マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » ストレスチェック

ストレスチェック

こちらのページでは、近年義務化されたストレスチェックの実施に、マークシートを取り入れるメリットについてまとめています。

ストレスチェックにマークシートを利用するメリットとは?

ストレスチェックとは、厚生労働省によって2015年12月から義務化された制度です。

うつ病などメンタルヘルスの防止に役立てるために義務化されました。

労働者が50人以上在籍している事業所では、すべての労働者に対して、ストレスに関する質問票を配布・回答させる必要があります。

さらに、結果を集計・分析し、従業員のストレスがどのような状態にあるかをチェックしなければなりません。

スキャナと既存のパソコンを組み合わせるだけで導入できる

ストレスチェックを実践するには、設問を最低でも20問程度は実施することが推奨されています。しかし、質問作成まで自社で行うと、大変な時間と労力がかかってしまいます。

マークシートのシステムは専用の用紙と読み取り機器を既存のパソコンを組み合わせるだけで、短時間での集計、データ化が可能です。質問を設置する手間も省けますし、ストレスチェックに対する負担は大きく軽減します。

費用を安く抑えることができる

ストレスチェックは、年に1回、必ず実施する必要があるため、ストレスチェック委託業者への依頼も増えています。

質問票の内容作成・配布・回収・集計は、すべて事業者が行い、所轄の労働基準監督署に報告することになっています。問題は、厚生労働省がシステムを提供してくれるわけではないということ。内容作成~報告までを外部委託すると、どうしても費用がかさんでしまいます。

費用が掛かるからといって、手書きの書類でひとつずつ集計すると、総務の負担は大きくなり、本来の業務に影響が出るかもしれません。ストレスチェックのせいで、担当者のストレスが増える事態は避けたいものです。

費用を安く抑えることができ、簡単に集計できるマークシートの導入を検討する価値は、十分にあるといえます。

ストレスチェックをどう活かす?マークシートで集団分析も簡単に!

ストレスチェックを活かすには、事業者が実施者の声に耳を傾けて、職場環境を改善していく必要があります。ストレスチェックは、事業者ではなく、「医師」「保健師」「厚生労働省の定める研修を受けた看護師・精神保健福祉士」のいずれかにより実施されます。

アンケート内容を直接分析できるのは、基本的に実施者のみになりますが、従業員の同意があれば、事業者や他の従業員にも内容を開示することができます。

高ストレスの従業員がいたらどうする?

ストレスチェックの結果、高ストレス状態に置かれている従業員がいることが判明した場合、基本的には従業員を医師に診てもらいます。医師との面接は、従業員から申し出があった場合に限りますので、無理に面接してもらうことはできませんが、従業員の心身に深刻な不調が起こると業務に差し支えますし、他の従業員にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、なるべく医師に診てもらう方がよいでしょう。

ストレスチェックは1年に1度実施するので、高ストレス者の早期発見に繋がります。ストレスの原因が職場環境にある場合、事業者は医師と相談し、必要な対策を講じます。ストレスチェックの実施者と面接指導する医師は、別人でも構いません。

個人分析を集団分析に応用するには?

ストレスチェックの結果は、実務者と実務事業従事者以外は閲覧できませんが、本人が同意すれば開示することができます。分析結果を職場環境の改善に繋げるためには、個人が特定されない範囲内で開示し、職場で結果を共有してもよいでしょう。

そのためには、事前にストレスチェックの利用目的と開示範囲を決め、従業員に周知しておく必要があります。従業員のストレス原因は職場によって異なります。たとえば、従業員の教育不足、人員不足、従業員の孤立化、コミュニケーション不足、労働に対して給与が低い、1日の就労時間が長い等ですが、集団分析を行うことで具体的な問題点が見えてきます。

ストレスチェックというと難しく思われるかもしれませんが、ストレスチェックの実施・分析・面談は、すべて実施者である医師や保健師が行いますので、事業者は結果を見て、改善点を考えるだけでOKです。

ストレスチェックの準備をするには?

ただし、ストレスチェックの準備は各社がそれぞれ行わなくてはなりません。一般的には社内でストレスチェックの担当者を決め、その担当者がストレスチェック実施者を選ぶことになりますが、実施者は前述した通り、医師、保健師、厚生労働省の定める研修を受けた看護師・精神保健福祉士のいずれかから選ばなくてはなりません。

会社に産業医がいる場合には、内部情報に詳しい産業医の方が適任ですが、外部に委託することもできます。

信頼できる実施事務従事者を選ぶ

実施者とは別に、アンケート回収や結果通知を行う担当者(実施事務従事者)を選任しなくてはなりません。実施事務従事者は、個人情報を取り扱いますので、守秘義務を守れる信頼できる人物を選ぶ必要があります。人事権を持つ方は、実施事務従事者になることはできません。

以上のように、事業者はストレスチェックを行う前に、実施者、実施事務従事者、面接担当の医師を決めておく必要があります。また、ストレスチェックを行う日付・場所を決めて、質問票を用意する必要があります。

ストレスチェックの質問票にはマークシートが便利!

ストレスチェックの質問票は各社で用意します。質問票の規定は特にありませんが、大企業であればスキャナで読み取れるマークシートが便利です。「スキャネットシート」では厚生労働省推奨のストレスチェック調査項目を記載したマークシートが商品化されており、配布するだけですぐにストレスチェックを行えます。

ストレスチェックを実施しなくても罰則はありませんが、事業者は労働基準監督署に「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書」を提出しないと、50万円以下の罰金が科せられるので注意が必要です。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP