同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ » やさしく名刺ファイリングPRO

やさしく名刺ファイリングPRO

名刺に記載された文字データをOCRエンジンで認識し、データ化して一元管理することを目的として開発されたやさしく名刺ファイリング。受け取った名刺を企業全体の財産として、企業内に所属する全員で名刺データを共有できるシステムが構築されています。その特徴やメリット、動作環境について診ていきましょう。

ソフトの料金

費用 1ライセンス:78,000円
5ライセンス:30,000円

ソフトの特徴

名刺データを素早く電子化

やさしく名刺ファイリングの特徴は、人からもらった名刺を読み込ませるだけで簡単に名刺に記載された内容をデータ化してしまえる点です。高い識字率を達成するために工夫を凝らして開発されたOCRエンジンで、名前から住所、社名、メールアドレスといった名刺に記載されたすべてのデータを読み取ります。スピーディなスキャンを経た名刺データは、それぞれの項目ごとに情報を自動で振り分けて、ExcelデータやCSVデータとして一元管理されます。

やさしく名刺ファイリングは4か国語の名刺に対応しているため、海外の取引先から受け取った名刺も瞬時に言語を判読し、データ化可能。ソフト独自のネットワークを利用して、個人だけではなく企業内で名刺データを共有することができます。この際、部署別・プロジェクト別といったように、複数のPCで名刺データベースを共有できるなど、多くのビジネスシーンで活用できるよう配慮されています。

クラウド・スマホ端末と連携

やさしく名刺ファイリングに保存された名刺データは、PCにアクセスすることのできない外出先でもデータベースを閲覧することができます。同ソフトと連駅することでのきる「名刺ファイリングCLOUD」を利用すれば、PC内にあるスキャン済みの名刺データと同期して、スマートフォンやタブレットから名刺データベースを閲覧できるのです。無償の専用名刺ビューワーアプリに名刺を転送する機能も利用できるため、社内にいる社員と社外にいる社員、どちらも必要なタイミングで情報を検索できるのです。

電子化された名刺データは、表計算ソフト用のデータとして出力できるほか、宛名印刷を行うときのデータやメール配信を行うときのデータとして活用することも可能。様々なアプリケーションと連携して利用できるため、業務を効率化させられます。企業の規模が大きくなった場合や、人が多くて名刺データが上手く整理できていないという場合に大きく役立つでしょう。データベースは保護・閲覧制限・アクセスログ機能も搭載されているため、セキュリティ面のリスクも目立ちません。

充実したオプション対応

やさしく名刺ファイリングには、名刺データをさらに有効活用するための有料オプションメニューも用意されています。例えば名刺をスキャンして登録した際に、正確にデータを認識できなかった名刺データを国内のオペレーターに転送するというものがあります。やさしく名刺ファイリングの開発元であるNTTデータに所属するオペレーターが人の目で誤読データを訂正し、クリーンデータ化するため、わざわざ利用者が人の目で確認・訂正する手間が省けます。

また、外部サービスと連携して名刺データをアップロードするオプションもあり、NTT東日本・西日本などが展開するクラウドサービスにデータをアップロードしてさらに業務の効率化へ繋げることも可能。登録可能な名刺データの上限をアップさせるオプションもあるなど、利用状況に応じてかゆいところに手が届くサービス内容が用意されているのです。

導入事例

個人でスマホと連携して使用中です

個人で名刺を管理するのに利用していますが、非常に便利で重宝しています。iphone端末とPCとで連携できているため、外出先でも便利に活用しています。気になる点はスマホ版とPC版では検索のやり方が異なるため、それに慣れるまでに時間が少しかかった点くらいです。

やさしく名刺ファイリングPROの動作環境

やさしく名刺ファイリングPROの動作環境は以下の通りです。

OS Windows 10 Enterprise/Pro、Windows 8.1/Enterprise/Pro、Windows 7 Enterprise/Ultimate/Professional/Home Premium/Starter
CPU 対応OSが正常に動作する機種
メモリ 1GB以上
ストレージ 必須空き容量650MB以上

販売会社

株式会社NTTデータNJK

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP