マークシート導入で効率化がアップ » マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社? » AltPaper

AltPaper

本ページでは、マークシートのソフト・システムを提供しているAltPaperの特徴や、多くの企業から支持される理由、対応範囲などをご紹介していきます。

AltPaper_キャプチャ画像
引用元:AltPaper公式HP(http://www.altpaper.net/)

マークシートのソフトを提供する、AltPaperの業務

まずは、AltPaperという会社の、マークシート業務の対応範囲を見ていきましょう。

用紙作成 読み取り機 ソフト アウトソーシング
× ×

AltPaperという会社はマークシートの用紙作成や読み取り機を販売する会社ではなく、ずばり、マークシートのソフト・システムを提供・販売している会社になります。マークシートの専用用紙を用いることなく、一般的なプリント用紙にマークシート用のフォーマットを印刷して使用可能に。

読み取りも、オフィスで使用しているスキャナや複合機で行えるようにするというソフト・システムが売りです。

AltPaperの費用の目安は?

A4判/50問(5択式)の用紙1,000枚の場合

80,000円※集計代+一般的なプリント用紙代

算出方法は「4円(1ページあたりの固定費用)+{0.3円×選択肢数×問題数}×枚数」です。

ソフト・システム自体は無料で使用でき、集計するごとに、用紙1枚につき以下の料金がかかる仕組みです。

プラス、一般的なプリント用紙代や、プリンターのトナーやインク代などがかかります。専用用紙やOMRも不要という、魅力的なソフト・システムである反面、集計ごとにコストが発生するという点は、しっかり踏まえておきましょう。

500以上の企業に支持される、読み取り技術の高さ

このソフト・システムを開発したAltPaper(株式会社 情報基盤開発)は、東大学生によるベンチャーが母体。先進的な技術を活用することで、どんな紙に書かれた内容でも正確に読み取る機能を実現し、より安価にマークシートシステムを実現しました。

導入会社は500社以上

そしてその技術の高さは、導入社数500社以上という数字が物語っています。彼らの母校である東京大学や、大手飲料メーカー、大手デベロッパー、大手旅行会社なども導入。費用も集計日数も大幅に削減したことが大きな魅力となっています。

本採用の前にお試し版がダウンロードできるようになっており、こうした点も自信のあらわれなのでしょう。また、システムの導入に加え、集計作業の委託も可能です。

 AltPaperの評判

「株主のアンケートに利用しています。情報は鮮度が命なので、結果をすぐに反映できるAltPaperには満足しています」

「旅館の顧客満足度調査で使っているのですが、一日何十枚も、人力で集計するのが大変だったのですが、AltPaperを知り助かっています。どこに問題があるのかも一目瞭然なので、改善点に役立っています」

基本DATA

会社名 AltPaper(株式会社 情報基盤開発)
住所 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学アントレプレナープラザ4F
創業 2004年

顧客満足度や授業の方針を調べるAltPaperの「有意差検定」

AltPaperが提供する分析技術「有意差検定」は、数値が異なる2種類のデータを比較して、何らかのアクションによる結果なのか否かを知ることができる分析手法です。たとえば、ダイレクトメールを配信した後に売上に変化があったとき、ダイレクトメールを送ったことが結果に直結しているのか、それとも偶然の事象であるかを分析することができます。

他には、電話営業を女性社員に任せた場合と男性社員に任せた場合、どちらがより通話時間が長く売上達成度が高いかといった分析や、問題をたくさん解かせる授業と、解説中心の授業においての生徒の満足度の高さ、といった分析も可能です。

AltPaper「効果量の計算」の機能でピンポイントな人材募集ができる

効果量の計算では、回答がさまざまに異なるデータをひとつの質問の答えとして比較するための分析手法です。たとえば、「社員にはどういう条件や性格をもった人が多いか」といった質問に対する答えを見つけることができます。社員にアンケートを取り、趣味の種類や運動時間、年齢といった異なる集計結果が得られた場合にも、「管理職は○○な傾向の人が多い」「営業職は趣味が○○な人が多い」といった発見ができるのです。

効果量の計算を利用すれば、自社に合った性質や性格を持つ社員に向けた求人募集を行うことができます。これによって雇用のミスマッチも減るでしょう。

データAとBの関連性を調べるAltPaperの「相関分析」で詳細な販売促進対策

相関分析をすれば、データごとの関係性の強さを調べることができます。たとえば「顧客が店舗に来る回数と店舗で使う金額には関係性があるのか」「アンケートで質問Aにこう答えた人は、質問Bにこう答えるのではないか」といったことを分析します。

データの結果に関連性があることがわかれば、売上を伸ばすための手段としてあらゆる対策を考案することができます。顧客の来店頻度を増やせばよいならば、気軽に来店してくれるように宣伝や広告を行おう、といった改善策につながるわけです。

ピンポイントに改善点を明確にするAltPaperの「CSポートフォリオ分析」

CSポートフォリオ分析は、複数ある項目のなかから最も重要な項目を突き止めることができる分析手法です。具体的には、接客や商品の質、値段、といったアンケートの結果によって得られた各項目のなかで、顧客満足度を上げたい場合には対策をとるべき優先項目が判明していればピンポイントな対処で結果につながるわけです。

生徒に好まれる授業をするための改善点などを考える場合にも役立つ分析方法です。

集めたデータから特定の法則や条件を見つけるAltPaperの「決定木分析」

マークシートで集めたデータのなかから、一定の条件や法則を見つられる「決定木分析」は、たとえば他と比べて売上が急落する日の共通点や、反対に売上が伸びる日の共通点を分析することができます。

AltPaperで分析結果の誤差を調べることができる「信頼区間の推定」

マークシートの回答への誤差を知りたい場合にも分析をすることができます。一般的には、調査の規模が小さければ小さいほど誤差は大きくなります。50メートル走の全国平均タイムを調べる場合、国体で優勝したチームだけの平均値を調べた場合と、1万人の記録を取って平均を出した場合とでは、計算式が合っていても計算結果に大きな違いが出ますよね。

「信頼区間の推定」の分析によれば、調査規模による誤差の想定ができます。調査数が少なくても、結果が誤差の範囲内であればデータの信頼性が高いと判断することができるのです。

Altpaperの導入事例

実際にAltpaperを導入した企業の事例を3つまとめました。Altpaperを利用した理由や使った感想、また良かった点などをもとに特徴を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

らでぃっしゅぼーや株式会社の事例

Altpaperを利用しようと思った理由

らでぃっしゅぼーやは、新鮮な野菜や無添加の食材をご家庭に届けるサービスを行なっています。宅配は専門の代理店にお願いしており、活動については、営業の売上げや成績といった数字だけの情報でしか知ることができませんでした。

そのため「お客さんは当社のサービスをどう思っているのだろうか」、と声を聞く必要性があると感じていたんです。何か良い解決方法がないかと調べていたときに、Altpaperの存在を知りました。

製品の説明を読んだところ「これは便利そうだ」ということで、試しにクルー満足度の調査に使ってみようと思ったのがきっかけです。

Altpaperを使ってみての感想

Altpaperを導入した結果、お客さんの声を知ることができましたし、それによって社員一人ひとりのモチベーションも上がりました。満足度の調査結果をクルーに伝えたところ、やる気が出て改善して次につなげようと意欲がわき、より質の高いサービスをしようと意識してもらえるようになりました。

当社では、Altpaper をセルフサービスで利用しています。新規顧客のフォローアップのヒアリングに使っており、一日に15分程度の作業で済ませられるのでとてもラクです。各営業所で手入力させると時間がかかってしまうのでコストもだいぶ変わってきます。柔軟性を持っているので、広がりのあるデータ管理が行なえるのはとてもありがたいです。

また、場合によってはフルサービスも利用しています。短期間で発生する満足度調査は一度にたくさん返ってくるので、そういう場合は情報基盤開発さんに依頼しています。

AltPaperの導入が、PDCAサイクルを回せるきっかけになったので、今後、さらなる読み取り精度のアップに期待していきます。

株式会社ジェイティービーの事例

Altpaperを利用しようと思った理由

ジェイティービーでは、お客様情報の電子カルテとアンケートデータが連携するようにしています。以前、ご利用いただいたお客様が来店したとき、電子カルテの検索から過去のアンケート結果を探し、サービスに「満足いただけたのか」それとも「満足していただけなかったのか」お客様のご意見を把握することで、旅行の提案に活用しています。

そのため、お客様に合わせた旅行登録コードをアンケートに印字する必要がありました。Altpaperを導入する前は、厚紙の専用紙にアンケートを印刷。各店舗に配り、その紙を特殊印刷機にセットして印字するなど、コストが掛かっていました。

各営業所にある約2800台の印刷機はほとんど使われず、メンテナンス費用もあるため、撤去したいと考えていました。ですが、専用のアンケート用紙にコードを印字したい目的がありましたので、どうするか考えていたところ、Altpaperを見つけたのです。

Altpaperを使ってみての感想

Altpaperを導入してから、アンケートの入力や集計のインフラの導入に大変満足しています。Altpaperの魅力は、自動読み取りができる点に加え、普通紙に普通のプリンターから印刷もできることです。専用紙や特殊印刷機が不要なのはとても助かります。

また、お客様情報の電子カルテから印刷ボタンを押すだけで、普段使っているプリンターからお客様の情報が印刷されたアンケート用紙が印刷できるようになりました。約2800台あった特殊印刷機の更新費用や維持費用を出す必要がなくなり、年間数千万円のコスト削減につながりました。

他にも、紙アンケートだけでなくWEBや携帯からもアンケートを統合してワンストップで運用することができるのは良いですね。利便性が高まるので、期待しています。

アンケートは、コミュニケーションとして重要なツールなので、今後のAltpaperのさらなる飛躍に期待しています。

株式会社インターサイエンス社の事例

Altpaperを利用しようと思った理由

情報基盤開発さんと出会ったのは2007年の展示会。企業展示でAltpaperを紹介されていたのを見て、「これだ!」と直感しました。

最近では、プロモーションツールの多くがデジタル化へと進み、クライアントへの提案も多種多様になってきました。展示会で紙からデータへと変換するAltpapeのツールを見て、興味を持ちました。

Altpaperを使ってみての感想

情報基盤開発さんがすべての作業を全力で取り組んでくださっているおかげで、アンケートの集計や分析も安心してお任せできると感じました。

また、大規模なハガキアンケートを全国の病院を対象に実施したところ、迅速に結果を集計してくださり、クライアントからお褒めの言葉もいただきました。従来のアナログな調査とは違い、コスパが比較的良心なのも助かっています。

これまで、紙アンケートは調査会社に依頼して集計してもらうことが多かったのですが、時間とコストがかかってしまうことで高品質が望めませんでした。

情報基盤開発さんのAltpaperと出会えたことで、アンケート調査の業務フローが円滑にまわり、これまで見過ごされていた案件やアイディアが続々と生まれています。

マークシートの用紙作成から依頼したいなら…

Altpaperを導入した企業の声を聞いたところ、「コストが下がった」との声がありました。しかしAltpaperは、マークシートの用紙が作成できないデメリットがあります。用紙作成から依頼したいのであれば、他の会社も調べてみるといいでしょう。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
PAGE TOP