マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » 検定試験

検定試験

こちらのページでは、検定試験にマークシートを導入するメリットや、具体的な活用方法について紹介しています。

検定試験をマークシートで実践するメリットとは?

検定試験において、マークシートはすっかりおなじみです。自動車やオートバイなどの運転免許の学科試験が、マークシート方式になって久しいですね。マークシートは、財団法人や社団法人といった、各種の検定試験を実施する団体からも注目を集めています。

理由のひとつとして、マークシート化によって結果の集計時間を大幅に短縮できるからという点が挙げられます。もうひとつの理由は、採点業務にかかるコストの削減が図れるからです。

集計結果のデータ化による時短

マークシートのシステムを導入することで、採点作業にかかる時間を大幅に短縮できます。また、結果のデータ化、作業効率化ができるという大きなメリットもあります。

コスト削減が受験者増加に繋がる

作業時間を短縮することは、採点業務にかかるコストの削減に繋がります。検定試験を実施するにあたっては、会場費用や人件費など一定の固定費用が必要で、削減するのはなかなか難しいもの。採点業務にかかるコスト削減ができれば、その分を広報費用に回すことができ、受験者増加、受験料増加といった好循環が生まれます。

採点システムにマークシートを取り入れるには

小規模の検定試験であれば、低価格のスキャナやお手持ちのデジタル複合機とパソコンを組み合わせ、無料ソフトウェアを活用すれば、簡単に採点システムを装備することができます。

中規模の試験では、毎分60枚や毎分130枚といった高速スキャナと専用ソフトウェアを組み合わせる方法がおすすめ。試験内容や専門性に合わせたカスタマイズなども自在に行えます。

公官庁などで実施する大規模な検定試験の場合は、マークシート業者にアウトソーシングするという方法をとっているようです。

採点システムにマークシートを導入使用する動きは、2010年頃から見られるようになりました。マークシート導入を早く行った団体は、実際に受験者の減少に歯止めをかけることができているとのこと。

検定試験にマークシートを導入した事例を紹介

スキャネットのマークシートでコスト削減に成功

Aさんの所属する商工会議所では、その地域独特の検定試験を行っています。地域の活性化や他県の人たちに興味を持ってもらうためには、特色を出していく必要があるからです。

ただネックとなるのが導入費の問題です。地方の財源では使える費用が限られており、大々的な予算を組むことができません。

そこで大手のスキャネットに相談したところ、機械の導入なく行えることが分かりました。すでに用意してある汎用シートを使用することができたので、さらにコストの削減が可能となります。

スキャネットでは特別な機械を導入する必要がないので、予算を大幅に減らすことができます。

元々持っているスキャナでの集計が可能なので、導入に時間がかかることもありません。もしスキャナを持っていない場合でも、スキャネットの公式サイトから購入することができます。

購入にあたりポイントがつくので、大量に注文するほどお得です。とにかく導入にかかる費用を抑えたい場合やマークシートを発注するのが初めて方は、スキャネットを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

教育ソフトウェアの利用で集計作業がラクになった

Bさんの会社では独自の社内検定試験を行っています。社員の能力向上のために行われる試験なので、毎年行われ集計作業が負担になっていました。

そこで教育関連のマークシートに特化しているという、教育ソフトウェアに問い合わせたのです。すぐに使える試験用のマークシートがたくさん販売されており、注文後数週間で届けられました。

また、まとめての発注でしたので、送料無料で済んだのはよかったです。たくさんの送料がかかるかと内心ひやひやしていたからです。

Bさんの会社では以前に比べて集計が楽になり間違いも少なくなったので、業務に支障を来たすことがなくなりました。

教育ソフトウェアでは試験用のマークシートが多く販売されています。試験用のマークシートを汎用シートで済ませたい、学校や企業にはおすすめですね。また、特注にも対応しているので、形式の変更など細かな相談にも乗ってくれます。

読み取りエラーに悩んでいるならAltPaper(アルトペーパー)がおすすめ

Cさんが教授を務める大学では検定試験対策として、実際に行われるとの変わらないやり方で模擬試験を行っています。

いつもはソフトを使い大学側で用意していましたが、検定試験の内容によって形式を変える必要がありそのたびに対応するのは大変です。

また、数枚なら大したことはないですが、数百人単位を用意するとなると作成するのは簡単なことではありません。

そこで1度注文をすればまとめて届けてくれる、AltPaperに問い合わせました。数を確認する必要もないので、雑多な業務を軽減することができます。

何よりも業者に任せることで細かな間違いや乱れなどに注意する必要もなく、きれいな状態のマークシートを使っていくことができるのです。

学生たちの中にはいい加減な塗りつぶしをしたり、読みにくい数字を書く人もいます。そのため読み取り機で読み込みが出来ず、結局は目視で測定することが珍しくありませんでした。

AltPaperでは東大の学生たちが開発した独自の読み取りシステムを採用しており、数字特有の揺らぎや癖などを高精度に感知することができます。

そのため読み取りエラーなどの問題が軽減され、職員の手間が軽減されました。

AltPaperは専用の紙がなくても市販の紙で代用可能です。そのため余計な輸送コストなどがかからず、低価格での利用が可能となります。

読み取りエラーや余計な高くなりがちなコストに悩まされているなら、AltPaperがおすすめといえるでしょう。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP