マークシート導入で効率化がアップ » はじめてのマークシート導入Q&A » 今マークシートへ切り替えるメリットは?

今マークシートへ切り替えるメリットは?

大学入試テストが2020年から大きく変更となります。それに伴って大学入試対策を行っている高校や塾ではマークシートを導入したり、逆に廃棄を検討したりと、対策を切り替える場面に当たるでしょう。

ここでは、大学入試がどのように変わっていくのかという解説に合わせて、マークシート問題の作成や読み取りを行うサービスを導入すべきかどうかを考察してみました。

大学入試の変更点

大学入試はマークシート中心のセンター試験から、一部記述ありの「大学入学共通テスト」という形に変わります。マークシート中心であることは変わりませんが、マークシートの問題の出し方はいままでと違った出題方法を導入するようです。

これまでのマークシート問題は、「これらの中から正解を選びなさい」と問われて、選択肢の内どれか一つが正解に当たる形式がほとんどでした。

しかし、これからは「当てはまるものを全て選びなさい」と選択数が指定されていなかったり、正解が2つ含まれていたりと、出題形式にも幅が生まれていきます。

マークシートの記述以外に、大きく変更があった「国語」「数学」「英語」についても紹介します。

国語

これまで通りのマークシート問題にプラスして、80~120文字程度の記述式問題が出題される予定です。2017年に行われた新しい大学入試のプレテストでは、生徒たちの会話や部活動規約の文章をテーマに出題されています。

心配なのは時間ですが、記述問題が増えた分の解答時間の増加は検討され、20分程度伸びる予定です。

数学

マークシート問題にプラスして3問程度の記述式問題が出題されます。これまでの数学問題は、解答のみの記述だったため、どのように答えを導き出したのかの過程が不明瞭でした。記述式を取り入れることによって、その過程まで見えるようになる予定です。

ちなみに、プレテストの結果では3問ともそれ以外のマークシート問題と比べると正解率が低く、無解答提出も少なくなかったとのこと。こちらも解答時間が10分程度伸びる予定です。

英語

英語は読む・聞く・話す・聞くの4技能を評価するテストに変わります。

これまでのセンター試験では読む・聞くの2技能のテストはありましたが、話す・書くを評価する問題が用意されていませんでした。グローバル化により英語の必要性が年々高まる世の中の運びに合わせて、読み取るだけでなく自ら発信する技能をテストする必要が出てきたと言われています。

けれど、実際受験生一人ひとりと面談を設けて英語を話してもらったり、書いた英文を一つひとつチェックするのは、大学側には荷が重すぎます。そのため導入されるのが、英検やTOEFLなど広く英語の実力を評価する民間資格の利用です。

高校3年生の4月~12月の間に、提携している民間資格を受けることで、その結果が英語の実力を判断するというテストになります。

マークシートを導入するメリット

大学の入試方法は新しく切り替わりますが、切り替わった後もマークシート式は採用され続ける予定です。そのため、マークシート式での問題対策は行っていくべきと言えるでしょう。

むしろ、記述式が増えるからこそマークシート対策をさらに強化する必要があります。理由は以下の2点です。

マークシート対策をしっかり行うことで、より効率的に合格を狙えます。

マークシート式に慣れさせて記述問題の解答時間を増やす

記述式の問題はどうしても時間がかかります。出来れば余裕を持って解答に挑みたいところですが、そうもいきません。

切羽詰まっている状況で、マークシートの解答欄が一つズレてしまったり消し漏れのミスをしてしまったりすると、記述式の問題を解く時間が奪われてしまうでしょう。

数学のプレテストでは、記述式問題の無回答者が多いという結果が出ていました。

つまり、マークシート式の問題を素早く解く練習をして記述式問題にあてられる時間を増やせば、ライバルに差をつけられるのです。塾や高校のテストでマークシートを導入すれば、生徒たちはマークシートを素早く溶けるようになり、合格に一歩近づけるでしょう。

採点ミスの防止・業務の効率化につながる

誤字脱字や数字の単位など、ちょっとした記述ミスをひとつひとつ採点するのは大変です。採点に時間がとられると、それだけ生徒のサポートや課題分析に時間を割けなくなってしまいます。

マークシート用紙や読み取り機、ソフトなどを導入すれば、マークシート式から記述問題まで自動で採点してくれるので、生徒をサポートする時間を増やせるでしょう。

また、採点のミスを防ぐためにも専用の機械に任せたほうが効率的だと言えます。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
PAGE TOP