マークシート導入で効率化がアップ » はじめてのマークシート導入Q&A » 誤読率約0.01%!マークシートの読み取りは高精度だから安心

誤読率約0.01%!マークシートの読み取りは高精度だから安心

入学試験や資格試験、アンケート集計など、さまざまなシーンで活用されているマークシート。作業時間の短縮や正確な採点・集計ができることから、業務の効率化に役立っています。

マークシートの採点・集計方式は、印刷された項目の中から該当箇所のマークを鉛筆で塗りつぶし、専用の読み取り機械にかけるというものです。

ではこの時、読み取りエラーなどで誤読が発生する確率はどれくらいあるのでしょうか?

マークシートの読取エラーの確率は約0.01%!

東京都教育委員会による平成27年度「マークシート方式の導入の成果と課題」という資料を例に、読取エラーの確立について見てみましょう。

平成27年3月にマークシート方式モデル実施校で行われた試験の結果、マークシートリーダー「OMR」による読取エラーは、回答方法が記号選択方式の全教科合わせて0.0087751%と、約0.01%にも満たないという結果が出ています。

読取エラーの主な原因は

といったもので、「正しくマークされたものを誤読する」という読取エラーは見つかりませんでした。

また、受験番号の読取に関してはエラー発生率約0.6%と高めでしたが、これは受験者による受験番号のマークミスやマークの塗り忘れによるもので、マークシートリーダーが原因のエラーではありませんでした。

この結果からも、マークシートの読取機能がいかに精度の高いものかがわかりますね。

マークの読取に特化した高精度リーダー「OMR」とは

マークシートリーダー「OMR」は、Optical Mark Readerの頭文字からつけられた名称で、日本語で「光学式マーク読取装置」という意味です。その名の通り、マークシートに光をあて、その反射光を読み取ることでマークを認識する仕組みになっています。

数字や文字の認識はできませんが、マークの認識に特化した独自の専用センサーによって約99.99%の読取精度を実現しています。

国家試験など誤読による採点ミスが許されないシーンでは、必ずと言っていい程OMRが使用されており、非常に信頼性の高いマークシートリーダーです。

マークの濃度によって感度を16段階で設定できる

OMRは、マークを16段階の濃度に分類して感知します。マークが濃いほど数値は高く、薄いほど数値は低くなります。 この1〜16の濃度レベルによって読取感度を設定することができ、設定感度を低くするほど薄いマークを読み取るようになります。

例えば、初期設定である読み取り感度「3」の場合、消し残しやゴミの可能性が高い濃度レベル「2」以下のマークは読み取りません。

専用のマークシートやソフトウェアのダウンロードが必要

OMRが持っている処理スピードや確実性を発揮するには、OMR専用のマークシートを使用する必要があります。普通紙やコピー用紙は使用できないので注意してください。 また、使用の際は読み取りたいマークシートに合わせたソフトウェアのダウンロードが必要です。

低コストなのにしっかり読み取る「スキャナ」対応のマークシートに注目

近ごろは、スキャナの読み取り精度が上がってきており、マークシートはもちろん、QRコードのような複雑な画像を読み取ることができます。

最新型のスキャナは、一度に多くの文書をスキャニングでき、精度の高い文字認識に必要な画像処理機能を搭載しているのが特徴です。画像処理機能とは、選択した色の情報を除いて読み取りを行う「ドロップアウトカラー」機能や、カラー・グレー・モノクロ画像を一度に読み取って出力できる「マルチイメージ出力」機能のこと。読み取る帳票に応じて最適な画像を出力できる「2値化画像処理技術」機能や読み取った画像と数パターンの画像処理結果を画面で確認できる「アシストスキャン」機能もあり、これらの機能が文字認識率の精度の高さを支えています。誤読を防ぐこともでき、安価で入手可能です。

これを機に「スキャナ」対応のマークシートに注目してみてはいかがでしょうか。精度の高いスキャナは、官公庁や銀行、保険会社など世界中のシビアな読み取り精度を要求する分野で多く採用されています。

スキャナで読み取れるマークシートを使った人の口コミ

採点のために事務室まで行かずに済み、時間短縮につながった

語学テストの作成にスキャナで読み取れるマークシートを利用しました。扱い方に慣れると、採点処理が非常に早くなって便利です。空いた時間を研究に当てらえるのも嬉しいですね。マークシート処理の際に専用機が必要ないため、これまで事務室に出向いて専用機で処理していた時間がなくなりました。

処理にミスがなく費用が格安で大満足

試験や出席管理に利用しています。初めてスキャナで読み取れるマークシートを使用したときは、無料でここまでできるんだととても驚きました。マークシートの購入代金くらしか費用がかからず、無料ソフトがダウンロードできるのも魅力です。アップデートが頻繁なので、安心して使えます。今のところ読み取り精度は100%と、ミスがないので大満足です。

読み取りエラーが出なかったのが◎

小学生にマークシートによるアンケートを実施したところ、塗りが雑ではみ出していたり、薄かったりと、きちんとマークを塗れていませんでした。集計時に読み取りエラーが出るかヒヤヒヤしましたが、まったく出なかったのでありがたかったです。

学習効率の向上に役立っています

授業時に実施している小テストの返却を簡単にできるので、とても助かっています。学生一人ひとりに、それぞれコメントを出せるのも便利。学生からもすぐに答案が返却されるため、素早く復習できると好評です。学習効率の向上に寄与していると思います。

集計が楽で先生方の負担軽減になりました

学校評価アンケートにスキャナで読み取れるマークシートを使いました。集計が楽にできるので、先生方の負担がかなり軽減できましたよ。使い勝手にとても満足できたので、校内アンケートを行うためマークシートを追加で申込みました。活用したいと思います。

誤認を防いで低コストを実現するなら「スキャナ」を選んでみよう

本来、マークシートの読み取りは、OMRの専売特許でした。しかし、技術の発展とともにスキャナの読み取り機能も向上し、高画質かつ高精度な画像取り込みが可能となったため、スキャネットをはじめとするスキャナのマークシート読み取りサービスが登場しています。

病院や学校など、絶対にミスの許されない一部の施設を除けば、スキャナでも十分にマークシートの読み取りは可能です。スキャナを使って、安く、手軽に、小規模なものからマークシートを導入してはいかがでしょうか。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
1スキャネット 最安14,000円 公式HPへ
2AltPaper 約80,000円 公式HPへ
1教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
PAGE TOP