マークシート導入で効率化がアップ » マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社? » メディアドライブ

メディアドライブ

本ページでは、マークシートにも対応するソリューション会社、メディアドライブの特徴や対応範囲、扱うマークシートの魅力などをまとめています。

メディアドライブ_キャプチャ画像
引用元:メディアドライブ公式HP(http://mediadrive.jp/)

メディアドライブの対応範囲は?

まずは、メディアドライブという会社の、マークシート業務の対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング
× × ×

メディアドライブは、ITソリューションを提供する会社であるため、対応範囲はソフトのみになっています。用紙作成や読み取り機の販売などは行なわず、また読み取り作業のアウトソーシングなども行なっていません。

「マークシートOMRソリューション」の中で、自社内にマークシートシステムを構築したい依頼者に向け、マークシートのソフト・システムを供給しています。

マークシート以外にも、近年需要が高まっている社内の名刺管理システムや、紙の書類をテキストデータ化するOCRサービス、音声データをテキストデータ化するサービスなどを提供しているのが特徴。

メディアドライブの費用の目安は?

シートの読み込み、文字認識、データ出力を行なえる「WinReader Hand S v.6.0」というソフトの価格が、300,000円

年間保守サービスは、別途60,000円(税抜)が必要になります。

手書き文字にも対応でき、自由なレイアウトが可能

メディアドライブのソフトは、スキャナや複合機、パソコンやプリンターといった既存のOA機器でマークシートを管理可能。もちろん用紙もマークシート専用品を用意する必要はなく、一般的なプリント用紙に印刷したものが使えます。

大きな特色としては、塗りつぶしマークだけではなく、手書き文字などにも対応している点。専門学校や旅行会社で実際に利用されていて、好評を博しています。

手書き文字にも対応!メディアドライブのOCRソフトを紹介

OCRとは印刷された文字を読み取り、文字認識したのちデジタル化する技術のことをいいます。

メディアドライブが提供しているOCRソフトウェアは、さまざまな場面でOCRシステムを導入し活用されています。

帳票OCRソフト Form OCR v.7.0

業界最高水準の文字認識率を誇り、活字だけでなく手書き文字にも対応。高精度な認識エンジンが搭載されています。この技術はOCR専門メーカーならではといってもよいでしょう。漢字、英字、数字、カタカナ、記号、ひらがなと全文字種の認識が可能です。業務で作成された大量の帳票をスキャナで読み取り、OCR処理、帳票画像をテキストデータに変換することができます。

【おすすめの場面・導入事例】

操作も簡単なため、基本的にはどんな場面でも利用できます。

病院や教育機関での事務、人事給与管理、顧客管理、販売管理などのビジネスシーンで多く導入されています。

ほかにも、入学願書受付、健康診断結果、免許証認識などの個人情報を扱う場面でも活用されています。

解答用紙やアンケートなどの集計を必要とする業務に導入すれば、作業者の負担を軽減することができます。

帳票OCRソフト WinReader PRO v.15.0

高性能な業務用活字文書OCRソフトウェアで、文書や書籍の電子化をバックアップするのが主な使用用途とされています。

ビジネスシーンでは膨大な量の帳票や文書が生産され、オフィス内には新旧の紙媒体が入り混じっているということも珍しくありません。そんなときにこのソフトウェアを活用すれば、大量の文書を効率的に電子化することができます。

【おすすめの場面・導入事例】

専門書、学術書、マニュアル、業績表などビジネスで用いる参考文献などを紙媒体ではなく電子化することで管理、共有がしやすくなります。社内の人数が多いオフィスの労働環境改善、情報共有に役立ちます。

また、教科書や問題集、新聞記事などの電子化により、通信教育などでも導入することが可能です。

膨大化しやすい契約書、営業報告書、議事録、定款、組合員名簿、規約など、紙媒体として必要のないドキュメントを管理するのにも便利です。

2ヵ国語(日本語/英語)対応活字OCRソフト e.Typist One

複合機を含むスキャナ、スマートフォン、デジタルカメラなどで取得した画像データをもとに、テキストデータ化するための活字文書OCRソフトです。

e.Typistシリーズは1995年に発売されて以来、改良が続けられ、シリーズ累計出荷300万本以上という実績や信頼を持っています。

スポット利用に特化したソフトウェアのため、最短で30日間(税別500円)から利用でき、初期費用を抑えられます。

【おすすめの場面・導入事例】

パソコン2台分のライセンスが付属するため、このソフトを一度購入すれば「オフィスのデスクトップ」「自宅のノート」と、異なった場面で使用することが可能です。

オフィスや自宅に溜まった紙媒体を処分したい、データ化して保管しておきたいというときに便利です。

まずはOCRシステムを試してみたい、特定の書類や資料、書籍だけをデータ化したいというときに導入するのをおすすめします。

基本DATA

会社名 メディアドライブ株式会社
住所 東京都中央区新富2-3-4 NJKビル
設立 1991年
マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP