同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社? » データビジネスサプライ

データビジネスサプライ

物流センターやコールセンターの提供、チラシなどの印刷、バーコードに関するソリューションなどを幅広く展開するデータビジネスサプライ。この記事では、データビジネスサプライが提供するマークシート用紙印刷サービスについてご紹介します。

データビジネスサプライ_キャプチャ画像
引用元:データビジネスサプライ公式HP(http://www.dbs.co.jp/)

データビジネスサプライの対応範囲をチェック

まずは、データビジネスサプライが提供しているマークシート業務の対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング
×

データビジネスサプライが提供するのは、マークシート用紙の印刷サービスです。オリジナルのマークシート用紙を、リーズナブルな価格で作成することができます。また、マークシート読み取りのための読み取り機、およびソフトウェアの取り扱いも行っています。

データビジネスサプライの費用の目安は?

データビジネスサプライで作成するマークシート用紙の費用は、用紙のサイズと発注枚数により変わってきます。JISサイズ、JISロングサイズ、およびA4サイズでの、枚数ごとの価格は以下の通りとなっています。

JISサイズ(83×188mm)

数量 単価(税別) 合計(税別)
5,000枚 6.4円 32,000円
10,000枚 4.4円 44,000円
20,000枚 3.4円 68,000円

※データ作成料(初回のみ)7,000円

JISロングサイズ(295×83mm)

数量 単価(税別) 合計(税別)
5,000枚 10.3円 51,500円
10,000枚 7.0円 70,000円
20,000枚 5.4円 108,000円

※データ作成料(初回のみ)8,000円

A4サイズ(210×297mm)

数量 単価(税別) 合計(税別)
5,000枚 11.5円 57,500円
10,000枚 9.5円 95,000円
20,000枚 7.0円 140,000円

※データ作成料(初回のみ)12,000円

オリジナルの用紙により誤記入を防止できる

マークシート用紙をオリジナルで作成することのメリットは、誤記入を防止できることです。汎用のマークシート用紙を使用した場合には、

など、表記が異なる欄があったり、使用しない欄があったりすることがあり、誤記入が発生する可能性があります。オリジナルの用紙を作成することにより、それらの誤記入を防止し、採点や集計を正確に行うことが可能となります。

用紙を変更すればコストダウンも可能

マークシートの用紙には、一般に、OCR用紙(光学式文字読み取り専用紙)が使用されます。しかし、近年では、マークシート読み取り機は、より薄い上質紙にも対応できるようになっています。したがって、用紙をOCR用紙から上質紙に変更することにより、コストダウンも可能です。

発注の流れ

データビジネスサプライにマークシート用紙を発注する際の流れは、以下のようになります。

STEP1.データビジネスサプライに問い合わせをする

最初に、データビジネスサプライに、公式ホームページのお問合せフォームまたは電話で問い合わせをします。その際、現在使用しているマークシート読み取り機の型番、ソフトウェアの名称、マークシート用紙の型番などを添えておけば、あとの流れがスムーズになるでしょう。

STEP2.見積作成~発注

問い合わせをすると、データビジネスサプライから折り返し連絡がきますので、そこで詳しい発注内容を打ち合わせます。それにもとづき、データビジネスサプライが見積書を作成。見積書が納得できるものならば発注を行います。

STEP3.読み込みテストカードの納品

データビジネスサプライでは、正式なマークシート用紙の納品に先立って、「読み込みテストカード」を納品します。読み込みテストカードにより、保有しているマークシート読み取り機で用紙をうまく読み取ることができるかどうかをテストできます。

読み込みテストカードは、発注してから5~10日で納品されます。

STEP4.読み込みテスト~マークシート用紙納品

テストの結果が良好なら、マークシート用紙を正式に発注します。発注してから10~14日程度で、正式なマークシート用紙が納品されます。

読み取り機やソフトウェアも取り扱い

データビジネスサプライでは、マークシート用紙だけではなく、マークシートの読み取り機や読み取りソフトウェアも取り扱いをしています。これらの読み取り機や読み取りソフトウェアなら、データビジネスサプライで作成するマークシート用紙は問題なく使用できます。

取り扱いをしているマークシート読み取り機および読み取りソフトウェアは以下の通りとなっています。

基本DATA

会社名 株式会社データビジネスサプライ
住所 東京都渋谷区代々木3-28-6 いちご西参道ビル別館
設立 昭和51年9月1日
マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP