マークシート導入で効率化がアップ » 料金が安い?格安?おすすめマークシート会社はどこか? » 教育ソフトウェア

教育ソフトウェア

本ページでは、マークシート会社・教育ソフトウェアの対応範囲、OMRにこだわる理由や、目安の費用をまとめています。

教育ソフトウェア_キャプチャ画像
引用元:教育ソフトウェア公式HP(http://www.kyoikusw.co.jp/)

教育ソフトウェアの対応範囲と実績は?

まずは、教育ソフトウェアというマークシート会社の対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング

教育ソフトウェアは上記の通り、マークシートに関連する業務をひと通り対応しています。完全に外注委託をしたい場合や、自社内に読み取りシステムを構築したい場合にも、対応してくれる会社です。
社名の通り、教育機関における採点や集計サービス、各種ソリューションの提供などに、強みを発揮しています。

ホームページ上の導入実績においては、有名国立大学・私立大学を筆頭に、高等学校から小中学校までがズラリと列挙されています。しかし、教育機関専業という訳ではなく、官公庁や社団法人・財団法人、学会、医療機関、さらには知名度の高い大手企業を含む、一般法人まで対応しているのです。実績という面においては、信頼度は高いです。

教育ソフトウェアの費用の目安は?

ここで、教育ソフトウェアにアウトソーシングする際の目安の費用をご紹介します。

A4判・50問(5択式)・用紙1,000枚という条件の場合

20,000円+約80,000円=約100,000円※用紙代+読込・集計代

あくまでも目安ではありますが、費用に関しては事前にしっかりと検討しておいた方がよいでしょう。

最安値のマークシート会社は?教育ソフトウェアの順位をチェック>>

教育ソフトウェアの根底にあるOMRへのこだわり

名だたる大学や、大手企業から支持されている理由として推察できる理由は、ずばり、読み取り機にOMRを使用するこだわりを貫いている点です。

読み取り精度はバツグン

OMRのメリットは、なんといっても読み取り精度の高さ。マークシート上に紛れているゴミをマークだと誤認することはなく、薄い塗りつぶしが認識されないといったことも、かなり少ないです。

そのため、教育ソフトウェアではOMRを導入しているようです。扱っているマークシート用紙も、汎用タイプ、特注品ともに、OMRでの読み取りを前提としたものとなっています。用紙だけを同社から調達し、スキャナや複合機などを用いて読み取る場合には、不具合が出る可能性もありますので、注意が必要です。なお、用紙の納品は概ね2~3営業日とのこと。

大学や官公庁などの実績がある

こういった観点から、教育ソフトウェアは、絶対に間違いが起こってはならない大学や医療機関、官公庁や社団法人・財団法人といった、大きな組織から支持されているのでしょう。

ちなみに、教育ソフトウェアのシステムを自社内に導入する場合、OMRの購入費などでどうしてもコストが高くなってしまいます。OMRは、ローエンドモデルでも30万円程度、100万円を超えるものも珍しくありません。

マークシートによる試験や調査を実践する頻度にもよりますが、自社内にシステムを導入するよりも「アウトソーシングしてしまう方がお得」なのです。

マークシート+記述式のテスト採点も効率化!教育ソフトウェアのデジタル採点システム

高精度なOMRにこだわった、教育ソフトウェアのよさを知ってもらうために、教育ソフトウェアの「デジタル採点システム」についてご紹介します。

デジタル採点システムとは

デジタル採点システムとは、教育ソフトウェアが提供するサービスの一つです。マークシート形式の採点、並びに記述式テストの採点にも対応しており

のどちらかを選んで利用することができます。

合格証の発行をしてくれるほか、試験の管理運営をどこまでアウトソーシングするかを相談して決めることができるため、柔軟な活用が可能です。

単発で学内の試験や調査を行うなら、アウトソーシングのほうが圧倒的に安いコストで利用できます。今後、定期的にマークシート形式のテストを利用するなら、思い切ってOMRとソフトウェアを導入してしまうのも長い目で見ればお得です。

デジタル採点システムの時代がやってきた

現代において、マークシート形式のテストは増えています。とくに、大学入試のセンター試験と、各種の資格試験においては、マークシートが必須です。

マークシート形式の試験を突破するためには、生徒の学力だけでなく、マークシートへの慣れも必要になります。在学中にマークシート形式の試験を受ける機会を与え、試験の形式による点の取りこぼしや、記入ミスを防ぐための対策をしておけば、進学率や資格取得率を向上させることもできるでしょう。

全国300以上の教育機関に導入されている圧倒的な実績

実際、教育ソフトウェアのデジタル採点システムは、全国300校以上の教育機関ですでに導入されています。

なぜデジタル採点システムをおすすめするのか

デジタル採点システムを利用すれば、テストの採点時間を短縮し、採点ミスや誤差を未然に防ぐことが可能です。また、採点結果は自動で集計され、分析もできます。日々の業務を楽にするだけでなく、生徒の苦手分野を把握して細やかな指導もできるようになるのです。

学校の教職員がブラックな職業だと言われるようになった現代、日々大量の仕事を抱える教職員の負担を軽減することができれば、生徒たちへの生活指導や部活動の指導をする余裕ができます。時間的な余裕ができることで、教職員の私生活も充実し、モチベーションの向上を望むこともできるでしょう。

メリット1.採点時間を圧縮できる

従来、手作業で数時間かけて行っていたテストの採点が、数十分待っているだけで終わります。完全記述式のテストの場合も、生徒の名前やクラスをマークシートにしておけば、テスト用紙を管理する手間を圧縮できるのです。

メリット2.テストの採点ミスがなくなる

教育ソフトウェアでは、高性能なOMRを利用してマークシートの読み取りを行います。その精度は、なんと、99.99パーセント。記入さえきちんと行われていれば、手作業で採点する場合に起きうる採点ミスの心配もありません。

また、複数の生徒の回答をまとめて、一覧で採点することができるため、採点の最初と最後で部分点の配点が変わっている、といった誤差をなくすこともできます。

メリット3.生徒がマークシート形式に慣れる

マークシート形式の試験に慣れれば、生徒が記入欄を一段間違ったり、必要事項の記入忘れをするミスも減っていくでしょう。マークシートを素早く塗りつぶすコツなども、実践することで身につきます。

メリット4.自動で生徒の採点結果を集計できる

採点結果は自動的に集計され、どの生徒がどの問題を不得意としているか、簡単に知ることができるのです。過去のデータをもとに、さらに効果的な指導を実施できます。

採点の効率化と生徒の実力向上のために、まずはアウトソーシングで一度デジタル採点システムを利用し、どれだけ役に立つかを実感してみるとよいでしょう。

基本DATA

会社名 株式会社 教育ソフトウェア
住所 東京都八王子市横山町10-2 八王子SIAビル
設立 1991年
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP