同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » はじめてのマークシート導入Q&A » 誤読率約0.01%!マークシートの読み取りは高精度だから安心

誤読率約0.01%!マークシートの読み取りは高精度だから安心

入学試験や資格試験、アンケート集計など、さまざまなシーンで活用されているマークシート。作業時間の短縮や正確な採点・集計ができることから、業務の効率化に役立っています。

マークシートの採点・集計方式は、印刷された項目の中から該当箇所のマークを鉛筆で塗りつぶし、専用の読み取り機械にかけるというものです。

ではこの時、読み取りエラーなどで誤読が発生する確率はどれくらいあるのでしょうか?

マークシートの読取エラーの確率は約0.01%!

東京都教育委員会による平成27年度「マークシート方式の導入の成果と課題」という資料を例に、読取エラーの確率について見てみましょう。

平成27年3月にマークシート方式モデル実施校で行われた試験の結果、マークシートリーダー「OMR」による読取エラーは、回答方法が記号選択方式の全教科合わせて0.0087751%と、約0.01%にも満たないという結果が出ています。

読取エラーの主な原因は

といったもので、「正しくマークされたものを誤読する」という読取エラーは見つかりませんでした。

また、受験番号の読取に関してはエラー発生率約0.6%と高めでしたが、これは受験者による受験番号のマークミスやマークの塗り忘れによるもので、マークシートリーダーが原因のエラーではありませんでした。

この結果からも、マークシートの読取機能がいかに精度の高いものかがわかりますね。

マークシート読み取り機の性能は技術的の進歩と共に上がっています。受験でよくマークシートが利用されますが、まれにマークシートを誤読してしまい、点数に大きく響く事態に。そのため、誤読率の低い読み取り機が欲しいわけですが、すでに誤読率が0.01%を切るくらい現在の読み取り機は高性能です。

それだけでなく、読み取り速度も速いので試験の結果もすぐに把握可能。最新の読み取り機を購入すれば基本的に問題はありませんが、とくにおすすめの機器を取り扱っているマークシート会社を3社ピックアップしました。初めて導入を検討している方は、まずどんな企業があるかだけでもチェックしてみてください。大量の読み取りミスが許されない場面で活躍してくれるでしょう。

OMRとスキャナの平均価格やスペックまとめ

スキャナの読み取り機

スキャナとは、原稿に書かれてある文字やデータを読み取る機械のこと。OMR(光学式マーク読取装置)とは違い、読み取りの精度はOMRに劣ります。スキャナの性能によって左右される面も。OMRとの違いは、導入する時のコストが安く済む点です。

平均価格 ■46,440円~
スキャナの価格は平均4~5万円程度。OMRはマークシートを読み取るための専門の機械を導入した場合は、最低でも10万円程かかります。安くマークシートの読み取りを行い、業務の効率化をしたいという人にはキャスナがおすすめです。
スペック ■1分間で25枚、50面の読み取りが可能
■導入するスキャナの性能によって左右される
スキャナは、OMRとは違いマークシートを読み取る専門の機械ではありません。パソコンにマークシートを読み取るソフトを導入することで使用可能です。読み取りの精度は、OMRの99,9%には劣ってしまいますが、導入するスキャナの性能によっては、高い精度でマークシートに書かれたマークを読み取ってくれます。

OMRの読み取り機

OMR(光学式マーク読取装置)は、スキャナに比べて読み取り速度や画像を解析する性能が優れています。スキャナでは読み取ることのできないものでも、OMRでは読み取ることが可能です。その精度は、99,9%以上。検定試験の解答の読み取りなど、大量の読み取り・ミスの許されない場面で大活躍してくれます。

平均価格 ■30万円~
OMRはマークシート専門であり、高性能になるため、導入した場合は最低でも30万円ほどかかります。しかし、その分性能やマークシートの読み取り機能は高いため、大量の資料の処理をしたいという人におすすめです。
スペック ■・1分間で100枚~200枚読み取りが可能
■99,9%の高精度の読み取りが可能
大量のマークシートの読み取りや、ボールペン、鉛筆などの筆記用具に左右されずに、シートに書かれたマークを読み取ってくれます。高速処理が可能なので、マークシートの読み取りにかかる時間とコストを最大限に削減してくれることでしょう。スキャナに比べると専門性が高いため、読み取る紙の質や厚みなどに左右されません。紙詰まりなどのトラブルも少ないことが特徴です。大量の原稿を自動的に給紙することができます。

マークの読取に特化した高精度リーダー「OMR」とは

マークシートリーダー「OMR」は、Optical Mark Readerの頭文字からつけられた名称で、日本語で「光学式マーク読取装置」という意味です。その名の通り、マークシートに光をあて、その反射光を読み取ることでマークを認識する仕組みになっています。

