マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例 » 検定試験

検定試験

こちらのページでは、検定試験にマークシートを導入するメリットや、具体的な活用方法について紹介しています。

検定試験をマークシートで実践するメリットとは?

検定試験において、マークシートはすっかりおなじみです。自動車やオートバイなどの運転免許の学科試験が、マークシート方式になって久しいですね。マークシートは、財団法人や社団法人といった、各種の検定試験を実施する団体からも注目を集めています。

理由のひとつとして、マークシート化によって結果の集計時間を大幅に短縮できるからという点が挙げられます。もうひとつの理由は、採点業務にかかるコストの削減が図れるからです。

集計結果のデータ化による時短

マークシートのシステムを導入することで、採点作業にかかる時間を大幅に短縮できます。また、結果のデータ化、作業効率化ができるという大きなメリットもあります。

コスト削減が受験者増加に繋がる

作業時間を短縮することは、採点業務にかかるコストの削減に繋がります。検定試験を実施するにあたっては、会場費用や人件費など一定の固定費用が必要で、削減するのはなかなか難しいもの。採点業務にかかるコスト削減ができれば、その分を広報費用に回すことができ、受験者増加、受験料増加といった好循環が生まれます。

採点システムにマークシートを取り入れるには

小規模の検定試験であれば、低価格のスキャナやお手持ちのデジタル複合機とパソコンを組み合わせ、無料ソフトウェアを活用すれば、簡単に採点システムを装備することができます。

中規模の試験では、毎分60枚や毎分130枚といった高速スキャナと専用ソフトウェアを組み合わせる方法がおすすめ。試験内容や専門性に合わせたカスタマイズなども自在に行えます。

公官庁などで実施する大規模な検定試験の場合は、マークシート業者にアウトソーシングするという方法をとっているようです。

採点システムにマークシートを導入使用する動きは、2010年頃から見られるようになりました。マークシート導入を早く行った団体は、実際に受験者の減少に歯止めをかけることができているとのこと。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP