マークシート導入で効率化がアップ » 目的別!マークシート導入事例

目的別!マークシート導入事例

このカテゴリーでは、マークシートの活用方法に応じた、主な導入事例をご紹介します。

テスト採点

すっかりお馴染みとなっている、マークシート方式のテスト。近年では、大学の定期テストなども、マークシート方式で行われることも珍しくありません。そのため、学校や予備校、塾などでテスト用に導入されることがほとんど。解答記述方式からマークシートのテストに切り替える学校も、増えているようです。

テスト採点に導入するメリットを詳しく見る>>

アンケート集計

大学での授業評価アンケート、保護者への学校評価アンケート、企業イベントでのアンケートなど、さまざまなところで導入されています。マークシートなら、回答者からの「サービス」や「製品」に関する、使用感・評価・満足または不満な点といった声を、改善や改良に役立てていく作業がより効率的に。

アンケート集計に導入するメリットを詳しく見る>>

検定試験

自動車やオートバイなどの運転免許を取得する際の学科試験などで、以前から導入されています。近年その幅は広がっており、各種の検定試験に活用できると、財団法人や社団法人から注目されているのだとか。コスト削減につながると評判です。

検定試験に導入するメリットを詳しく見る>>

出席管理

大学時代、いわゆる「代返」を使って授業をサボってしまったという方はいませんか?IT化が進んだ現在では、ICカードを用いた出席管理システムが導入されるようになりました。しかし、ICカードは複雑すぎて使いづらいというデメリットもあります。そこで注目されているのが、ほかならぬマークシート方式での出席管理なのです。

出席管理に導入するメリットを詳しく見る>>

ストレスチェック

ストレスチェックとは、厚生労働省が2015年12月から義務化した制度です。ストレスに関する質問票を配布・回答させた上で、集計・分析し、自分がどのような状態にあるかをチェックするもので、正社員50人以上の事業所では、年に1回、必ず実施しなければなりません。マークシートなら実施や集計が簡単にできると、さまざまな企業で導入されています。

ストレスチェックに導入するメリットを詳しく見る>>

マークシート導入で選挙や研究も効率アップ

マークシートで役員選挙の集計が簡単に行える

主に3月~4月にかけ、PTA役員や会社役員などを決める機会があります。候補者が多くなってくると集計に手間がかかり、仕事や生活に支障が出てしまいます。

そういったときに便利なのがマークシートです。マークシートでは選挙者氏名をまとめることができ、投票者に塗りつぶしてもらうだけで簡単に集計を行うことができます。

マークシート会社の中には投票者に対する発送から集計まで、一手に引き受けてくれるところもあるので非常に便利です。

マークシートを導入すれば健康に関する研究にとても役立つ

研究を進めていくためには、あらゆるデータを集計する必要があります。そういったケースでも、マークシートを有効的に使っていくことができます。

例えば食物摂取頻度調査として使用すれば、個人の1日の消費エネルギーや摂取エネルギーを比較することができます。そのため健康に関する研究に大きく貢献することでしょう。

マークシート会社を利用したことで作業効率がアップした事例3選

事例1 スキャネットを小テストに利用して手間を軽減させた

Aさんの務める大学では小テストが頻繁に行われています。特にAさんが担当している教科では400人もの学生が集まることが珍しくないため、問題用紙や解答用紙の準備などで非常に時間を取られていました。

そこで知り合いから紹介されたスキャネットを導入したところ、迅速に解答用紙が用意され、スキャナのおかげで採点や集計を簡単に行うことができるようになりました。

毎回解答用紙を作成していたころから比べれば、はるかに手間が軽減しています。また、修正等で学生に返すことがあるのですが、そのたびに管理が強いられ大変でした。

マークシートの利用により見える化が進み、学生の管理もしやすくなったのです

スキャネットはスキャナでの採点や集計が可能です。そのため、機械導入費を安く済ませることができ汎用シートも豊富なので、低コストで導入ができます。

マークシートを導入したいけれど、何から始めたらいいのか分からない…そんな初心者にはスキャネットがおすすめです。

事例2 アンケートを取ることで顧客満足度が客観的にわかる

Bさんが経営している会社では家庭へ人材を派遣し、家事代行を行う仕事を行っています。

個人の家庭とのやり取りになるため、顧客の満足度がとても重要なポイントとなります。そこでAltPape(アルトペーパー)のシステムを利用して顧客アンケートを取ることに決めました。

結果、細かな分析ができ直接は言ってくれない要望を客観的に知ることができ、集計も早く済ませることができました。

AltPaperのシステムは東大生が開発した技術です。読み取り能力に優れ揺らぎや独自の筆跡などにも対応しています。

事例3 教育ソフトウェアのマークシートシステムで社内試験を実施

Bさんの経営している法人では社員のレベルアップのため、社内試験を定期的に行っています。しかし、支社を合わせて1000人以上いる社員を全員管理し、採点・集計していくのは大変骨が折れます。

今までは各社でグループを作り管理を任せていましたが、情勢の変化に伴い改善してほしいと要望がありました。

そこで思い立ったのがマークシートの導入です。教育ソフトウェアの名前は前から知っていたので、そちらに頼むことにしました。

導入したところ、マークシートで管理することによって、採点や数値化、集計が簡単に行えるようになりました。

ただマークシートだと簡単に得点が取れてしまう可能性があることが分かったので、オーダーメイドで独自の記述欄があるタイプも作ってもらおうと思っています。

教育ソフトウェアには試験用のマークシートが、豊富に用意されています。社内試験や検定試験などに活用していきたい場合は、教育ソフトウェアが使いやすいでしょう。

マークシート導入で効率アップ! 創造的な仕事にシフト

業務の効率化で「創造性のある仕事」に専念できる

マークシートは読み取りや集計を容易に行なうことができるので、各種申込書の処理やアンケート、採点、受注の処理などのような手作業の時間を減らすことができます。

今求められている社員のコアな仕事は、商品開発や販売の展開などを企画立案することであり、作業ではありません。社員一人一人が社長となり、会社を運営していかなければならない時代です。

マークシートの導入は単なる作業となるような仕事をシステム化し、効率アップすることができます。これにより、社員の本来の仕事や、さらに創造的な仕事へと集中させることができるのです。

日報や経費精算などもマークシートで簡単に行えるようになります。本事業とは関係のないこともすべて自動化することで、報告もれや精算ミスなどのよけいな業務を発生させずに済むので、手間が省かれ、社員が一番大事な仕事に力を注げるようになるでしょう。

求められる社員の質を上げるためにもシステム化は必須

近年の少子高齢化により、働き手は少なくなってきています。効率のいい仕事をすることが社員に求められている時代です。社員の本当の力を引き出すには、単なる入力など手作業に頼るような会社の業務を減らすことが第一と言えるでしょう。

新規事業の立ち上げ、トラブルへの対応、協力会社との交渉、顧客への営業など……。システム化できない業務こそが社員の本来の仕事であり、その手腕が問われるところです。社員の質を高めることができれば、これらのシステム化できない業務が適切に行われ、会社の業績も上がっていきます。

メーカーの場合、取引先の受注確認業務もすべて自動化できるので、社員は次の新規取引先の開拓に動くことができ、学校の場合はマークシート導入で採点業務の手間をなくすことにより、生徒との触れあいや行事などに力を入れることができるでしょう。

勤怠データをマークシートで自動化できれば、給与計算も容易になりマネージャー職や経理部門がかなり助かることになります。

品質不良などのトラブルが続いている場合、どこかで無理をしている部署があるのかもしれません。自動化して滞りがちな業務もスムーズにし、品質不良といった重大なミスを社員に起こさせないようにしましょう。

残業を少しでも減らすためにもシステム化を!

報告書1枚を作成するのに1日を費やすような社員は、残業も多くなりがちです。働き方が見直されている今、残業をさせるのは世間一般的にも良いとはみなされません。

マークシートを導入してシステム化し、少しでも報告書が作成しやすいようになれば、残業を減らすことができます。

どこからでも、いつでも報告書を提出することができるようになるという利便さも手に入れられます。外での業務を終えた社員が会社に帰らずそのまま帰宅することができるなど、移動時間によるロスもなくすことができます。

残業を減らし、社員の負担も減らして休息を十分に取らせ、なおかつ社員の本来の仕事に集中させるのに、マークシートによるシステム化は欠かせません。

同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
同条件で比較!コストダウン&効率化に最適なマークシート会社BEST5
目的別!
マークシート導入事例
初心者のためのマーク
シートサービス一覧
はじめての
マークシート導入Q&A
料金が安い?格安?
おすすめマークシート
会社はどこか?
PAGE TOP