数字や文字の認識はできませんが、マークの認識に特化した独自の専用センサーによって約99.99%の読取精度を実現しています。

国家試験など誤読による採点ミスが許されないシーンでは、必ずと言っていい程OMRが使用されており、非常に信頼性の高いマークシートリーダーです。

マークの濃度によって感度を16段階で設定できる

OMRは、マークを16段階の濃度に分類して感知します。マークが濃いほど数値は高く、薄いほど数値は低くなります。 この1?16の濃度レベルによって読取感度を設定することができ、設定感度を低くするほど薄いマークを読み取るようになります。

例えば、初期設定である読み取り感度「3」の場合、消し残しやゴミの可能性が高い濃度レベル「2」以下のマークは読み取りません。

専用のマークシートやソフトウェアのダウンロードが必要

OMRが持っている処理スピードや確実性を発揮するには、OMR専用のマークシートを使用する必要があります。普通紙やコピー用紙は使用できないので注意してください。 また、使用の際は読み取りたいマークシートに合わせたソフトウェアのダウンロードが必要です。

マークシートの読み取り精度をより詳しく

マークシート式の採点・集計時の誤りが起きる確率が低いのは間違いありません。マークシートの読み取り精度が優れているのは疑う必要はないのですが、読み取りのタイプや読み取りが優れているからこそ起こる問題というものもあります。マークシートの読み取り精度を支える仕組みや読み取りの方法をより深く知ることで、エラーが起きた時も問題なく対応できるようになります。少々マニアックな話になりますが、マークシートの読み取りの仕組みを詳細にまとめました。

今まで考えたことがないと思われる情報や誤った読み取りの傾向なども記載していますので、一読してみてください。マークシートの読み取りを深く知れば、それだけ試験での運用に役立つことは間違いありません。

炭素と可視光による読み取り

マークシートの採点・集計は専用の読み取り機を使って行います。センター試験をはじめとして、マークシート式の答案方法を採用する試験では、鉛筆での記入を推奨する理由があります。回答者側の訂正が簡単という理由だけで推奨されているのではありません。

鉛筆の使用を推奨するタイプの試験は、用紙に付着した炭素に反応する近赤外線を使用して回答を読み取みタイプの機械が使用されています。しっかりとマークシートの内側が塗りつぶされていたとしても、ボールペンなど炭素を含まない筆記用具で塗りつぶされた回答はNGと考えて良いでしょう。

ですが、鉛筆以外にも炭素を含む水性サインペン、ゲルポールペンや黒の色鉛筆、墨汁といった筆記用具を使って塗られたマークは、正しく読み取られる可能性があります。試験での読み取りエラーが出た際は、該当する筆記用具に思い当たれると、説明や判断がしやすくなりますので覚えておいてください。

アンケートや各種調査など、マークシート記入者の使用する筆記用具を指定出来ない場合は、あらゆる種類の筆記用具に対応しなければなりません。その場合は、近赤外線ではなく光を利用してマークシート内の色の濃淡を読み取るタイプのリーダーが使用されます。

光を当てて読み取るタイプの場合は、光の色を変更することであらゆる色の筆記用具に柔軟に対応することが出来ます。赤色の筆記用具を使って塗りつぶされたマークは、赤色の可視光線で読み取ることが出来ません。同化をしてしまい、読み取れない状態になるからです。こういった場合に緑色の光線に切り替えれば、問題なく読み取ることが出来ます。

炭素だけに反応する近赤外線を使用するリーダーに比べ、光を当てて読み取るするタイプのマークシートリーダーの方が鉛筆だけでなく、幅広い筆記用具に対応出来るため優れているように思えます。ですが、光を扱うマークシートリーダーは、ある程度の濃さをもったあらゆる色に反応してしまうため、マークシートの用紙自体の色に制限が出てしまうというデメリットがあります。光と同化すると読み取れない理由と同じく、用紙でも同様のことが起きるためです。

マークシートリーダーの特性を理解しておくと、読み取りエラーといったトラブルが発生した際にも落ち着いて対応ができます。知識として覚えておくと良いでしょう。

塗りつぶし以外でも正しく読み取ってしまうことがあります

試験を行う際の注意喚起として、マークシートの内側はしっかりと塗りつぶすこと、回答を訂正したい際は消しゴムで塗りつぶしをしっかりと消すこと、といったアナウンスをするはずです。ですが、実際のマークシート読み取り機の精度は多くの人が思っているよりも高く、横線や縦線、さらには点といった記入にも注意をしておく必要があります。

マークシート内に余白がある記入は、読み取られない可能性があるとして注意されますが、実は読み取られてしまう可能性も高いためです。マークシートリーダーが読み取っているのは、マーク位置に書かれた記述の濃さです。

マーク内の塗りつぶしを一つひとつ形で読み取っているわけではないため、回答が誤った仕方で読み取られてしまう可能性に注意が必要となります。横線や縦線や点によるマーク以外でも、マーク枠からずれた塗りつぶしや消しゴムで十分に消されていない塗りつぶしも、十分に読み取られてしまう可能性があります。

また、隣接するマークにはみ出した塗りつぶしは、隣接したマークシートも含めて回答として読み取られてしまう可能性があります。マークシートリーダーは高い精度を誇り、試験の効率化をサポートしてくれますが、こういったケースでの読み取りエラーや誤答がある可能性にも注意しておくと良いでしょう。小さな点や枠からずれている塗りつぶし、あまりに薄い塗りつぶしなどは、当然のことながら正しく読み取られない可能性が高くなります。きちんと塗りつぶしていても、枠からはみ出ないようにも声掛けをしておくのが安全です。

試験を行なった際に人力での簡単なチェックやエラー確認を少なくするため、縦線・横線・点を間違えてマークしていないかの周知をしておくのも良いでしょう。望まない誤回答や無効回答を確実に避けるために、回答の際にはマークの内側はしっかりと塗りつぶし、回答を訂正する際には塗りつぶしをしっかりと消しゴムで消すといった、基本的なことを繰り返し注意しておくのがベストです。

マークシートの読み取りの精度は、本当に優れたものです。精度の高さやエラー率の低さに助けられることばかりですが、より負担を減らすためには試験やアンケートでマークシートを使用する際には、事前の注意喚起を丁寧に行なうことが大切になります。

どのような書き方だと意図せずに読み取られてしまうか、どういった書き方だと読み取られない可能性が高いのか、具体例を挙げながら説明すると効果的です。採点・集計の際にエラーが起きるのは、低い確率ですがありえます。問題が発生した際には、必ずエラーとなっている答案の目視確認を行うようにしましょう。

読み取られる筆記用具と読み取られない筆記用具

マークシートリーダーの種類に合わせて、読み取り出来る筆記用具の種類は変わってきます。

近赤外線を使用するマークシートリーダーの場合

鉛筆がマークの塗りつぶしで重要とされるのは、炭素を含み濃い塗りつぶしができるためです。鉛筆であれば、近赤外線タイプであっても可視光線タイプであっても、基本的に正しく読み取られます。鉛筆の注意は、使用する鉛筆の濃さだけです。4Hといった、美術や製図などで使われる極端に濃度の薄い鉛筆の使用は控えるように伝えましょう。一般的に使われる2BやHBといった濃さの鉛筆であれば、問題なく使用できます。

炭素でマークを判断するマークシートリーダーを使う場合は、ボールペンの使用も注意しておきましょう。油性ボールペンや水性ボールペンは正しく読み取られる可能性が非常に低く、注意が必要です。ボールペンの中でも、ゲルインクタイプといった特定の種類のボールペンは正しく読み取られる可能性がありますが、推奨できるものではありません。

炭素を含む筆記用具であれば、鉛筆の他に墨汁や木炭、水性サインペンや黒の色鉛筆、黒の絵の具やホワイトボードマーカーでも読み取られたという実績もあります。一般的な試験では使われることはないものばかりですが、読み取り精度に関わる例として知っておくのも面白いでしょう。

油性ボールペン・水性ボールペン・油性サインペン・万年筆・筆ペンなどは、正しく読み取られないと考えても良いでしょう。また、鉛筆は基本的に大丈夫な筆記用具ですが、例外はあります。色鉛筆の場合は、赤色などは読みとれなくなる可能性があると覚えておくと良いでしょう。

可視光性を使用するマークシートリーダーの場合

可視光線を利用するマークシートリーダーの場合、筆記用具はほとんど問題なく読み取られます。その代り、黒以外の色を使う筆記用具は、マークシートリーダーが使用する可視光線の色と同化してしまうと、正しく読み取られない可能性が非常に高くなります。その場合には機械側の光線の色を変えることで対応することが可能です。

マークシートリーダーの読み取り精度を支える技術

マークシート用紙のシマシマについて

マークシートリーダーは、用紙の端に印刷されたタイミングマークと呼ばれるバーコードとよく似たマークを起点として、用紙全体を縦横の座標として把握します。座標上のそれぞれの区画内の明暗をマークの有無として読み取っていますが、マークの判別はマークシートが塗りつぶされているかいないかといった「有・無」の二元的な判別ではなく、濃さで段階的に判別してくれるのです。

マークシートの読み込み精度が高い理由でもありますが、同時にこのタイミングマークがあるから必要な部分を読み取るだけで済み、紙全体を読み込まないからスピードある処理が可能になっているのです。また、マークシートのレイアウトやデザインを変えても精度に問題が出ないのもタイミングマークがあるからこそ。模様にしか見えないような小さな工夫ですが、エラー率を下げる大きな役割を果たしているのです。

ただしこういったマークシート専用紙の運用はコストがかかる部分でもあるため、日常的な試験などでは専用紙を使わない方が経済的といえます。精度を求める必要がある場合と、日々のランニングコストを考慮する場合があると思いますので、用途に合わせて選んでいくと良いでしょう。

また、学校や塾、企業などでは新たに専用機を導入するのが難しいケースもあると思います。各所への相談や申請・稟議を通してとなるのがほとんどでしょう。ですが、マークシートを必要に感じる状況では待つもどかしさがストレスになることもあるはずです。一般的な環境ですとスキャナとソフトを使って普通用紙でも十分なケースが多いため、現在の設備でマークシートの導入を検討してみるのがオススメといえます。

低コストなのにしっかり読み取る「スキャナ」対応のマークシートに注目

近ごろは、スキャナの読み取り精度が上がってきており、マークシートはもちろん、QRコードのような複雑な画像を読み取ることができます。

最新型のスキャナは、一度に多くの文書をスキャニングでき、精度の高い文字認識に必要な画像処理機能を搭載しているのが特徴です。画像処理機能とは、選択した色の情報を除いて読み取りを行う「ドロップアウトカラー」機能や、カラー・グレー・モノクロ画像を一度に読み取って出力できる「マルチイメージ出力」機能のこと。読み取る帳票に応じて最適な画像を出力できる「2値化画像処理技術」機能や読み取った画像と数パターンの画像処理結果を画面で確認できる「アシストスキャン」機能もあり、これらの機能が文字認識率の精度の高さを支えています。誤読を防ぐこともでき、安価で入手可能です。

これを機に「スキャナ」対応のマークシートに注目してみてはいかがでしょうか。精度の高いスキャナは、官公庁や銀行、保険会社など世界中のシビアな読み取り精度を要求する分野で多く採用されています。

スキャナで読み取れるマークシートを使った人の口コミ

採点のために事務室まで行かずに済み、時間短縮につながった

語学テストの作成にスキャナで読み取れるマークシートを利用しました。扱い方に慣れると、採点処理が非常に早くなって便利です。空いた時間を研究に当てらえるのも嬉しいですね。マークシート処理の際に専用機が必要ないため、これまで事務室に出向いて専用機で処理していた時間がなくなりました。

処理にミスがなく費用が格安で大満足

試験や出席管理に利用しています。初めてスキャナで読み取れるマークシートを使用したときは、無料でここまでできるんだととても驚きました。マークシートの購入代金くらしか費用がかからず、無料ソフトがダウンロードできるのも魅力です。アップデートが頻繁なので、安心して使えます。今のところ読み取り精度は100%と、ミスがないので大満足です。

読み取りエラーが出なかったのが◎

小学生にマークシートによるアンケートを実施したところ、塗りが雑ではみ出していたり、薄かったりと、きちんとマークを塗れていませんでした。集計時に読み取りエラーが出るかヒヤヒヤしましたが、まったく出なかったのでありがたかったです。

学習効率の向上に役立っています

授業時に実施している小テストの返却を簡単にできるので、とても助かっています。学生一人ひとりに、それぞれコメントを出せるのも便利。学生からもすぐに答案が返却されるため、素早く復習できると好評です。学習効率の向上に寄与していると思います。

集計が楽で先生方の負担軽減になりました

学校評価アンケートにスキャナで読み取れるマークシートを使いました。集計が楽にできるので、先生方の負担がかなり軽減できましたよ。使い勝手にとても満足できたので、校内アンケートを行うためマークシートを追加で申込みました。活用したいと思います。

誤認を防いで低コストを実現するなら「スキャナ」を選んでみよう

本来、マークシートの読み取りは、OMRの専売特許でした。しかし、技術の発展とともにスキャナの読み取り機能も向上し、高画質かつ高精度な画像取り込みが可能となったため、スキャネットをはじめとするスキャナのマークシート読み取りサービスが登場しています。

病院や学校など、絶対にミスの許されない一部の施設を除けば、スキャナでも十分にマークシートの読み取りは可能です。スキャナを使って、安く、手軽に、小規模なものからマークシートを導入してはいかがでしょうか。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP