同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック » ストレスチェックの義務化

ストレスチェックの義務化

こちらのページでは、ストレスチェック制度の義務化に関する概要をはじめ、制度設計の背景や事業者に求められる行動などについてまとめています。

ストレスチェックとは

まずストレスチェックとはどのような制度なのか、概要と特徴を解説します。

ストレスチェック制度は労働者のメンタルヘルス確認

厚生労働省で定めた労働者のメンタルヘルスの一次予防や二次予防へつなげるための検査のことを、ストレスチェック制度と言います。

一般的な健康診断とは異なり、検査項目が記載された書類に現在の状況やストレス具合などを詳細に記載するのが特徴です。医師や保健師が各労働者から提出された検査書類をチェックし、メンタルヘルスの不調やストレスの状態などを判断していきます。

なお、ストレスチェックの義務化に該当する企業は従業員50名以上の事業規模と定められていて、50名未満の企業については努力義務です。

ストレスチェックの実施者は医師や保健師など

ストレスチェックに従事するためには、条件に合致する実施者がストレスチェックの準備および検査の実施を行わなければいけません。

具体的には法律で定められた医師や保健師、看護師、歯科医師、公認心理士といった特定の資格取得者に限られています。そのため、自社に産業医を排していない場合は、外部機関への委託が必要です。

ストレスチェックの主な流れ

まずは事業者がストレスチェック前に、従業員へ実施時期や内容を説明します。実施日には実施者として認められている医師や保健師などがストレスチェックを行い、各情報から高ストレスや低ストレス状態など分析していくという流れです。

高ストレス状態やメンタルヘルスに不調がある従業員については、従業員の希望により医師との面談や診察を行ってもらうなど対策を講じます。

ストレスチェックの義務化

続いては、ストレスチェックの義務化に関する概要と、義務化へ至った背景などについて解説していきます。

2014年に法律改正したことでストレスチェックが義務化となる

ストレスチェック制度は、2014年6月に公布され2015年に義務付けられた法律です。内容は50名以上の企業でのストレスチェック義務化、そして医師による面接指導や就業上の措置(労働時間の短縮や業務内容の見直し)を施し、従業員のメンタルヘルス不調をチェックしたり改善したりすることが必要となりました。

日本は精神障害の労災認定が増加している

ストレスチェックが義務化された背景には、日本が抱える労災に関する問題も関係しています。その問題は、精神障害の労災認定件数の増加傾向と、3年連続過去最高を更新している点です。

精神障害の労災認定が増えているということは、少なからず職場環境や業務内容、組織内に問題を抱えているといえます。健康問題や自殺にもつながる重大な問題です。業務効率の低下や退職や休職などによる人材不足のリスクもあり、早急に労働者の健康チェックや改善が必要となっています。

そこで厚生労働省は、労働者のメンタルケアを目的としたストレスチェック制度を法律で定めました。

ストレスチェックはメンタルヘルスケア不調の一次予防(医師による助言や診断)や職場環境の見直しによる二次予防だけでなく、職場復帰などの三次予防を含めた労働者のメンタルケアに関する環境整備を求めています。事業者は、ストレスチェックの準備だけでなく、二次予防に該当する職場環境や労働時間、各部署の組織改革などにも着手しなければなりません。

まとめ

ストレスチェックの義務化は、社会問題とも捉えられる精神障害の労災認定件数増加が関係しています。

より良い職場環境を作るためにも、ストレスチェックの構築や導入に時間がかかっている事業者はストレスチェックツールを検討してみてはいかがでしょうか。

チェックツールを提供しているサービスでは、マークシートや読み取り機器を用いて集計作業を効率的に進めてくれます。さらに料金は、1,000人あたり10万円未満のケースもあり、負担を抑えながら利用できるのがメリットです。

まずはチェックツールのコストやプラン内容を確認し、自社の予算や従業員数に合ったサービスから比較検討してみてください。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
OCRとOMRの違いって?OMRメーカーまとめ
PAGE TOP