同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ » スマート名刺管理

スマート名刺管理

高いOCR精度を誇るスマート名刺管理は、名刺をソフトに読み込んでデータを管理することに特化したツールです。名刺情報を即座にOCRで読み取って、メールアドレスや名前、住所などをデータとして管理する、スマート名刺管理の特徴やレビューをご紹介します。

ソフトの料金

費用 パッケージ価格:17,905円(税込)

ソフトの特徴

どんなデバイスからでも利用可能

スマート名刺管理はPC用のソフトウェアとして販売されていますが、活用方法はPCだけではなく、スマートフォンやタブレットにも用意されているのが特徴です。PCでは専用スキャナを利用して名刺のデータを取り込み、OCRデータ化します。スマホやタブレットには専用アプリケーションが開発されているため、端末に内蔵されているカメラで名刺を撮影し、PC側のソフトと同期しながら名刺に記載されたデータを管理することができるのです。

専用アプリを使えばワンタッチで手軽に名刺を撮影し、データ化することができます。外出先で名刺を受取った際、忘れないうちに名刺を整理しておくことができるというわけです。いつでもどこでも最新の名刺データを更新できるため、人と接することの多い業種では特に捗る機能性と言えるでしょう。

多言語・振り仮名にも対応

業種によっては海外出身の名前を持つ人と接することも珍しくはないでしょう。スマート名刺管理は23か国・24言語の名刺に対応しているという特徴を持っています。そのため海外の名前でも正確に読み取ってデータ化することができます。PCRでの対応が難しいと言われていた日本語と中国語の読み分けもしっかりこなし、グローバルに別々の言語として読み取っています。設定画面をカスタマイズすれば、名刺の前面と裏面で使われている言語が違う場合にも対処することができます。

また、スマート名刺管理の開発元であるジャストシステムにより搭載されたかな変換エンジンKOTAにより、名刺に記載されたデータの最適なふりがなを自動で生成する機能も兼ね備えています。読み方の難しい名字や名前から、会社の名前、住所など…振り仮名を振ることでさらに名刺データの管理もしやすくなるでしょう。名刺データと振り仮名はセットでデータ一元管理されます。スマート名刺管理で利用される変換エンジン「KOTA」は、「ATOK」の技術を結集した物です。

カテゴリー・ラベル機能

スマート名刺管理で読み取った名刺は、データ内に保存された後カテゴリー別に分類して整理することが可能です。カテゴリーは各階層に分けて管理できるため、社名や部署別、ビジネス・プライベートなど、様々な人間関係を管理することが可能です。名刺のデータは名刺画像を選択すれば、複数のカテゴリーに分類することも可能。利用者の使い方次第で自由度の高い名刺の分類ができます。必要なタイミングで即座に目的の名刺を見つけられるでしょう。

また、名刺データにはメモを追加する機能もあります。面会日やその場所、打ち合わせの内容、個人的に気を付けておきたいポイントなどを自由に不可情報として入力できるため、マネジメント的な使い方もできるようになります。名刺データから読み取ったメールアドレスや電話番号は、スマホなどと同期しておくことでアドレス帳に自動で登録することもできます。Googleマップと連携しているため、目的地までの路線情報を表示するなど、多彩な機能でビジネスが捗るでしょう。

導入事例

高い精度の読み取り

OCR機能がとても強力で精度も高いと感じています。Androidと同期する際には少し手順が難しいですが、それ以外には操作性にも満足しています。

デスクの名刺を一掃

溜まった名刺を読み込ませたところ、デスクの引き出しに仕舞っていた名刺を一掃することができました。読み取り変換も性格で、住所や電話番号は正確に変換してくれています。スキャン速度も速く、これから有力なツールになってくれそうです。

スマート名刺管理の動作環境

スマート名刺管理の動作環境は以下の通りです。

OS Windows® 10/Windows 8.1/Windows 7 (Service Pack 1以上)/Windows Vista® (Service Pack 2以上)
CPU 使用しているOSが推奨する環境以上
メモリ 使用しているOSが推奨する環境以上
ストレージ 必須空き容量500MB以上

販売会社

ジャストシステム

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP