同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » はじめてのマークシート導入Q&A » マークシートの成り立ち

マークシートの成り立ち

マークシートは、いまや私たちの生活の様々なシーンで使われており、誰もが一度は使ったことがあるといっても過言ではないほど浸透しています。

今回は、そのマークシートの「成り立ち」「概要」「利用シーン」「記入方法」「回答方法」を詳しくまとめました。

マークシートの成り立ち

アメリカで1931年に行われた電気装置で電気回路を用いて鉛筆でつけたマークの検出をする実験が、マークシートの原点です。

1934年に実験は成功し、企業は自動採点装置の開発に取り掛かりました。1937年には、IBMから初めての自動採点機が発売しています。

数々の実験と開発をくり返して機能を向上させ、現在も使用されているOMRによる採点装置が開発・販売されたのは1962年です。

現在はOMRの性能が強化され、ソフトウェアの普及とともに日常のあらゆる分野で使われるようになっています。

マークシートの概要

現在のマークシートは、鉛筆を使って塗りつぶす記入欄や読み取り位置を正確に機械が認識できるための印が印刷されている用紙を指します。

向きや表・裏の判別ができるように用紙の隅に切り抜きを設け、確認しやすく工夫されています。

解答方法は楕円形・円形・長方形などの欄を塗りつぶすだけとお手軽ですが、適切に塗られていない場合や塗りが薄すぎる場合は認識されないことがあり、無回答と同様に扱われることもあります。

シートの読み取りは、OMR(光化学式マーク読み取り装置)やマークシート用のソフトウェアを導入したパソコンを通じて、スキャナのOCR機能が用いられます。大量の用紙を高速に処理できる点と採点の確実性が魅力です。用紙の工夫として、読み取り時の誤認識を防止するために白色度の低いものを使用しています。

マークシート作成ソフト・読み取りソフトは有料のものと無料のものが存在しています。業務で使うのであれば、サポ―トのある有料版の方が良いでしょう。

主な利用シーン

以前までと違い、マークシートは試験を中心に様々なシーンで利用されています。

例えば、運転免許などの資格試験や公務員試験、大学入試などの入学試験に利用実績があります。さらに、採用試験などの適性検査や宝くじ・アンケートにも使用されることも。

このように、場所を問わずに幅広く導入されており、情報処理にかかる時間やその管理に費やす時間を削減しています。

利用者の情報を各自で端末機の操作をせずに入力できるので、大量のデータを機械的に処理に長けていることが特徴です。

記入方法

指定されたマーク部分を筆記用具で塗りつぶします。筆記用具の種類や芯の硬度にも指定があり、HBかBが推奨です。記入の仕方によって読み取れない・誤認識のリスクがあるため、塗りつぶしの例が用紙に示されていることもあります。

誤記入は、プラスチック製の消しゴムを使って塗り跡が残らないように丁寧に消す必要があります。マークシートが使われる韓国の大学就学能力試験と韓国語能力試験は鉛筆ではなく、指定のサインペンが必須です。その際のマーク修正は修正テープを使います。 このように日本とは違う方式の場合も存在しているのです。

主な回答方式

〇か×の二択である正誤式や複数の選択肢から正しい回答を選択する多肢選択式など、方式も試験などに合わせたマークシートもあります。

選択式では、「正しいものを選ぶ場合」「間違っているものを選ぶ場合」が混在する場合が多く、取り間違えにより誤答になるケースがあります。

さらに文中に数か所の傍線があり、その中で正しいもの間違っているものの組み合わせを選ぶといったパターンも。

受験番号や計算問題などは0から9の数字や符号などを使って回答する数字式が用いられます。

まとめ

このようにマークシートは古い歴史を持っています。日々の改良により、導入する企業にとっても業務負担の軽減など大きな効果が実現されます。これまで利用できなかったボールペンでの回答も、マークシート用紙のカスタマイズにより対応することができています。

技術の進化により、さらに機能や使い勝手は良くなっていくことでしょう。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP