マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » 塾でマークシートを導入するメリットとデメリットについて解説

塾でマークシートを導入するメリットとデメリットについて解説

マークシートを導入する塾が増えている

マークシート

塾や学校では、マークシートを導入するところが増えています。

塾の場合は、定期的に行われるテストの回答をマークシート方式にしたり、塾の品質向上を目的に行うアンケート用紙をマークシートにすることで、効率よく集計が行えるようになるなど、その導入事例はさまざまです。

今後もマークシートを導入する塾は増えていくものと思われます。

塾でマークシートを導入するメリットとデメリット

ここでは、これから塾にマークシートの導入を検討している方に向けて、マークシート導入のメリットとデメリットについてご紹介します。

マークシート導入におけるメリット

生徒にマークシート式のテストに慣れさせることができる

近年では、マークシートを使用した回答形式のテストがとても増えています。

検定試験などでもマークシートを導入している団体が多いので、塾にマークシートを導入することで、マークシート形式の試験に慣れることができるというメリットがあります。

マークシートは同じ形の欄に回答を記入していくので、問題と回答欄がずれてしまうケースがとても多いです。

1問ずれてしまうと、その後の問題と回答はずっとずれてしまうので、マークシートでの回答に慣れておくことはとても重要です。

採点や集計まで外部に委託し、業務効率化が図れる

マークシート形式で行われたテストやアンケートの回答は、自社で採点、集計を行うことも可能ですが、マークシートシステムを提供している会社にこれらの業務を外注することも可能です。

塾生が非常に多く、採点やアンケートの集計にかなりの時間を取られてしまっている場合は、 外注することで業務の効率が良くなり、その分の時間をほかの業務に充てられます。

実際に大学などでは、テストの採点を外注している機関もあり、かなりの工数を削減できているようです。

マークシート導入におけるデメリット

導入費用がかかる

当然ながら、マークシートシステムの導入には費用がかかります。

費用対効果を考えて、十分コストパフォーマンスがよいと思う塾が多いですが、やはりある程度まとまった経費がかかるということは否めません。

コスト削減を重視したい塾にとっては、痛い出費となりそうです。

マークシートシステムの価格には幅があり、システムの中では比較的安価で導入できるものもあるようですが、安価なものになると読み取りの誤読が多くなる可能性もあるので、慎重な検討が必要です。

自社で運用する場合、操作を覚えなければならない

マークシートシステムを導入後、テストの採点やアンケートの集計などの業務を自社で行う場合は、そのシステムをスタッフが覚えなければならないというリスクが生じます。

塾で働いている人の中には、中高齢者もいると思われ、これまで手作業で業務を行っていた人たちは、新しいシステムに戸惑う人もいるでしょう。

特に勤怠管理やアンケート集計といった事務よりの作業においては、機械系の作業が覚えられないという人は多いと思います。

こうしたスタッフのために、簡単に利用できるシステムを導入することも可能ですが、この場合さらにシステム構築費用がかかり、コストが重なるといったデメリットも生じます。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP