マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » 教育現場へのマークシート導入が労働環境改善につながる理由

教育現場へのマークシート導入が労働環境改善につながる理由

文部科学省による教員勤務実態調査によると、我が国日本の教員の1週間当たりの勤務時間は参加国中最長という結果だったといいます。

勤務時間の長さに比例するように残業時間も長く、教員の労働環境について昨今問題になっています。

教育現場の労働環境改善に、マークシート方式を導入することが挙げられます。

ここでは、その理由についてご説明させていただきます。

参考:『学校や教職員の現状について』文部科学省初等中等教育局

マークシートなら採点にかかる時間やコストが削減できる

従来、生徒の学力を計る試験(テストなど)では人数分の問題用紙を配布し、生徒がそれぞれ回答を記載するといった形式がほとんどでした。

しかし、この方法では試験のたびに教員に大きな負担がかかります。回答内容を正解と比べながら一枚一枚手作業で「○」「×」などと採点しなければなりません。一教科だけでも、採点に数日間かかるという場合もあるでしょう。また、回答によっては採点基準にブレが生じ、公平さに欠けるのも問題点といえます。

そこでマークシート方式の導入をしてみるとどうでしょうか。手作業で行っていたテストの採点がすべて自動で終了してしまいます。

読み取りで採点を行った場合、採点にかかる時間は各教科50分前後だといいます。しかも、自動的に採点されることで採点の正確性が確保できるほか、採点ミスはほぼないと言っても良いです。

現在、教員は生徒指導や学校行事、授業準備などの業務が増加し、「成績処理の業務を残業として行わざるを得ない」というのが現状です。

そんな中、採点にかかる時間やコストを大きく削減できることは、教員の負担を大きく減らすことができます。教員の負担が減りストレスレスになることで、他業務にかかる時間をより有効利用できることでしょう。

マークシートなら試験結果の活用も容易

試験結果を活用したい時、記述式のテスト用紙の場合だと、教員が手作業でエクセルファイルなどに打ち込まなければなりません。

しかし、マークシートを導入すると、試験結果を自動的に電子データ化することが可能となります。電子データ化された試験結果があれば、総合成績や平均点などのデータも比較的容易に出すことができます。

それだけでなく、正解率の高い問題や低い問題などを把握することもできるため、試験結果の授業への活用もしやすくなります。これにより、教員の負担になりやすい授業準備にかかる時間も減ることが期待されます。

効率的に生徒全体の成績をアップさせることにもつながるでしょう。

記号選択式回答と記述式回答、どちらもあるマークシートがおすすめ

現在、司法試験や弁護士試験などの資格試験では積極的にマークシートが導入されています。今後は教育現場でもどんどんマークシート式が採用されていくのではないでしょうか。

マークシートを導入したからといって必ずしも機械的になるとは言い切れません。マークシートの中にはいわゆる「塗りつぶし」の記号選択式回答だけでなく、記述回答欄が設けられたものもあります。

記述回答欄を設けることで、生徒の思考力や読解力、理解力も把握できるのではないでしょうか。

記号選択式回答と記述式回答を組み合わせたマークシートであれば、成績処理の業務負担を減らしながらも生徒個々の状況を把握でき、授業への活用もしやすく、教員の労働環境を大きく改善できることが期待できるためおすすめです。

教育現場へのマークシート導入事例を紹介!

それではここからは、実際に教育現場へマークシートを導入した事例をいくつかご紹介していきます。

スキャネットでのマークシート導入事例

「スキャネット」は、多くの教育機関にマークシートを導入している会社です。

実際に導入した教育機関の事例を挙げ、その経緯や導入後の感想などをご紹介します。

某高等学校「集計や資料の作成がとても便利になった」

某高等学校ではアンケート集計にマークシート導入を検討していた時に、スキャネットの営業をしている方と知り合ったそうです。

人柄が良く、システムへの期待度も高かったため導入に踏み切ったとのこと。

導入後は、以下のような感想をいただいたそうです。

「「QA-Navi2」というアンケート用のソフトウェアを導入、集計はもちろん表やグラフを用いた分析資料の作成も簡単にできるので、とても便利に活用しています。

また作成した資料はExcel以外にもPowerPoint形式で出力できる機能を付けてもらうなど、柔軟性が高い点も好印象でしたた。」

某大学「外部業者と比べて大幅な経費削減になった」

某大学では、これまで授業の出席管理は手書きの出席カードを使用して行っていたそうです。

学校内で処理するにはかなりの手間がかかるため、外部の業者に依頼していたとのこと。そこでスキャットで提供している出席カードを導入したところ、大幅なコストダウンにつながったそうです。

導入後は、以下のような感想をいただいているとのこと。

「外部業者に委託していたころと比較すると、3年で初期費用が相殺できるほどの経費削減ができているのて、とてもありがたい。

導入後は、出席カードの集計時間が外部の業者に委託していた頃よりもかなり短縮されたので、効率よくデータ管理ができています。

さらに学内ですべての作業を行うことができるので、作業がシンプルになった点も大きなメリットだと感じています。」

某大学通信教育部「レ点にも対応している点が魅力」

某大学通信教育部では6,500名以上の通信生が在籍しており、データ関連の管理が非常に大変だったためマークシートの導入に踏み切ったとのこと。

導入後は以下のような感想をいただいているとのことです。

「スキャットで導入したマークシートは、「授業評価アンケート」の集計に活用しています。

いくつかの業者に話を聞きましたが、ほかの業者は全て「塗りつぶし」のみに対応しているのに対し、スキャットは「レ点」にも対応していたことが、導入の決め手になりました。

導入後はアンケート用紙の管理から集計、出力まで、すべてスキャネットにアウトソーシングで依頼しています。

かなりの工数軽減につながり、また対応もきめ細やかなので業務がとてもスムーズに回るようになりました。」

教育ソフトウェアのマークシート導入事例

マークシート会社「教育ソフトウェア」では、医療機関や教育施設にマークシートの導入を行っています。

ここからは、「教育ソフトウェア」でマークシートを導入した教育機関の事例を見ていきましょう。

某大学「集計の時間を別の業務にあてられて助かる」

某大学ではアンケート用紙の作成や読み取りにかかる工数がオーバーして悩んでいたところ、教育ソフトウェアのマークシートシステムに出会い、見積もりを依頼したそうです。

導入後はこのような感想をいただいたとのことです。

「これまではアンケート用紙のデータ化をすべて手作業で行っていました。導入後は分析や出力なども教育ソフトウェアに任せるようにしたことで、アンケート集計にかかっていた2週間ほどの時間を別の業務に有意義に使えるようになり、助かっています。」

某専門学校「採点の効率が上がった」

某専門学校では学科が増えたことで試験の回数も増え、マークシートの導入を検討していた時に教育ソフトウェアのシステムに出会い、導入しました。

導入後の感想は以下になります。

「国試に対応したマークシートを導入したいという希望、また新しくて難しいシステムの導入を避けたかったことから、「国まる」を導入して原稿のシステムと同じ処理ができるように対処してもらいました。

採点の効率が非常に上がり、パソコンが苦手な職員でも使いこなせているので、導入して良かったと思っています。」

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP