マークシート導入で効率化がアップ » 料金が安い?格安?おすすめマークシート会社はどこか? » 同和ビジネスフォーム

同和ビジネスフォーム

本ページでは、マークシートにも対応している同和ビジネスフォームの、サポート対応範囲や強み、会社概要などをまとめています。

同和ビジネスフォーム_キャプチャ画像
引用元:同和ビジネスフォーム(http://www.dbf.co.jp/)

同和ビジネスフォームの対応範囲をチェック

まずは、同和ビジネスフォームという会社の、マークシート業務の対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング

(ソフトとセット販売のみ)
×

同和ビジネスフォームはマークシートの用紙作成から集計作業のアウトソーシングまで、ワンストップで対応している会社になります。またOMR機器の販売も手がけており、自社内にマークシートの読み取りシステムを構築したいという場合にも対応。

創業は1962年。カタログやパンフレット、各種ビジネス用フォームなど、商業印刷で業績を伸ばす傍ら、早い時期からIT化時代の到来を見据え、OA化に即したサービスも実施してきました。最近ではデータ集計サービスにも、守備範囲を広げています。

同和ビジネスフォームの費用の目安は?

公式サイトを確認したところ、料金の記載はありませんでした。

マークシート用紙の既製品は特に用意されておらず、個々の要望に応じて制作・印刷する方式をとっているようです。A4片面で100問(10択)以上のレイアウトがつくれます。

最安値のマークシート作成会社をチェックする>>

サービス範囲が広いからこその、高い対応力

さまざまなサービスを展開してきた強みを活かし、印刷のノウハウをマークシート用紙の印刷に、データ集計のノウハウをマークシート読み取りと集計に反映しているのだそうです。配送部門もあるので、アンケート用紙の配送、回収に利用することも。

マークシートは、大学や公務員、運転免許、採用試験、SPI、さらには各種アンケートや選挙集計などに、活用できます。集計に関しても、OMRによる読み込みで、エクセルやテキストファイル、グラフ化といったデータ化が可能です。

基本DATA

会社名 同和ビジネスフォーム株式会社
住所 東京都台東区雷門1-16-4
設立 1962年

 

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP