同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ

OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ

OCRとは?

OCRとは「Optical Character Recognition/Reader(光学的文字認識)」の略です。手書きで記された文字やインクで印刷されたような文字を、イメージスキャナやデジタルカメラによって読み取ることで、コンピュータが文字コードに変換します。

OCRのメリット

OCRを利用するメリットと言えば、人の目で処理をすることなく簡単に文字を読み取り、データ化してしまえる点です。処理速度の速いOCRを利用すれば、人が何分もかけて読むような文書を一瞬にしてデータに変換してしまえるため、ペーパーレス化を行う際にかなり大きな人的コストを削減します。

また、重要な文書や大人数で共有するような文書を利用する場合、OCRを通して文書をデータ化することで、データの利用の幅が大きく広がる点もメリットと言えるでしょう。

OCRのデメリット

OCRの弱点は、読み取り精度が必ずしも100%とは言えない点です。操作が簡単な反面で、読みづらい筆跡・フォントによる文書をOCRが誤読してしまう可能性があります。例えば「大」という漢字を「太」と読んでしまうなど、文字として複雑な形を持つ漢字の読み取りには、誤読が前提となります。

OCRの誤読の可能性は、OCRによる処理後に人の手を借りる必要があるという点にも繋がります。OCRの購入費に加え、目視で確認する人的コストも重なる可能性が考えられるのです。

OMRとは?

OMRとは「Optical Mark Reader」の略語で、光学的にマークを読み取るための装置として使用されています。マークシートの読み取りなどで多く使われる技術です。

OMRのメリット

OMRを利用してマークシートの読み取りを導入すると、テストやアンケートの集計・実施が捗ります。答える側もマークを塗りつぶすだけで簡単ですし、集計する側も集めた容姿をOMRにかけるだけで、簡単に集計結果が出せます。

また読み取り精度の高さはOCRと比べて遥かに高いため、重要なデータを用いる場合や膨大なデータを集計する際にも、信頼して利用することができます。

OMRのデメリット

OMRの利用はマークシートが前提となるものです。そのため文字による記述式の問題やアンケートは利用できず、OMRを活用できる場面が限られてしまう可能性があります。選択式のアンケートや問題をつくるにしても、マークシートによる回答用紙を作成する必要があります。

また、OCRよりも読み取り精度が高いとは言っても、やはり100%確実に読み取るわけではないことに注意が必要です。

OCRとOMRの違い

OCRもOMRも光学でアナログな文書を読み取ってデータ化する装置ですが、OCRは文字を、OMRはマークを読み取るという違いがあります。読み取り精度はOCRよりもOMRの方が高いのが特徴ですが、最近はOCRでも精度の高い装置が開発されています。OMRは利用する場面が限られますが、低コストで手軽に導入できるのが魅力です。

知っておきたいOMRソフトまとめ

いきなりPDF

同ジャンルのソフトウェアとしては、2003年のリリース以降2020年まで、17年連続して販売本数シェアNO.1を誇る「いきなりPDF」。ニーズに合わせて選ぶことの出来る「ベーシック」、「スタンダード」、「コンプリート」の3つのバージョンが用意されています。

ベーシックではPDFの作成や組み替え、抽出など基本的な編集機能を使用可能です。スタンダードはPDFファイルを指定したフォーマットに変換できます。コンプリートでは、PDFファイルをPDF形式のまま編集可能できるのが特徴です。「コンプリート」にはソフトウェアの便利な使い方を紹介した講義ビデオも付属しています。

DocDesk

PC内に存在するWordやExcel、PowerPointなどOfficeファイルやPDFファイルなど各種フォーマットの文書ファイルと、スキャンし電子化された紙文書とを自動で分類し、一元的に管理できるソフトです。「フォルダ監視機能」を使用することで、紙文書をコピー機やファクシミリから直接取り込んで電子化できます。

独自の活字文書OCR(文字認識処理)エンジンによって、取り込まれたファイルを透明テキスト付きPDFファイルに自動変換することも可能です。

ネットワーク上の共有フォルダも、DocDeskocで管理できます。社内のデータを一元的に管理したり、迅速な情報共有のために役立てたりできるのがメリットです。

メディアナビ カメラでなんでもスキャン

印刷された各種文書はもちろん、写真やノート、さらにはホワイトボードまで。「四角いもの」であればどんなものでも、手持ちのカメラで気軽にスキャニングして電子化できる「カメラでなんでもスキャン」。斜めに撮影した画像であっても自動で補正し、書籍のような見開き書類の「へこみ」も補修してくれる「スキャン補正」機能もついています。

反射光の映り込みを補修する「修正ペン機能」もあり、痒いところに手が届く機能付きです。PROバージョンにはOCRエンジンが搭載されているため、スキャンした画像を透明テキスト付きPDFファイルとして出力できます。

特徴的な機能としては、普通のコピー用紙をアイデアノートに変える「スマートノート機能」もあるのがポイントです。思いついたアイデアを手元のコピー用紙にスケッチして「スマートノート機能」を使ってスキャンすることで、気軽にデジタルデータとして保存できます。

やさしくPDFへ文字入力

やさしくPDFへ文字入力は、PDFファイル内のテキストデータをオブジェクトとして扱うことでPDFファイルを直接編集できます。合成元ファイルや原稿ファイルがない場合でも、新規PDFファイルを直接制作できるソフトです。

PDFファイルを直接編集することができるため、何度も印刷することなく、PDFファイル形式の各種申請書や見積書、報告書などに必要な情報を入力できます。ファイル制作日の日付を挿入したり、重要な部分にマーカーを引いたり。矢印や吹き出しをつかってコメントを追加したり、URLリンクを挿入したりすることも可能です。

筆まめ名刺読取ツール

「筆まめ名刺読取ツールVer.2」は名刺をスキャニングして電子化し、管理が簡単に行えるようにするためのソフトウェアです。名刺のスキャン方法としてスキャナーはもちろん、デジタルカメラを使っての読み込みや画像ファイルからの読み込みができます。スキャナーを利用して名刺の読み込みを行う場合には、名刺専用のスキャナーでなくても300dpi以上の解像度をもつスキャナーであれば利用できるのがメリットです。

一枚づつ名刺をスキャンするのは面倒という場合には、名刺を並べて一度に複数枚をスキャンできます。

高機能の画像認識エンジンを搭載しているため、スキャンごとに名刺の位置設定を行う必要もありません。傾いたまま名刺をスキャンしてしまった場合でも、90度、180度、270度と、名刺の向きを自動で判定して正しくスキャンしてくれます。

名刺万能3

「名刺万能3」は英語を初めとして、フランス語などのヨーロッパ主要言語、中国語、韓国語など21カ国22言語に対応した名刺管理のためのソフトウェアです。専用の名刺スキャナーが付属しているため、ソフトウェアをインストールしたその日から、ボタン一つで気軽に名刺のスキャニングを行えます。

高精度の文字認識(OCR)エンジンを搭載しているのもポイントです。スキャンした氏名や住所、電話番号などデータをアドレス帳と連携させたり、簡単に住所録を作成したりすることができます。外部ソフトウェアとの連携機能も備えているため、Outlookを初めとするメールソフトやExcelなどの表計算ソフトとデータを同期させることも可能です。

瞬簡PDF

「瞬簡PDF」を使用することで、レイアウトを保ったままPDFファイルをWord形式、Excel形式、PowerPoin形式、一太郎形式など指定したフォーマットに変換できます。PDFファイル内にテキストデータがある場合にはテキストデータを直接抽出するため、文字化けの心配がありません。

PDFファイル内にテキストデータがない場合であっても、OCRエンジンによって処理を行うことで画像情報から文字情報を抽出することが可能です。OCRエンジンは日本語を含む多言語に対応しているため、日本語以外の言語で書かれたPDF文書であっても変換を行えます。

名刺工房6

名刺工房6は、分かりやすい操作性が特徴の名刺制作ソフトです。オリジナルなデザインの名刺を作りたいという方はもちろん、ケースによって使い分けるために複数の名刺を作りたいという方に向いています。従業員の入館書やイベントスタッフ用の名札を作りたいと考えている方にもおすすめです。

また、500種類以上のテンプレートが用意されているため、デザインには自信がないという方であっても気軽に使用できます。テンプレートを選択すれば、あとは名前や住所、役職、顔写真や自社のHPにリンクするQRコードなど、必要な情報を自由にレイアウトするだけで気軽にオリジナルデザインの名刺を作れるのが魅力です。

本格読取

本格読取は、パナソニックが開発した高精度OCRエンジンを搭載した紙文書電子化のためのソフトウェアです。OCRエンジンには、約75万項目を収録する辞書が内蔵されています。専門性の高い書籍や論文であっても読み取ることが可能であるほか、印刷された文字が潰れてしまっている場合や筆跡が崩れてしまっている場合であっても、文字認識が可能です。

文書中に表が含まれている場合には、Excelのような表計算ソフトで読み込むことのできるデータとして自動で出力してくれます。出力フォーマットとしてWord形式を選択した場合、文章中の文章、図案、写真、背景などをそれぞれの領域ごとに読み取らせることもできるのがメリットです。

読取革命

読取革命は、高精度のOCRエンジンを搭載した紙文書電子化のためのソフトウェアです。読取革命のOCRエンジンは、日本語第二水準漢字3,388文字のすべてに対応しているため、誤読のリスクが非常に少ないというメリットがあります。

読み取った画像に歪みや掠れがある場合にも、自動的に修正しながら読取りを行ってくれます。ポスターやチラシのように特殊なレイアウトやフォントの書類の読取りも可能です。下線付き文字や一行だけが手書きの文字、さらには日本語の中に混じった英数字の読取りにも対応しています。

出力形式としてPDF形式はもちろん、Word形式、Excel形式、PowerPoint形式など各種フォーマットを選択できるのがメリットです。紙書類を電子化し、そのままプレゼンテーションのための資料や電子メールの添付ファイルとして活用できます。

クラウドと連携可能

クラウドサービスのEvernoteを使うことで閲覧や編集できるのもメリットです。どこでも好きなタイミングで、スマホやタブレットからデータの内容が確認できます。見やすいよう閲覧画面に合わせてくれるPDF作成機能もあり、効率化にも繋がるので便利です。

スマート名刺管理

スマート名刺管理はその名の通り、高機能のOCRエンジンを搭載した名刺管理のためのソフトウェアです。Windows版に加えて、Android版ならびにiOS版もリリースされています。スマートフォンやタブレット端末のカメラを利用して、出先でも気軽に名刺をデジタルデータ化するできるのがメリットです。

PC版で名刺のスキャンを行う場合には、パッケージに同梱されている専用の名刺スキャナーを利用することにより、ワンボタンで簡単に名刺を電子化できます。

スマート名刺管理のOCRエンジンは23か国・24言語に対応しているため、海外の方の名刺であっても問題なくデータ化可能です。元来OCRエンジンには難しいとされてきた日本語と中国語の区別も問題なくこなすことが出来る点も、スマート名刺管理のメリットとなります。

カテゴリ訳もできる機能付き

名刺は読み取り後、カテゴリー分けして整理しておけます。社内や部署別に分けたり、ビジネスやプライベートで分けたりできるのがメリットです。簡単に見つけやすくなるので、探す手間を省けます。データにはメモを追加できるので、予定を入力しておけば忘れずに済むでしょう。

E.Typist NEO

E.Typist NEOは当機能なOCRエンジンを搭載した、高い精度の識字率を誇る文字認識ソフトです。OCRエンジンの苦手分野とされてきた掠れ文字や斜め文字を含む特殊なフォントも、問題なく読み取れます。縦書きの日本語で書かれた文書内に含まれる横書きの英字にも対応できるのがメリットです。

また、E.Typist NEOの大きな特徴として、使用するごとに認識率を高めていく学習能力があります。使用者一人ひとりによって文書の分野や文字の癖などは異なりますが、E.Typist NEOはそうした分野の偏りや文字の癖を学習してくれるのがポイントです。使用すれば使用するほど、誤読率が少なくなっていくでしょう。

カスタマイズでより使いやすく

文字認識の範囲をソフト上で変更することにより、欲しいデータのみ抜き取れます。使用する目的に合わせられるのも特徴の1つです。クラウドサービスに対応しているので、スマホやタブレットからもデータを確認できます。

やさしく名刺ファイリングPRO

名刺をデジタルデータ化し、より簡単に管理するためのソフトウェアである「やさしく名刺ファイリングPRO」。日本語を含む4言語に対応しているため、海外の取引先の名刺などであってもデータ化できます。読み取られた名刺データは、Excel形式やCSV形式で出力が可能です。

名刺管理クラウドサービス「名刺ファイリングCLOUD」と連携させられるため、社内全体での名刺の管理や共有にも役立てられます。クラウド連携機能を使用する場合、社内のパソコンはもちろんのこと、出先からスマートフォンやタブレット端末を利用してクラウド上の名刺データベースを参照にできるのもメリットです。クラウドデータベースには、保護、閲覧制限、アクセスログ機能などセキュリティ対策のための各種機能もしっかりと搭載されています。

有料オプションで手間をかけない

有料のオプションメニューもありますが、その中の1つに認識できなかったデータを国内にいるオペレーターに転送できるサービスがあります。オペレーターにデータを確認・訂正してもらえるので、チェックする手間を省けるのがメリットです。

登録できる名刺のデータ上限を増やせるオプションもあり、使用状況に合ったサービスを利用できます。

DocuWorks

DocuWorksは業務で頻繁に使用される書類をデジタル・データ化することで、「電子のデスク」をつくり上げることをコンセプトに開発されたドキュメント管理・仕分けのためのソフトウェアです。書類中の文章は文章として、文章内の図案や画像は画像ファイルとしてスキャンするため、元のレイアウトを崩すことなく紙書類を電子化できます。

PC内に保存された文書データは「束ねる」「ばらす」などファイル単位での編集が可能であり、まさに「電子のデスク」を叶える操作性が実現されているのがメリットです。

DocuWorksを利用してデジタル・データ化された文書は、社内の他のDocuWorksユーザーと共有したり、あるいは他のデバイスに送信したりなど様々な場面で活用できます。富士ゼロックス製の複合機でFAX文章を受診した場合には、FAX文章をデジタルデータ化してデスク上のPCのDocuWorksへ自動転送することも可能です。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP