同条件で比較!
コストダウン&効率化に最適な
マークシート会社BEST5
マークシート導入で業務効率化のススメ » 目的別!マークシート導入事例 » 

マークシートを導入する塾が増えている

マークシート

塾や学校では、マークシートを導入するところが増えています。

塾の場合は、定期的に行われるテストの回答をマークシート方式にしたり、塾の品質向上を目的に行うアンケート用紙をマークシートにすることで、効率よく集計が行えるようになるなど、その導入事例はさまざまです。

今後もマークシートを導入する塾は増えていくものと思われます。

他の塾にはない授業・試験内容で差別化を図った事例

導入の背景

英語能力テストであるTOEICの対策校として運営されている塾では、生徒の英語能力や理解度を定期的にチェックする必要があります。「日本語を介さずに英語だけで英語を理解する」というモットーを持つこちらの塾では、多くの受講生に対して平等かつスピーディーに授業内容を把握しているかどうかのチェックを行うため、一度に多くのテスト採点が行えるマークシートを導入しました。

他の塾との差別化を図るために、オリジナルデザインの解答用紙を作成できるというのも、マークシートソフトを導入するに至ったきっかけの一つです。「この塾ならでは」の授業やテストを行う上で、自由に問題用紙や解答用紙をカスタマイズし、迅速に結果を集計できるマークシートは最適でした。

また、TOEIC自体がマークシートによる試験のため、本番の環境に慣れる練習としても心強い味方です。手軽にマークシート形式の問題を作成できることで、模擬試験を体験させられます。

導入の効果

きめ細やかな学習サポートに繋がった

受講生の全員にテストや試験を実施することは、採点や集計・分析にかかる手間や時間が膨大になるため、頻繁には行えませんでした。ですが、マークシートを導入することにより、テストの実施に対するハードルがかなり下がりました。人の手を煩わせず簡単に採点を終えてしまえるため、授業や模試の難易度を確認しながら、小まめにテストを実施するという目的が叶っています。

授業が進行するたびに受講生一人ひとりの理解度や能力をチェックすることで、受講生のそれぞれにぴったりの学習方法を見つけ出したり、苦手分野や得意分野を見つけ出したりといった、きめ細やかなフィードバックを返せるようになりました。分からないところをそのままにせず、一つひとつ立ち止まって解決できるのが、試験対策の大きな一助です。

授業の質が上がり新規受講生獲得にも繋がった

マークシートを導入することにより、塾全体で着実に英語能力が身につく授業を行えるようになっていきました。授業の質が向上するにつれて、受講生の間でも塾への評価が上がり、結果として塾に足を運ぶ新規受講生を獲得することにまで繋がりました。

授業による学習能力のアップはもちろんのこと、きめ細やかな学習サポートが実現できるようになったのが大きな勝因の一つ。受講生一人ひとりに適した細やかなフィードバックやサポートがあったからこそ、体験入塾や新規入塾を視野に入れてくださる新規受講生も増えたのです。

また、他校との差別化を図り、それが成功したことも新規受講生の獲得の一因といえます。

独自の解答用紙で他校との差別化

現在使用しているマークシートソフトでは、問題用紙や解答用紙を自由にカスタマイズできる点に助けられています。塾のロゴが入ったオリジナルデザインの解答用紙を作成できたことにより、「この塾にしかない」というブランドイメージを確立することに成功しました。

他校とは一味違う授業・テストを実施していることが周知されることで、新規受講生の獲得や、すでに通っている受講生との長期的な付き合いが生まれ、塾としての品質がワンランクアップしました。

受講生の得点アップ

塾として最も喜ばしいのは、受講生たちの得点がアップしたことです。英語でのみ学習するスタイルは、日本語を使わないため受講生の理解度や授業への悩みといった部分に細かく触れることが簡単ではありませんでした。

しかしマークシートを導入して以降は、授業が進行するたびに定期的なテストを行えたため、受講生たちに的確な学習サポートを施すことができ、それが結果として受講生たちの得点アップへと繋がりました。

塾へ来る受講生たちの目標を達成することができた他、受講生たちの学習に対するポジティブな気持ちをサポートしたり、塾での学習を通して未来への目標を立てたりといった結果に繋がったのも、マークシートで得られた効果の一つです。

知識や技術に関係なく誰もが簡単に扱える

マークシートによる採点ということで、機械やパソコンに詳しくない講師には「難しそう」という先入観もあったようです。しかし実際にマークシートソフトを導入してみると、シンプルで分かりやすい使用感により、どの講師にも手軽に扱えるようになりました。そのためどの授業でも平等にマークシートを活用して、手軽に授業の進行状況を把握することができています。

また、マークシートソフトを使用するにあたり、「トラブルが少ない」というのも大きな決め手になりました。トラブルが少なくてシステムが簡潔なソフトを使用すれば、講師は採点にかかる手間が省けるため、授業の内容や受講生へのサポートに全力で取り組めます。トラブル対応に割く時間も必要ありません。

分かりやすく使いやすいソフト選びに成功したことも手伝って、マークシートにおけるメリットを前面に受けることが叶いました。

塾でマークシートを導入するメリットとデメリット

ここでは、これから塾にマークシートの導入を検討している方に向けて、マークシート導入のメリットとデメリットについてご紹介します。

マークシート導入におけるメリット

生徒にマークシート式のテストに慣れさせることができる

近年では、マークシートを使用した回答形式のテストがとても増えています。

検定試験などでもマークシートを導入している団体が多いので、塾にマークシートを導入することで、マークシート形式の試験に慣れることができるというメリットがあります。

マークシートは同じ形の欄に回答を記入していくので、問題と回答欄がずれてしまうケースがとても多いです。

1問ずれてしまうと、その後の問題と回答はずっとずれてしまうので、マークシートでの回答に慣れておくことはとても重要です。

採点や集計まで外部に委託し、業務効率化が図れる

マークシート形式で行われたテストやアンケートの回答は、自社で採点、集計を行うことも可能ですが、マークシートシステムを提供している会社にこれらの業務を外注することも可能です。

塾生が非常に多く、採点やアンケートの集計にかなりの時間を取られてしまっている場合は、 外注することで業務の効率が良くなり、その分の時間をほかの業務に充てられます。

実際に大学などでは、テストの採点を外注している機関もあり、かなりの工数を削減できているようです。

マークシート導入におけるデメリット

導入費用がかかる

当然ながら、マークシートシステムの導入には費用がかかります。

費用対効果を考えて、十分コストパフォーマンスがよいと思う塾が多いですが、やはりある程度まとまった経費がかかるということは否めません。

コスト削減を重視したい塾にとっては、痛い出費となりそうです。

マークシートシステムの価格には幅があり、システムの中では比較的安価で導入できるものもあるようですが、安価なものになると読み取りの誤読が多くなる可能性もあるので、慎重な検討が必要です。

自社で運用する場合、操作を覚えなければならない

マークシートシステムを導入後、テストの採点やアンケートの集計などの業務を自社で行う場合は、そのシステムをスタッフが覚えなければならないというリスクが生じます。

塾で働いている人の中には、中高齢者もいると思われ、これまで手作業で業務を行っていた人たちは、新しいシステムに戸惑う人もいるでしょう。

特に勤怠管理やアンケート集計といった事務よりの作業においては、機械系の作業が覚えられないという人は多いと思います。

こうしたスタッフのために、簡単に利用できるシステムを導入することも可能ですが、この場合さらにシステム構築費用がかかり、コストが重なるといったデメリットも生じます。

マークシートが安くて導入しやすい会社ベスト3
スキャネット 最安15,000円 公式HPへ
AltPaper 約80,000円 公式HPへ
教育ソフトウェア 約100,000円 公式HPへ

費用で比較!

コストダウン効率化に最適な
マークシート会社ベスト3

1スキャネット

スキャネット_キャプチャ画像

スキャナさえあれば専用用紙購入だけでOK

費用
最安15,000円

2AltPaper

AltPaper_キャプチャ画像

選択肢・設問数により料金が決定

費用
約80,000円

1教育ソフトウェア

教育ソフトウェア_キャプチャ画像

専用用紙をOMRで読み取るアウトソーシングサービス

費用
約100,000円
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!マークシート導入事例
初心者のためのマークシートサービス一覧
はじめてのマークシート導入Q&A
マークシートの作成も読取もソフトも!一番安いのはどの会社?
値段が安くて汎用性が高いマークシート読み取り機械
PAGE TOP