という高速読み取りも実現しています。備え付ける材料を少なくすることで軽量化にも成功し、使い勝手も良いと評判です。

マークシート読み取りスキャナを購入できるスキャネットの公式HPはこちら

OMRとは?

OMRとは、鉛筆で塗りつぶされたマークを光学的に読み取り、そのデータをパソコンへ転送してくれるマークシート専用機械。読み取り精度や処理スピードが非常に優れているのが魅力です。比較的コンパクトで値段が安く、汎用性が高いOMRを2つご紹介します。

SEKONIC SR-430

1分間につき100枚のマークシートを読み取れるOMRです。読取精度は99.99%。さまざまなサイズのマークシートを読み取れますが、両面読取には対応していません。

マークシート専用OMRを購入できる教育ソフトウェアの公式HPはこちら

SEKONIC SR-6000

SR-430と同様に、99.99%の精度で1分間につき100枚のマークシートを読み取れるOMRです。オプションをつければ、両面読取やバーコード読取、ボールペンで塗りつぶしたマーク欄の読取も可能になります。

マークシート読み取り機選びのポイント

読み取り機の価格はピンキリです。安ければ良い、高ければ良いというわけではなく、使用する目的に合った読み取り機を選ぶことが大切です。ハガキサイズの小さなマークシートを読み取るだけなら、邪魔にならない小型のものを選ぶのがおすすめ。アンケートや小テスト、試験など、複数の用途がある場合は読み取れるマークシートの種類が多い機械を選んだほうが良いでしょう。

もし、安い読み取り機を購入したとしても、使いたいマークシートに対応していなかった場合は、マークシート用紙か機械を買い直す出費が発生します。

マークシート選びについて

マークシート用紙の価格は販売会社によって大きく異なります。機械によってはマークシートのサイズに対応していないものもあります。

ソフトウェア選びについて

ソフトウェアの価格はピンキリです。無料で利用できるソフトウェアもあれば、数十万円かかるソフトウェアもあります。使用目的に合った機能のソフトウェアをピックアップして、その中から安いものを選ぶことが機械の導入コストを抑えるポイントです。

また、ソフトウェアの中には、パソコン1台につき1ライセンスという制限があるものも存在します。複数台のパソコンでOMRを使用したい人は、ソフトウェアを何本購入する必要があるか事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、ライセンスは有効期限がある場合もあります。試験的に読み取り機を導入する場合は、ライセンスの有効期限が短いものでも問題ないでしょう。ただし、長期的に読み取り機を使用する予定なら高くついてしまうので要注意。長い目で見てコストパフォーマンスの良いソフトウェアを選ぶことをおすすめします。

パソコンの確認について

手持ちのパソコンがソフトウェアに対応していない古いモデルだった場合、パソコンを買い直す必要があります。読み取り機とソフトウェアを選ぶ際は、パソコンを買い直す必要性も確認したうえで総合的な予算を見積もりましょう。

マークシート読み取り機の導入コストを抑えるポイント

読み取り機の価格を左右するのは以下のポイントです。

上記のポイントを踏まえ、マークシートの使用目的に合った性能の読み取り機械を選びましょう。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP